【無料E-Book】利益率60%超え!○○せどりの全手法→LINE友だち追加でプレゼント(LINEボタンをタップ)

副業のためのせどり&転売ビジネスの稼ぎ方

ライバル総スルーの〇〇ジャンルとは? →詳細はこちら

【新ツールで代用】モノレートが閉鎖決定で今後せどりはどうなる?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
長谷川ヒロヤ
長谷川ヒロヤ
モノレート閉鎖に震えるせどらー「モノレートがついに閉鎖か・・・。代わりに使えるツールとかあるのかな。今後の対策について教えてください。」

そんな方が本記事をご覧いただくことで下記のメリットがあります。

✓本記事を読むと分かること
  • モノレートの代替ツールが分かる
  • モノレートが使えなくなってからのせどりがどうなるか予測します

本記事では下記の内容について解説していきます。

モノレートが閉鎖決定で今後のせどりはどうなる?

本記事では、モノレートが閉鎖決定で今後のせどりはどうなるかについてお話してみます。

2020年6月30日をもってモノレートがサービス提供を終了するそうです。残念でなりませんが、だからといってせどりが稼げなくなるわけではありません。その辺の考え方や対策についてお伝えしていきます。

ちなみに、モノレートのサイトに閉鎖のお知らせが掲載されていますので、閉鎖の理由などは下記をチェックしていただければと思います。

参考:モノレート閉鎖(6/30)のお知らせ

モノレートがなくなったら困ること

モノレートがなくなったら困ることは、主に2つあると考えています。

✓モノレートがなくなったら困ること
  • 商品の売れ行き(仕入れたらどれくらいの期間で売れそうか)が分からなくなる
  • モノレートユーザー(ライバルセラーの仕入れ動向)が分からなくなる

特に「商品の売れ行きが分からなくなる」は致命的ですが、調べる方法はモノレート以外にもあるので、柔軟に対応していきましょう。

まずは、現時点でおすすめしておきたい代替ツールからご紹介しておきます。

モノレート閉鎖に伴う代替ツールについて【とりあえず代わりに】

とりあえず、モノレート閉鎖に伴う代替ツールについてですが、現時点では下記をおすすめしておきます。

✓モノレートの代替ツール
  • DELTAtracer(デルタトレーサー)
  • keepa(キーパ)※有料(月額:15ユーロ=1,800円ほど)

各ツールともに、現時点で閉鎖の予定はないことを公式に回答されているようです。

その辺りの情報は収集でき次第、更新していこうと思いますが、現時点では閉鎖予告などはされておらず使用可能な状態となっています。

長期的な視点で見た場合、いずれどうなるかは分かりませんが、とりあえずこの2つを使っておけば問題はないかと思います。

もしこれらが使えなくなるなどしたら、また別の方法に移行すれば問題なしです。柔軟に対応していきましょう。

またモノレート開発陣の方々が開発中としている「WachBell」については、モノレートの代替となるのかどうか、まだはっきりとした情報がないため、こちらについても明確な情報が分かり次第、更新させていただきます。

DELTAtracer(デルタトレーサー)

URL:https://delta-tracer.com/

デルタトレーサーはモノレートと同じような感覚で、検索&商品データの確認ができるウェブサービスです。

モノレート同様、無料で使うことができます。

ただし、モノレートユーザー数のチェックに該当する機能はないため、あくまでも商品の売れ行きを確認するために使えるものとご理解いただければと思います。

keepa(キーパ)※有料

keepaは、基本的に有料のサービスとなります。

一部機能は無料でも使えるのですが、売れ筋ランキングを見る機能も含め、せどりで必要になる機能は有料です。

月額は15€(ユーロ)です。日本円にして、約1,800円ほど。

使用感もモノレートとは少し異なるため、慣れが必要になると思います。

 なお、店舗せどりを実践する場合、気になるのは「バーコードリーダー系アプリとの連携」でしょう。

モノレートからデータを引っ張っていたり、リンク表示したりしているアプリは多いはず。keepaを開いて手打ち入力では、リサーチの効率はだだ下がりです。

keepaとバーコードリーダー系のアプリとの連携については、下記の記事で随時更新していくことにします。

また、keepaについてもモノレートユーザー数に該当する機能はありません。

モノレートユーザー(ライバルセラーの仕入れ動向)が分からなくなる

モノレートユーザーに代わる機能は、現状では代替が効きません。

とは言え、本機能はもともと補助的に使う程度で推奨しているものですので、致命傷にはならないでしょう。チェーン店の全国的なセールなど、ライバルも仕入れていそうな商品は、警戒しておけばOKだと思います。

モノレート閉鎖による今後のせどりについて

モノレート閉鎖による今後のせどりについてですが、下記のような可能性があると考えています。

モノレート閉鎖による今後のせどり
  • アマゾンがメインの販路ではなくなっていく
  • モノレートの代替ツールは有料化していく
  • 商品知識、相場観の重要性が高まる

アマゾンがメインの販路ではなくなっていく

昨今では、真贋の問題なども話題に挙がりがちですが、アマゾンが販路として少しずつ使いにくくなっている傾向は否めません。

そのため「無理をしてまでアマゾンで販売する必要はないのでは?」とも思い始めています。

たとえば、すでにせどりの販路として「メルカリ」を使っている人も増えている印象です。メルカリは、配送サービスも今後より充実していく予定があり、いわゆるFBA的なサービスも登場するようですので、これはせどり実践者にとっても朗報でしょう。

実際に、メルカリを主な販路として使っていた方々は、今回のモノレート閉鎖に関しても、大きなダメージは受けていない様子が見うけられます。

基本的にはメルカリの機能で、売れるかどうかを判断しているため、モノレートは使うとしても補助的に使っているに過ぎないからです。

そのため、アマゾンだけにこだわらず、メルカリなど販路も複数用意し、臨機応変に対応していくかたちもおすすめしておきます。

モノレートの代替ツールは有料化していく

冒頭で触れた「WatchBell」についても、まだモノレートの代替となるかハッキリしたことは分かりませんが、現在は無料で使えるものの、将来的に有料で提供することが決まっているそうです。

「WatchBell」はAmazonの許可を得てリリースされているものらしいので、今後はそういったツールが有料で提供されるケースも増えてくるのではないかとも予測できます。

もしそうなれば、参入障壁が高くなるのでライバルが減るというポジティブなとらえ方もできるはずです。

商品知識、相場観の重要性が高まる

仮に大体ツールすら出ないという場合は「商品知識、相場観の重要性が高まる」でしょう。

Amazonランキングを参考にしたり、オークファンをチェックしたりすることで、商品の需要についてはある程度しらべがつくとは思いますが、何しろ「手間」は増えます。

そのため、商品知識、相場観を持っている方が、効率的なリサーチや仕入れができるようになるので、圧倒的に優位に立てる可能性が考えられます。

商品知識、相場観は経験でしか養えませんので、いかに場数を踏んでいくかですね。ツールが使えるうちに、その辺のスキルを磨いていくと、生き残りやすくなるでしょう。

まとめ:モノレートは閉鎖するけどせどりは終了しない【よくある話】

まとめますと、モノレートは閉鎖するけどせどりは終了しないということです。

確かにモノレート閉鎖は衝撃的な出来ごとです。まさかこんな日が来るなんて・・・という気持ちがあることは否めません。が、こういうことはビジネス的によくある話でもあります。

どんなビジネスにおいてもいえることですが、同じやり方で永遠に稼ぐことはできません。変化に対応していく必要は絶対にあるということ。

モノレート閉鎖は、サイトへの愛着も含めて考えると、あまりにも残念な事実ですが、だからといって「せどり終了」「せどりはオワコン」みたいに悲観する必要はありません。

また、代替ツールも新たにご紹介できるものが現れるかもしれませんし、本記事は新たな情報が判明次第、更新していこうかなと思います。

それでは、本記事は以上です。最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

【無料E-Book】なぜ多くのせどり初心者は
挫折してしまうのか?

私が開始初月から利益7万円を稼いだ○○せどりの方法をまとめました

・70円仕入れ →2,200円販売

・300円仕入れ →4,500円販売

そんな実例もある初心者でも実践しやすい
高利益率の商品ジャンルを教えます。

この記事を書いている人 - WRITER -
長谷川ヒロヤ
長谷川ヒロヤ