LINEでブログの更新情報を受け取る

Amazonセラー歴5年HIROYAの電脳せどりブログ

副業に最適な電脳せどりの全手法

バーコードリーダー不要のせどりで月収50万円稼ぐ超実践的仕入れ手法

WRITER
 
バーコードせどり
この記事を書いている人 - WRITER -
HIROYA
副業せどりで月収50万円以上を稼ぎ続ける平凡なサラリーマン。
僕と同じサラリーマンの方や、主婦の方など副業でせどりを実践される方向けに「少ない時間で大きく稼ぐ!」をモットーとして、せどりの稼ぎ方をお伝えしています。

せどり業界には「ビームせどり」という仕入れ手法が存在します。

 

ビームせどりというのは、
バーコードリーダーを使って、商品のバーコードを読み込み
商品のデータを素早く調べて儲かる商品を探す
という手法のことを言うんですね。

 

こういうお話をすると普通は

 

バーコードリーダーで仕入れができるなんて簡単そう!

 

と思われるかもしれませんが、
最近ではブックオフやハードオフの一部店舗を筆頭に
ビームせどりを禁止する店舗が増え続けています。

 

ですので、バーコードリーダーに頼るだけの仕入れ手法では
近い将来、せどりで稼げなくなることは間違いないでしょう。

 

 

それに、そもそもの話をさせていただくとですね。

僕はビームせどりという手法はむしろ非効率的だと思っています。

 

確かに、バーコードリーダーを使うことで次から次へと
スピーディに商品をリサーチできるので
作業の効率化には繋がるような気がしますよね?

 

しかし!

 

このビームせどりという手法は
店内にある商品をすべてチェックすることを前提にした手法です。

 

要するに僕が声を大にして言いたいことは

 

そもそも、全商品をチェックするというやり方自体が非効率じゃない?

 

ということなんです。

 

そもそもが非効率なやり方をしているのに
それを少しでも効率良くしようとしているのは本末転倒。

だったら、最初から効率の良いやり方で
商品をリサーチした方がいいに決まってますよね!

 

それによーく考えてみてください。

 

全商品をリサーチするのは、仮にバーコードリーダーを使ったとしても
気が遠くなりそうな作業じゃないでしょうか。

 

なので、もしあなたがバーコードリーダーの購入を検討されていて
僕の記事にたどり着かれたのであれば
いったんこの記事を読んでから考え直してみてください。

 

バーコードリーダーって結構高いので
買わないで済んだらそれに越したことはないですよね。

 

 

そこで!

 

この記事では、バーコードリーダーを使った仕入れができなくなっても
5年10年と稼ぎ続けるための超効率的な仕入れ手法
をお伝えしていきたいと思います。

 

僕は実際、この手法で5年間稼ぎ続けていますので
それなりに説得力はある内容になっています。

 

 

もちろんバーコードリーダーを使うことはありませんし
だからといって専門的な商品知識も必要はありません。

 

まずは、僕が行っているせどりの仕入れ手法を実践していただき
バーコードリーダーが無くても稼げることを体感してみてください!

 

 

バーコードリーダー不要のインターネット仕入れ

バーコードリーダーを使わずにせどりをするなら
インターネットで仕入れをするという方法が最も手っ取り早い対策になります。

 

もっともっと根本的なお話をさせていただくなら
バーコードやビームせどり云々という以前に
わざわざ店舗に足を運んで仕入れをすることが
非効率なやり方だよなあ、と思うわけです。

 

店舗仕入れでも稼げることは事実ですので、全否定するつもりはありませんが
インターネットを使った仕入れの方が効率が良いことは間違いありません。

 

特に副業で実践するなら、
インターネットでの仕入れは欠かせない手法だと思ってください。

 

何故なら、インターネット仕入れなら24時間仕入れが可能ですし、店舗に足を運ばなくても
パソコンやスマートフォンを使って瞬時に仕入れ先に移動できるからです。

 

限られた時間で仕入れをしなければいけない
副業という立場には打って付けの手法だということです。

 

もしあなたが副業でせどりを実践されているのであれば
店舗せどりは切り捨ててインターネット仕入れを主体にしていくことをおすすめします。

 

インターネットといっても色んなネットショップがあるから迷うんじゃ?

 

と思われるかもしれませんが、実は、インターネットでの仕入れに関しては
たった2つの仕入れ先を使うだけで稼ぐことができます。

 

その仕入れ先というのが「ヤフオク」「メルカリ」です。

 

ひたすらにヤフオクとメルカリで商品を仕入れましょう。
これが、インターネット仕入れで手っ取り早く、
しかも安定して長期的に稼ぐ秘訣になります。

 

実際に僕自身も、ほとんどこの2つの仕入れ先しか使っていませんし
それで5年間稼ぎ続けてきたわけですから、自信を持って断言します。

なんと言っても、ヤフオクとメルカリというのは
市場規模がめちゃくちゃにデカいので仕入れに困ることがないんですね。

 

ヤフオク仕入れとメルカリ仕入れについては、下記の記事でそれぞれ徹底解説していますので
あわせてご覧になっていただき、ヤフオクとメルカリを攻略していきましょう。

 

僕がヤフオク仕入れで5年間稼ぎ続けている転売せどりの超実践的手法

メルカリせどりで毎月50万円の副収入を稼ぐ仕入れの全手法【保存版】

 

僕のせどりノウハウの具体的手法をステップバイステップで学んでいただける無料の通信講座もやっています!

HIROYA

 

 

バーコードリーダーを使わない超具体的な仕入れ手順

じゃあ、バーコードリーダーを使った仕入れやビームせどりをせずに
どうやって仕入れをしたらいいのか?

 

というお話をしていきますね!

 

ヤフオクとメルカリで商品を仕入れるにあたって
どのようにして儲かる商品を探し出せば良いのか?
という疑問にお答えしていきましょう。

 

まずは全体の流れからご説明します。

 

ヤフオク、メルカリ仕入れ手順の流れ
  • Amazonで儲かる商品に目星をつける
  • ヤフオクとメルカリで目星をつけた商品を探す

 

たったこれだけです。

 

この2ステップで儲かる商品は普通に見つけることができます。

 

ポイントはまずAmazonを見るということ。

 

ヤフオクとメルカリで商品を仕入れよう!

 

と言うと、多くの人は「とりあえずヤフオクとメルカリを見て商品を探し始める」
ということをしますが、これは間違ったやり方です。

何の手がかりもないのに、
いきなり、ヤフオクとメルカリを開いてリサーチを始めても
儲かる商品はそう簡単に見つかりません。

 

どんな名探偵だって、一切の情報収集をせずに
推理を展開するなんて出来やしませんよね。

 

それこそ超能力でもない限り。

 

普通は超能力なんてありませんので
せどりで儲かる商品を見つけ出すためには
まずはしっかりしたリサーチ=下調べが必要ということです。

 

それでですね。

 

上述した2ステップを踏んで、儲かる商品をリサーチする手順については
下記の記事で徹底解説していますので、こちらで手順を確認しながらやってみてください。

 

● 5分で実践!誰でも儲かる商品を見つけられる電脳せどりの仕入れ手順

 

上記の記事でご説明している通りに、
まずはAmazonをベースに儲かる商品のリサーチをやってみましょう!

 

 

せどりで大事なものはバーコードリーダーじゃなく商品リストだ!

せどりで稼ぎ続けるためにはバーコードリーダーよりも遥かに大事なものがあります。

 

それが、儲かる商品をリスト化した商品リストです。

 

そんな夢のようなリストがあったら誰でも稼げるわ!

 

というツッコミが食い気味に聞こえてきそうですが
そんな夢のようなリストは、ちょっと頑張ればあなたにも作ることができます。

 

これはせどりで稼いでいく上で本当に大事なことなので何度でも申し上げたいくらいで
とにかく少しでも良質な商品リストを構築することが成功の鍵だと思ってください。

 

前項でご紹介したリサーチの手順を実践していただければ儲かる商品が見つかるはずですので
見つけた商品は見て終わりにするのではなくて、リスト化しておいてください。

 

儲かる商品は売れる限り何回も仕入れて何回も売りましょう!

 

 

で、ですね。

 

リスト化の仕方なんですが、もちろんエクセルやメモ帳に保存していってもいいんですが
僕がおすすめしているのは、ブックマーク機能を使った手法になります。

 

ブックマークに商品リストを作っておくと
ブックマークからチェックしたい商品をポチっとクリックするだけで
瞬時に儲かる商品の出品状況の確認と仕入れができるようになります。

 

ブックマークを使って儲かる商品をリスト化する手法は
下記の記事でやり方をご説明していますので参考にしてくださいね。

 

10分の隙間時間で仕入れを完遂する電脳せどりリピート仕入れ

 

 

儲かる商品をリスト化しておけば、
まるで子供がお母さんの書いたメモを見ながらおつかいに行く時のように
そのリスト通りの商品を買うだけで利益を出せる仕組みを作ることができます。

 

ですので、まずは商品リスト作りに全力を注ぎましょう!

 

 

商品リストを構築してしまえば、
本当に簡単に稼げてしまう仕組みが実現できます!

 

 

スマホに入れておくべきはバーコードリーダーアプリじゃなくモノレートだ!

スマホにバーコードリーダーを読み込めるアプリを入れている人もいるかもしれませんが
せどりの仕入れはモノレートがあれば十分です。

 

モノレートというのは無料で使えるサイトで「仕入れたら何日で売れるか?」ということと
仕入れたらいくらで売れるか?」ということを調べることができる優れものです。

 

つまり、モノレートで確実に儲かる商品を見極めて仕入れることができれば
仕入れに失敗するリスクは限りなくゼロに近くなるということです。

 

はっきり言って、バーコードリーダーの使い方を覚えている時間があったら
モノレートの使い方を覚えることに使った方が有意義ですし
実際にせどりで長期的に結果を出し続けるための知識が身につきますよ!

 

モノレートの使い方については下記の記事で徹底解説しています!

 

電脳せどりで稼げる商品を100%リサーチするモノレート仕入れの全手順

 

 

バーコードリーダー不要で稼ぐなら中古家電せどりだ!

バーコードリーダーなんてそもそも要らない!

 

と思わせてくれる商品ジャンルがあります。

 

仕入れ手順の記事をご覧いただいていれば、すでにご存知のことかもしれませんが
せどりというビジネスで一番稼ぎやすい商品ジャンルは間違いなく中古家電です。

 

中古家電というジャンルは「利益が大きい商品」「頻繁に売れる商品」が多く
これはせどりというビジネスで稼ぐ上では非常に大きなメリットとなります。

 

中古家電と言うと色々な商品が想像できると思いますが
具体的に狙い目となる商品については下記の記事を参考にしてください。

 

【家電せどり】誰でも稼げる鉄板商品カテゴリーBEST3と仕入れ先を公開

 

 

それから、中古家電せどりについて詳しく解説した記事もありますので
あわせてご覧いただければと思います。

 

中古家電せどりで5年間稼ぎ続けている理由と手法を1から徹底解説

 

 

僕のせどりノウハウの具体的手法をステップバイステップで学んでいただける無料の通信講座もやっています!

HIROYA

 

 

ハードオフやブックオフでどうしても仕入れたい場合

ハードオフやブックオフなどの店舗で仕入れるとしてもバーコードリーダーは必要ありません。

 

時間的に余裕があるから店舗仕入れもしたいという場合も
バーコードリーダーは使わずに仕入れましょう。

 

ただし、狙う商品はやっぱり中古家電にしてください。

 

ブックオフに中古家電?と思われるかもしれませんが
最近は多くの店舗で中古家電も扱われています。

 

引用元:ブックオフ公式ホームページ

 

で、その中古家電なんですが
そもそも仕入れの時にバーコードリーダーを使う理由がありません。

 

理由は、リサーチの仕方が本やCDなどを仕入れる時とは根本的に違うからです。

 

本やCDを仕入れる場合は「JANコード」と言われる
バーコードに記載された文字列で商品を検索します。

 

 

しかし中古家電せどりの場合は、このJANコードを見ることがほとんどありません。
中古家電の場合は、型番での検索が最適だからです。

 

 

例えばこの商品であれば「MP560」というのが型番です。

型番リサーチ

 

型番というのは、バーコードからは読み取ることはできません。

 

それでも、店舗でのリサーチに困らないのは

  • 型番は短い文字列なので手入力でも対応可能
  • そもそもリサーチ対象の商品数が少ないので時間がかからない

という特徴があるからです。

 

例えば、CDを仕入れにブックオフに行ったら
数えきれないほど大量の商品が販売されています。

 

引用元:BOOKOFF Group ホームページ

何万枚、何十万枚というCDが販売されていますからね!

 

その点、中古家電はというと
例えばハードオフに仕入れにいったとしてもCDほどの商品数はありません。

引用元:ハードオフ 藤枝店ホームページ

これなら数十個、数百個のリサーチで済みます。

 

それでも儲かる商品は高確率で存在するのが中古家電の強みです!

 

 

どうしてもバーコードリーダーせどりがしたいならスマホアプリで十分

それでもどうしてもバーコードリーダーを使ってせどりがしたいという場合は
わざわざ高額なバーコードリーダーを買う必要はありません。

 

せどり業界ではKDC200というバーコードリーダーが人気ですが
これを新品で買おうとしたら3万円以上します。

だったら、その3万円は
初期の仕入れ資金に回したほうが絶対にいいでしょう。

 

それに今では、バーコードリーダーは
スマホの無料アプリでも代用が効きます。

 

iPhoneの「せどりすと」というアプリです。

 

せどりすとについては、下記の記事で使い方などを解説していますので
必要に応じて参考にしていただければと思います。

 

せどりアプリ「せどりすと」の使い方と仕入れの基礎から実践まで

 

あくまで僕が推奨しているのは、
バーコードリーダーに頼らない仕入れですので
こちらはご紹介程度にしておきますね!

 

 

まとめ

せどりで稼ぐためにバーコードリーダが必要ない理由をまとめます。

 

バーコードリーダが必要ない理由
  • インターネットで仕入れをした方が効率がいい
  • もし店舗仕入れをするとしても商品リストの商品を狙い撃ちでいい
  • もし店舗仕入れをするとしても中古家電なら手入力でも十分対応できる

 

冒頭でも少し触れましたが、
最近は商品をバーコードリーダーでのスキャンする行為を禁止している店舗が増えています。

 

バーコードリーダーに頼らない仕入れの方法を身につけることで
今後も稼ぎ続けていくことができますので、
この記事を参考にまずは実践してみてください。

 

ちなみに僕の場合は、現在インターネットでの仕入れ(電脳せどり)が主体なので
もし明日バーコードリーダーがこの世から消えてなくなったとしても
何ら影響を受けることなく稼ぐことができるでしょう。

 

バーコードリーダーに頼ったせどりは卒業して
もっと本質的に稼ぐ力を身につけてほしいと思います。

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

僕のノウハウの全てをメールで無料公開することにしました。

今なら10万円の資金を生み出す手法(PDF)をプレゼントいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
HIROYA
副業せどりで月収50万円以上を稼ぎ続ける平凡なサラリーマン。
僕と同じサラリーマンの方や、主婦の方など副業でせどりを実践される方向けに「少ない時間で大きく稼ぐ!」をモットーとして、せどりの稼ぎ方をお伝えしています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください