【無料】LINE登録でブログの更新情報を受け取れます

HIROYAの電脳せどりブログ

電脳せどりのやり方を網羅的にまとめた記事はこちら

【低リスク】汎用性高めなせどりの仕入れ方法を教えます【高確率】

アバター
WRITER
【低リスク】汎用性高めなせどりの仕入れ方法を教えます【高確率】
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
HIROYA
副業せどりで月商200万超え、利益にして月50万円以上を稼ぐサラリーマン。素顔は野球、サッカー、音楽が趣味のふつーのアラサー男子です。僕と同じサラリーマンの方や主婦の方といった副業でせどりを実践される方を対象に「少ない時間で大きく稼ぐせどり」をお伝えしています。利益うん百万円という実績はありませんが、堅実に稼げる再現性の高い手法を公開中です。

せどりの仕入れに目利きはほぼ不要【正しい方法で場数を踏めばOK】

せどり初心者「せどりの仕入れ方法が知りたいな。確実性の高いせどりの仕入れ方法はないかな。」

そんな方が本記事をご覧いただくことで下記のメリットがあります。

  • 低リスク&確実性高めなせどりの仕入れ方法が分かります
  • せどりの仕入れを無料ツールで効率化する方法が分かります

ちなみに、本記事を書いている僕は、アマゾンセラー歴5年。

副業のせどりで月収50万円(利益額)を稼いでいますので
記事の信頼性担保につながると思います。

↓売上ベースではこんな感じです。

本記事では下記の内容について解説していきます。

【低リスク】汎用性高めなせどりの仕入れ方法を教えます【高確率】

【低リスク】汎用性高めなせどりの仕入れ方法を教えます【高確率】

本記事では、汎用性高めなせどりの仕入れ方法を教えます。
しかも、低リスクかつ確実性の高い方法です。

何故かと言うと、販売先となるAmazonで売れるかどうかを
データに基づいて判断することができるので
データの見方さえ間違えなければ赤字になる確率は極めて低いからです。

ちなみに、データを見るためにはモノレートというサイトを使っていきます。

モノレートはパソコンでもスマホでも利用できるので
店舗での仕入れでも使えますし、ネットでの仕入れでも使えます。

つまり、モノレートの使用方法を覚えてしまえば、
どこで何を仕入れるにしても商品のリサーチが可能になります。

それだけ汎用性が高い方法ですので確実に覚えておきましょう。

せどりの仕入れ方法の7割はモノレートの使い方【オーバートーク無し】

せどりの仕入れ方法の7割はモノレートの使い方が占めている感じです。

これはオーバートーク一切なしでして、
何故ならどこで何を仕入れるにしても必ずモノレートを使うことになるからですね。

なので、せどりを始めるなら「とりあえずモノレートの使い方を覚えておけばOK」かなと。

現時点で「どこで仕入れるか」「何を仕入れるか」が決まっていなくても
モノレートは絶対に使うことになるので避けては通れない道です。

とは言え、使い方はそれほど難しくはなく
モノレートで「Amazonに出品したらちゃんと売れるかどうか」だけ
見極められるようにしておけばOKです。

せどりというビジネスは「商品を安く仕入れて高く売る」ことで儲けるわけですが
価格差は仕入れる時に見れば誰でも分かるので問題なしでして
重要なことは「Amazonで売れるかどうか」ですね。

商品を安く仕入れることができてAmazonでの売値との価格差があったとしても
商品が売れなかったら1円の収益も上がりませんし、むしろ仕入れ値は100%赤字になります。

なので「Amazonで売れるかどうか」をモノレートで見極めて仕入れることができれば
赤字になるリスクを避けつつ、確実に儲かる商品だけを仕入れて稼ぐことができる感じです。

じゃあ、具体的にどうやって「Amazonで売れるかどうか」を見極めるのかというと
モノレートで狙っている商品を検索したら「ランキングのグラフ」を見ればOKです。

下記がランキングのグラフです。

結論を言うと、グラフの線がガクッと急降下している箇所がいくつかありますが
この急降下している回数だけ商品が売れているという見方になります。

このグラフは過去3ヶ月のデータでして、グラフの線はだいたい20回くらい急降下しているので
3ヶ月で20回くらい売れる商品ということが読み取れる感じですね。

※逆にグラフの線が真っ平らでただの直線になっている時は売れない商品なのでスルーです。

いちおう解説しておきますと、グラフが急降下しているところはランキングが上昇しているタイミングでして
ランキングが上昇しているということは、つまり商品が売れたという解釈ができるからです。

モノレートの使用方法としては、このグラフを見て「Amazonで売れる商品かどうか」
を見極めることができるようになれば十分かなと思います。

ちなみに目安としては、原則1ヶ月以内で売れる商品を仕入れればOKです。

電脳せどり(ネット仕入れ)の方法【リピートが最強】

電脳せどり(ネット仕入れ)の方法を教えます。

結論としては、Amazonで売れる商品をリサーチしてリスト化しておいて
リスト化した商品群をリピート的に繰り返し仕入れる方法がおすすめです。

店舗仕入れだと店舗にある商品しか仕入れはできませんが
ネットでの仕入れなら広範囲を探し回ることができるので
リピート的に仕入れて売る方法はかなり効果的ですね。

ちなみにネットというと広範囲すぎると思うかもですが
ぶっちゃけ仕入れ先はヤフオクとメルカリだけでも十分かと。

ヤフオクとメルカリは商品数が膨大でして
かつ安く買える商品の割合も多いのでせどりの仕入れ先としてかなり優秀ですよ。

ネット仕入れのリサーチ方法については
YouTubeに動画もアップしているので貼っておきます。

店舗せどりの仕入れ方法【コツ:狙う商品と狙う場所を決める】

続いて、店舗せどりの仕入れ方法を教えます。
コツとしては狙う商品と狙う場所を決めてリサーチすることです。

なぜなら、店舗に行っても全商品をリサーチすることは現実的に不可能でして
かつ闇雲に商品を手にとってリサーチしても簡単には稼げないからです。

なのでとりあえずは狙う商品と狙う場所を決めたほうが確実性は高まります。

狙う商品については、好みで問題なしですが個人的には高利益の家電がおすすめですね。
いちおう下記のジャンルから選択しておけば間違いはないです。

✓ せどりで狙うべき商品ジャンル

  • CD
  • DVD
  • おもちゃ・ホビー
  • 家電

本は稼げますが薄利になりがちなのであまりおすすめはしておらず
またCD・DVDはAmazonのアカウントが比較的あたらしめの方は
出品制限がかかっていて出品できない可能性が高いので避けておくと無難です。

狙う場所としては、下記がおすすめですね。

✓ せどりで狙うべき仕入れ場所

  • ワゴンセール
  • アウトレットコーナー
  • 型落ち品コーナー
  • ジャンクコーナー

ジャンクコーナーはジャンクを仕入れるのではなく
実はジャンクじゃない商品(ちゃんと動作する商品)が紛れていたりするので
ジャンクコーナーにある動作品を狙うとライバルも少なくておすすめです。

ジャンクコーナーはハードオフなどのリサイクルショップにありますね。

せどりの仕入れをツールで効率化する方法【無料で使える】

せどりの仕入れをツールで効率化する方法【無料で使える】

せどりの仕入れをツールで効率化する方法を教えます。
本記事で紹介するツールはすべて無料で使えるのでご安心を。

今回はネット仕入れ(電脳せどり)向けツールと店舗仕入れ向けツールをそれぞれご紹介しますね。

電脳せどりなら「モノゾン」と「フリマウォッチ」がおすすめ

電脳せどりなら「モノゾン」と「フリマウォッチ」がおすすめです。

モノゾンはモノレートでのリサーチをさらに楽にしてくれるグーグルクロームの拡張機能
フリマウォッチはメルカリ仕入れで役立つスマホアプリになります。

まずはモノゾンですが、グーグルクロームの拡張機能に追加しておくと
モノレートの画面に売れ行きを数値化した表が現れます。

つまり、本来はグラフの線を見て売れ行きを読み解かなければならなかったものが
わざわざグラフを見なくても、最初から数値で見ることができるようになる感じですね。

それからフリマウォッチは、あらかじめ商品名などでアラートを設定しておくことができて
メルカリなどのフリマに該当する商品が出品された瞬間に通知をしてくれるスマホアプリです。

つまり、Amazonで売れる商品をリサーチしたらフリマウォッチにアラート設定しておけば
メルカリなどに出品されたらすぐに気づくことができるので仕入れ逃しがなくなります。

アラート設定の数を積み上げていけば、アラートが鳴ったらチェックして安ければ仕入れる
という単純作業で稼げるようにもなるので、積極的に活用することをおすすめしています。

店舗せどりなら「せどりすと」または「せどろいど」

店舗せどりなら「せどりすと」または「せどろいど」がおすすめです。

「せどりすと」と「せどろいど」スマホアプリでしてできることはどちらもほぼ同じです。
せどりすとはiPhone用、せどろいどはAndroid用という感じですね。

何ができるスマホアプリかと言うと、
スマホカメラで商品のバーコードを読み込むことで
モノレートのデータなどを呼び出せるという機能になります。

ただ最近ではバーコードリーダーの類は使用禁止としている店舗もあるので注意しましょう。
今後は、禁止する店舗も増えてくるかもしれないので便利は便利ですが頼り過ぎは危険ですね。

モノレートを使ってリサーチするという本質をしっかり理解した上で
ケースバイケースで活用する程度にしておけばOKかなと思ってます。

まとめ:せどりの仕入れ方法=データに頼ることで低リスク&高確率が実現できます

せどりの仕入れ方法はデータに頼ることで低リスク&高確率が実現できます

せどりの仕入れ方法=データに頼ることで低リスク&高確率が実現できます。

とにかく重要なことはモノレートを使ってデータを頼りに仕入れることでして
当たり前ですが、Amazonで売れるかどうかはいくら頭で考えても答えは出ないからですね。

なのでモノレートの使い方を覚えることは最重要です。
どんな商品を狙うにしてもどんな方法でどんな場所で仕入れをするにしても使えるので
汎用性は非常に高く、むしろせどりを実践する上で最初に覚えておくべき知識かなと。

モノレートを使って確実にAmazonで売れる商品だけを仕入れるようにすれば
在庫を抱えて赤字になるリスクを抑えつつ、確実に収益を上げることが可能になるので
使い方をしっかり身につけてから実践することをおすすめします。

ちなみにツールも便利ですが、あくまでも作業を効率化するためのものなので
ツールに頼って仕入れるのではなく、本質的な方法(モノレートでのリサーチ)を
身につけた上で上手に活用していくのがベストですね。

ということで、せどりの仕入れ方法に関する内容でした。
最後までご覧いただきありがとうございました。

 

✓ノウハウの全てをメールで無料公開することにしました

登録特典:10万円の資金を生み出す手法(PDFコンテンツ)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
HIROYA
副業せどりで月商200万超え、利益にして月50万円以上を稼ぐサラリーマン。素顔は野球、サッカー、音楽が趣味のふつーのアラサー男子です。僕と同じサラリーマンの方や主婦の方といった副業でせどりを実践される方を対象に「少ない時間で大きく稼ぐせどり」をお伝えしています。利益うん百万円という実績はありませんが、堅実に稼げる再現性の高い手法を公開中です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください