【無料E-Book】なぜ多くの初心者は挫折してしまうのか?→下記ボタンからLINE友だち追加でプレゼント

副業のためのせどりビジネス実践方法

1日1時間で月収100万円のせどりとは?

【閑散期】せどりで商品が売れない月と時期はいつ?【対策あり】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
長谷川ヒロヤ

 

せどりで商品が売れない人「仕入れた商品がなかなか売れません。売れにくい時期とかあるんでしょうか?」

そんな方に向けて記事を書きます。

 

本記事を読むと分かること
  • せどりで商品が売れない月と時期がわかる

 

本記事を書いている僕は、せどり歴5年以上。現在は副業せどりコンサルタントとして、せどりの稼ぎ方を教えることをメインに活動中です。

ちなみに副業時代に下記のようなアマゾン売上実績があります。

そういった経験にもとづき、本記事では「せどりで商品が売れない月と時期」について解説します。

 

【閑散期】せどりで商品が売れない月と時期はいつ?【対策あり】

【閑散期】せどりで商品が売れない月と時期について【対策あり】

本記事では、せどりで商品が売れない月と時期について解説します。

また「閑散期を乗り越える対策法」についても、あわせてお伝えするので、参考にしていただければ幸いです。

せどりは、売れやすい時期と売れにくい時期を頭に入れて、仕入れに「強弱をつける」ことで、より効率的に稼げるようになります。

 

売れない月は2月と8月です

結論として、せどりで商品が売れない月は「2月」と「8月」です。

せどりの閑散期というよりは、物販業界的な閑散期となります。

2月と8月はモノが売れにくいというのは、わりと定説です。amazonにおいても、例外ではありません。

 

なぜ売れないのか?

2月と8月に商品が売れにくい理由は、多くの人が「お盆休みや年末年始で出費がかさむから」です。

お金に余裕が無い人が多いわけですね。

 

売れやすい時期とは?

反対に商品が売れやすいのは「年末年始」です。

クリスマスもあるので、物流がにぎやかになります。

 

商品ごとに売れにくい時期もある

また、商品によっては使用時期が限られるために、売れにくい時期が発生するものがあります。

特に家電製品は、時期によって売れ行きの違いが出やすい商品が多く存在します。

 

たとえば、下記のようなモノ。

売れやすい時期以外は、極端に売れにくくなります。

  • 扇風機 →5〜8月が売れやすい
  • 除湿機 →3〜5月が売れやすい
  • 空気清浄機 →1〜3月が売れやすい
  • 電気ストーブ →10月〜12月が売れやすい
  • 電気ファンヒーター →10月〜12月が売れやすい
  • 加湿器 →10月〜2月が売れやすい

 

戦略:売れない時期にあえて仕入れる

資金的に余裕がある場合は、売れない時期にあえて仕入れるのも戦略のひとつです。

売れない時期は、安く仕入れやすいメリットもあるので、売れる時期をねらって仕込んでおくわけですね。

売れない時期を理解しておくことで、そういった戦略もとれるようになります。

 

まとめ:せどりの売れない月と時期の理解は「売ること」につながる

売れる商品を仕入れれば月や時期要因で売れないリスクは抑えられる

まとめます。

せどりの売れない月と時期の理解は「売ること」につながります。

本記事で解説したように

  • 売れる時期に注力する
  • 売れない時期にあえて仕入れる

といった戦略がとれるようになるからです。

特に季節商品については、売れる時期と売れない時期を頭にいれつつ、仕入れ判断をおこなってみてくださいね!

 

せどりで商品が売れない原因

商品が売れない理由は「時期によるもの」だけではありません。

売れない原因をまとめた記事もあるので、必要におうじて参考にしてください。

 

売れる商品を仕入れる必須スキル

売れる商品はリサーチツールで、仕入れ前に確認することができます。

売れない商品を仕入れないために、こちらの記事も参考にしていただければと思います。

せどりの必須スキルです。

 

それでは、本記事は以上です。

 

 

【LINE講座】1日1時間で月収100万円のせどりとは?

「10個のプレゼント」もご用意しました

1商品あたりの平均利益は1万円

商品リストでのリサーチ不要仕入れ

スキマ時間にスマホで仕入れる仕組み

そんなノウハウを
あなたにLINEでこっそり教えます。

この記事を書いている人 - WRITER -
長谷川ヒロヤ
【LINE講座】1日1時間で月収100万円のせどりとは?
無料で受講する
【LINE講座】1日1時間で月収100万円のせどりとは?
無料で受講する