【無料E-Book】利益率60%超え!○○せどりの全手法→LINE友だち追加でプレゼント(LINEボタンをタップ)

副業のためのせどり&転売ビジネスの稼ぎ方

ライバル総スルーの〇〇ジャンルとは? →詳細はこちら

無在庫転売のメリットとリスクについて【稼ぐためのやり方も話す】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
長谷川ヒロヤ
長谷川ヒロヤ
無在庫転売に興味がある人「無在庫でやれば在庫も抱えなくていいし楽そうだよな。でもデメリットとかもあるのかな。無在庫転売のメリットデメリットとか稼ぎ方をおしえてください。」

そんな方が本記事をご覧いただくことで下記のメリットがあります。

✓本記事を読むと分かること
  • 無在庫転売のメリットとデメリット・リスクが分かる
  • 無在庫転売の稼ぎ方が分かる

本記事では下記の内容について解説していきます。

無在庫転売のメリットとリスクについて【稼ぐためのやり方も話す】

本記事では、無在庫転売のメリットとリスクについて解説しつつ
ざっくりと稼ぎ方についてもお話しようかなと思います。

どんなビジネスにも良い面と悪い面は必ずあるので
両面を踏まえて、何に取り組むかを決めることが大事です。

無在庫転売に興味をお持ちの方は
その辺りを踏まえて、検討していただければと思います。

無在庫転売は違法ではないのか?

無在庫転売そのものは、現状では違法ではありません。

無在庫転売にはネガティブなイメージがつきまといますが、単純に取り締まる法律がないので、違法ではないというのが現状です。

 

無在庫転売のメリット

無在庫転売のメリットは以下の通りです。

✅無在庫転売のメリット
  • 売れてから仕入れるので赤字リスクが極めて低い
  • 仕入れが怖いという障壁がない
  • 在庫を抱えなくていい

要するに「先に売ってから仕入れる」という点につきますよね。

Amazonせどりの初心者にありがちな問題が
赤字になるのが怖いから仕入れができないということで
無在庫ならその恐怖は無い、という感じです。

なので、メリットだけを見ると
めちゃくちゃ魅力的に映るものかと思います。

とは言え、いい面ばかりではないのが実情でして
デメリットが下記になります。

無在庫のリスク(デメリット)

無在庫転売のリスク(デメリット)です。

✅無在庫転売のデメリット
  • アカウント停止のリスクが高い
  • 大量出品がしんどいのでツールがないと稼ぎにくい
  • 物販の本質が身につかない

まず、Amazonアカウントの停止リスクがあります。
主に真贋などの知的財産権絡みのルール違反ですね。

有在庫の場合も停止リスクがないとは言えないのですが
無在庫の場合は、リスクの大きさはガッツリ上がります。

そもそも、無在庫での販売をAmazonは容認していないので
バレたら除外されていく運命ですね。これは避けられません。

無在庫の場合は、基本的に「とにかく出品数を増やす」ことが戦略です。
数を出して、どれかが売れたら仕入れる、という感じですね。

なので、まずツールがないと難しいのが実情です。
ツールは一般販売されていないので
どこかのスクールとかに入って提供してもらうことになるかなと。

するとリサーチをしないので、物販で稼ぐ本質的なスキルはつかないですね。
長期的に稼いでいくためには、これが養えないのは大きなデメリットと考えています。

無在庫転売で稼ぐ方法【仕入れ先はオンライン】

簡単にいうと、アメリカのアマゾンなどのオンラインストアにある商品を
とりあえず出品して売れたら仕入れる、という感じになります。

基本的に、ネットで仕入れることが前提ですね。

店舗にある商品を無在庫で売ろうとすると、
売れたあとの在庫確保が難しいので
店舗仕入れとの相性はあまり良くないかなと思います。

無在庫転売は基本的にツールが必要

大量出品をする前提なら、やはりツールは欠かせません。

ただ、数品を出品するくらいなら手動でもできるので
興味があれば試してみるのもありだと思います。

が、デメリットの部分でも触れたとおり
知的財産権を侵害する恐れや、それに伴うアカウント停止リスクはあるので
むやみやたらと出品すると、痛い目にあうかもですね。
慎重にやるべきですし、怖かったらやらない方がいいかなと。

まとめ:無在庫転売はメリットが大きいぶんリスクも大きい

まとめますと、無在庫転売はメリットが大きいぶんリスクも大きいといえるでしょう。

在庫を抱えなくていい、赤字にならないという点は、物販ビジネスにおいては画期的なビジネスモデルです。しかしながら、各プラットフォームが、その行為自体を禁止しているケースがほとんどです。そのため、アカウント停止などのリスクは伴います。

メリットに魅力を感じるなら、無在庫転売もありかもしれませんが、個人的には、最近は各プラットフォームの取り締まりも厳しさを増しているので、安心安全に稼ぐなら、有在庫から始めるかたちが良いかなと思います。

有在庫のアマゾン転売について、まとめた記事も参考に貼っておきます。

それでは、本記事を振り返りつつまとめます。

✓本記事の振り返りとまとめ
  • 無在庫転売のメリットは「売れてから仕入れる」ということに尽きる
  • 主なデメリットは「アカウント停止リスク」と「本質的なスキルがみにつかない」こと
  • 現状は、有在庫から始めるほうが安心安全

本記事を最後までご覧いただきありがとうございました。

 

【無料E-Book】なぜ多くのせどり初心者は
挫折してしまうのか?

私が開始初月から利益7万円を稼いだ○○せどりの方法をまとめました

・70円仕入れ →2,200円販売

・300円仕入れ →4,500円販売

そんな実例もある初心者でも実践しやすい
高利益率の商品ジャンルを教えます。

この記事を書いている人 - WRITER -
長谷川ヒロヤ
長谷川ヒロヤ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください