【無料E-Book】利益率60%超え!○○せどりの全手法→LINE友だち追加でプレゼント(LINEボタンをタップ)

副業のためのせどり&転売ビジネスの稼ぎ方

ライバル総スルーの〇〇ジャンルとは? →詳細はこちら

Amazonの出品制限・規制を解除する方法【結論:請求書を提出】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
長谷川ヒロヤ
長谷川ヒロヤ
Amazonの出品制限に困っている人「出品したい商品があるけど、メーカーが出品を制限しているので出品できない。解除する方法を教えてください。」

そんな方が本記事をご覧いただくことで下記のメリットがあります。

✓本記事を読むと分かること
  • Amazonの出品制限の解除方法が分かる

本記事では下記の内容について解説していきます。

Amazonの出品制限・規制を解除する方法【結論:請求書を提出】

本記事では、Amazonの出品制限・規制を解除する方法を解説していきます。

結論としては、「商品10点以上の、メーカーまたは卸業者が発行した請求書」を提出することで解除申請ができます。そして、請求書はビックカメラドットコムで発行してもらえます。

ビックカメラは小売店なので、メーカーでもなければ卸業者でもありません。

そのため必ず成功できる保証はできないのですが、この方法で解除できている人が多数いらっしゃるようですので、成功率は割と高いといえるでしょう。

メーカーによる出品制限の解除申請

解除申請時は「商品の購入に対してメーカーまたは卸業者が発行した請求書1通以上」を選択します。

その後、PDFやJPEGなどでデータ化した請求書を添付して申請をすればOKです。

提出する書類の条件としては、下記の通り要求されます。

✓提出する書類の条件
  • 180日以内に発行されたもの
  • 出品者の名前と住所が含まれている
  • メーカーまたは卸業者の名前と住所が含まれている
  • 合計10点以上の購入を表示
  • 価格情報を省略(任意)

また「Amazonが申請時に通知された企業に連絡し、提出書類を検証する場合があること」に同意する必要があります。

ビックカメラドットコムでの請求書発行

ビックカメラドットコムで注文を完了した後に、請求書の発行依頼を行います。

Amazonが提出を求める書類の条件として「合計10点以上の購入を表示」とあるため、商品は10個購入する必要があります。

また、「出品者の名前と住所が含まれている」という条件もありますので、こちらについてもAmazonの出品者情報と一致するように指定しておきましょう。宛名はストア名でも問題ないかと思います。

ビックカメラドットコムでの請求書発行方法については、ビックカメラドットコム内のヘルプページにて説明されていますので、下記もあわせて参考にしてください。

参考:請求書を発行して欲しいのですがどうすればいいですか?【ビックカメラドットコム】

請求書発行を依頼するためのフォームも、上記のヘルプページから飛ぶことができます。

フォームの入力内容に不備がなければ、後日、請求書が郵送にて送られてきます。

なお、解除申請を行う際に添付が必要になりますので、届いた請求書はデータ化しておきましょう。スマホのカメラで撮影して画像化でも問題ないかと思います。

請求書なしで解除できるケースもある

実は、請求書の提出をせずとも、出品制限を解除できるケースもあります。

そのため、請求書を発行する前に、とりあえず許可申請をクリックしてどうなるか試しておくと良いでしょう。

何もしなければ出品できないままですが、ラッキーで解除できれば、それだけで仕入れの幅も広がりますからね。試してみる価値は大いにありです。

まとめ:Amazonの出品制限・規制を解除すれば差別化で有利になる

まとめますと、Amazonの出品制限・規制を解除すれば差別化で有利になります。

出品制限に苦しむ新規セラーは割と多いはず。解除することができれば、ライバルが出品できない商品で売上をたてることもできるので、せどりというビジネスにおいても、かなり優位性を持って取り組んでいけるでしょう。

商品10個を仕入れなければいけないというのも、程よいハードルになると思いますので、優位性を手にされたい方は、積極的に本手法に取り組んでください。

それでは、本記事は以上です。最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

【無料E-Book】なぜ多くのせどり初心者は
挫折してしまうのか?

私が開始初月から利益7万円を稼いだ○○せどりの方法をまとめました

・70円仕入れ →2,200円販売

・300円仕入れ →4,500円販売

そんな実例もある初心者でも実践しやすい
高利益率の商品ジャンルを教えます。

この記事を書いている人 - WRITER -
長谷川ヒロヤ
長谷川ヒロヤ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください