【無料E-Book】なぜ多くの初心者は挫折してしまうのか?→下記ボタンからLINE友だち追加でプレゼント

副業のためのせどりビジネス実践方法

【事実】多くの初心者は挫折します→その理由とは…?

【徹底解説】せどりツール「デルタトレーサー」の機能と使い方

 
この記事を書いている人 - WRITER -
長谷川ヒロヤ
長谷川ヒロヤ
デルタトレーサーについて知りたい人「せどりツールのデルタトレーサーって便利なのかな。使うべきかどうか判断したいので、機能や必要性について教えてください。」

そんな方に向けて記事を書きます。

✓本記事を読むと分かること
  • デルタトレーサーの機能がわかる
  • デルタトレーサーを導入すべきかどうかの判断方法がわかる

この記事を書いている僕はせどり歴5年以上。いまは副業せどりコンサルタントとして、せどりの稼ぎ方を教えることをメインに活動しています。

ちなみに、副業時代に下記のようなアマゾン売上実績があります。

そういった経験にもとづいて、本記事では、せどりツール「デルタトレーサー」について解説していきます。

【徹底解説】せどりツール「デルタトレーサー」の機能と使い方

本記事では、せどりツール「デルタトレーサー」の機能と使い方について解説します。

デルタトレーサーについて

せどりを実践するにあたって、デルタトレーサーが使われる理由は下記のとおりです。

仕入れ時に「仕入れるべきかどうかを判断するための情報」を調べることができるから。

デルタトレーサーを使って得られる商品情報はさまざまですが、総括すると「仕入れるべきかどうかを判断するための情報」を得るためのツールだと思っていただければOKです。

たとえば、デルタトレーサーで商品を検索すると下記のような画面が表示されます。

特に重要な項目が「ランキングの変動グラフ」です。グラフの動きが激しい商品ほどよく売れているという判断ができます。

上記がランキングのグラフです。グラフの線がガクッと落ちている回数だけ、商品が売れているという見方になります。

ただし、デルタトレーサーにおいては、このグラフを自動的に読み解いて数値化してくれる機能がありますので、グラフのチェックに慣れていない初心者の方でも使いやすいように設計されています。※くわしくは後述します。

デルタトレーサーを含め、リサーチツールを使って利益商品を判別する方法については、下記の記事でさらに深堀りし解説していますので、あわせて参考にしていただくと良いでしょう。

つまりデルタトレーサーを使って商品を検索することで、商品を仕入れるかどうか判断していくことになります。

ただ、同様の機能が備わったツールは、Keepaリーファなど、デルタトレーサー以外にも存在するので、デルタトレーサーは必須ではありません。あくまでも、選択肢のひとつとしてお考えいただくのが良いでしょう。

使い勝手は人によって感じ方が異なるので、実際に使ってみて、あなたが使いやすいと思うツールを選んていただくのがベストです。

デルタトレーサーは無料じゃないんですか?→終了/閉鎖しました

かつては、無料で提供されていたデルタトレーサーですが、無料版は2020年をもって終了・閉鎖となっています。現在は有料版となる「NEWTYPE DELTA TRACER」のみ提供されている状況です。

現在は、月額2,200円(税込)にて使うことができます。

結局のところ、デルタトレーサー以外のツールを使うにも、ほぼ同じような月額料金がかかりますので、この費用については、せどりを実践するなら避けては通れないと思ったほうが良いでしょう。

何のリサーチツールも持たずに実践することは「仕入れるべき商品」「売れる商品」の判別ができないので、おすすめできない、、、といいますか、それはもはや不可能と言っていいでしょう。

デルタトレーサーを使ってせどりをするメリットと強み

その中でも、デルタトレーサーを使ってせどりをするメリットと強みについて解説しておきます。

リサーチツールは使いやすいと思うものを選べばいいと前述しましたが、初心者の方には、このデルタトレーサーをおすすめしています。

デルタトレーサーを推奨する大きな理由は下記の3つです。

  1. 国内ツールのため日本語対応していて安心
  2. 売れ行きが数値化されているので、仕入れ判断に迷わない
  3. バーコードリーダー機能つきのアプリがある

それぞれの内容について解説していきます。

国内ツールのため日本語対応していて安心

たとえば、Keepaは日本語対応こそしていますが、海外ツールのため登録方法がやや煩雑だったりします。

デルタトレーサーは国内ツールですので、登録〜使用に関して煩わしさを感じることはないでしょう。

導入時も導入後もスムーズに安心して使えるのはメリットです。

売れ行きが数値化されているので、仕入れ判断に迷わない

多くのリサーチツールにおいては、「売上ランキングのグラフ」から商品の売れ行きを読み解いていく必要がありますが、デルタトレーサーはこの「読み解き」の作業を自動化してくれています。

下記のように「どのくらいの頻度で売れている商品か」がひと目で分かるように数値化してくれているのです。

そのため、初心者の方での「仕入れようとしている商品が、ちゃんと売れるものかどうか」を迷うことなく判断することができます。

バーコードリーダー機能つきのアプリがある

通常、リサーチツールはバーコードリーダーのアプリと連携して、使うのが基本になります。

そうすることで、スマホカメラで商品のバーコードを読み込み→商品データのチェックができるようになるので、リサーチ作業を圧倒的に効率化することができるからです。

このデルタトレーサーの場合は、バーコードリーダー機能がそなわったアプリもリリースされているので、別で契約する必要がありません。てっとり早いし、面倒な設定も不要です。

NEW TYPE DELTA TRACERNEW TYPE DELTA TRACER

posted withアプリーチ

つまり、リサーチツールとバーコードリーダーの両方が月額2,200円(税込)で使えるようになるので、費用の面でもほかのツールより安く済ませることができます。

まとめ:デルタトレーサーはせどり必須ツールの選択肢のひとつです

まとめますと、デルタトレーサーはせどり必須ツールの選択肢のひとつです。

大前提として、せどりをするならリサーチツールは必須です。ただ、選択肢は複数あるので、デルタトレーサーにしないといけないかといえば、そうではないということになります。

デルタトレーサー、Keepa、リーファ。この辺りから気に入ったものを使っていただければOKです。が、初心者の方には下記のメリットをふまえて、このデルタトレーサーをおすすめしておきます。

  1. 国内ツールのため日本語対応していて安心
  2. 売れ行きが数値化されているので、仕入れ判断に迷わない
  3. バーコードリーダー機能の実装が予定されている

最後に、せどりのおすすめツールをまとめた記事がありますので、下記にはっておきます。興味があれば、あわせて参考にどうぞ。

それでは、本記事は以上です。最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

【無料E-Book】なぜ多くのせどり初心者は
挫折してしまうのか?

私が開始初月から利益7万円を稼いだ○○せどりの方法をまとめました

・70円仕入れ →2,200円販売

・300円仕入れ →4,500円販売

そんな実例もある初心者でも実践しやすい
高利益率の商品ジャンルを教えます。

この記事を書いている人 - WRITER -
長谷川ヒロヤ
長谷川ヒロヤ