【無料】LINE登録でブログの更新情報を受け取れます

HIROYAの電脳せどりブログ

電脳せどりのやり方を網羅的にまとめた記事はこちら

失敗しないせどりの仕入れ基準【明確な基準と確認方法を教えます】

アバター
WRITER
 
せどりの仕入れ基準
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
HIROYA
副業せどりで月商200万超え、利益にして月50万円以上を稼ぐサラリーマン。素顔は野球、サッカー、音楽が趣味のふつーのアラサー男子です。僕と同じサラリーマンの方や主婦の方といった副業でせどりを実践される方を対象に「少ない時間で大きく稼ぐせどり」をお伝えしています。利益うん百万円という実績はありませんが、堅実に稼げる再現性の高い手法を公開中です。

せどりの仕入れ基準が分からない。
仕入れ基準を守った仕入れの仕方が分からない。

とお困りではありませんか?

 

本記事をご覧いただくことで下記のメリットがあります。

  • せどりの仕入れ基準が明確に分かる
  • 商品ジャンル別の仕入れ基準を知ることができる
  • 仕入れ基準を満たす商品を仕入れて稼ぐ方法が分かる

 

ちなみに、本記事を書いている僕は、アマゾンセラー歴5年。

 

副業のせどりで月収50万円(利益額)を稼いでいますので
記事の信頼性担保につながると思います。

 

↓売上ベースではこんな感じです。

 

本記事では下記の内容について解説していきます。

 

 

失敗しないせどりの仕入れ基準【明確な基準と確認方法を教えます】

失敗しないせどりの仕入れ基準【明確な基準と確認方法を教えます】

せどりの仕入れ基準について解説をしていきます。
本記事でご説明する仕入れ基準は下記の商品ジャンルに適用できます。

  • CD
  • DVD
  • おもちゃ(ホビー)
  • 家電

 

仕入れ基準の本質はどの商品ジャンルでも共通です。
すべての商品ジャンルにおいて、
下記の2つの基準を必ず守って取り組むようにしてください。

  • 1ヶ月以内で売れるもの
  • 利益率が30%以上のもの

 

1ヶ月以内に売れるものを仕入れ基準とする理由は
資金を回してふくらませていくことを考えた場合
1ヶ月以内には現金化して回すと成功しやすいからです。

 

また、利益率については各々の判断で変えてもいいのですが
30%を仕入れ基準にすることで、
効率的に資金をふくらませていくことができます。

 

ちなみに、仕入れ基準を確認する時に「Amazonのランキング」を
確認するように推奨している方もいますが、僕はおすすめしません。

 

なぜなら、Amazonのランキングは一時的に上がることもあるからです。
過去も含めて安定して売れている商品を仕入れましょう。

 

✔ 要チェック!

仕入れ基準 を確認する上で、モノレートの使い方は覚えておきましょう。
商品が売れる回数を調べるときは必須です。モノレートは無料で使えます。

≫電脳せどりリサーチのコツ|モノレートを使った儲かる商品の見つけ方

 

それではさらに掘り下げていきます。

 

 

1ヶ月以内に売れるかどうか確認する方法

1ヶ月以内に売れるかどうかを確認するためには
モノレートのランキンググラフを見ます。

グラフが下がっているところが、商品が売れたタイミングです。
つまり1ヶ月に1回以上グラフが下がっていたら
商品自体は月1回以上は売れるということになります。

 

ただ、ここで忘れてはならないことが
出品者数を確認することでです。

 

商品は月に1回売れていたとしても
かならずあなたのストアから商品が買われるとは限らないですよね。

 

例えば、月に1回しか売れていないのに出品者数が20だったら、
1ヶ月以内で売れるという仕入れ基準は満たしていないと判断します。

 

もちろん売れる可能性がゼロではありませんが
確率は極めて低く、ほぼギャンブルになってしまうからです。

 

商品が売れる回数と出品者数のかね合いについては
下記の表を参考に基準としていただければと思います。

 

商品が売れる回数(月間)出品者数(あなたを除く)
1〜3回1人以内
4〜6回2〜4人
7〜10回5〜8人
11〜20回9〜14人
21回以上15〜19人

 

出品者数が20人以上いたら仕入れないほうがいいです。
もしくは出品者数が減ってきた頃を狙いましょう。

 

商品そのものが売れる回数と出品者数のかね合いから
1ヶ月以内で売れる商品を選んで仕入れてください。

 

 

利益率30%以上かどうかを確認する方法

続いて利益率を確認していきます。
利益率は30%がおすすめの仕入れ基準になります。

 

利益率は下記の計算式で割り出すことができます。

利益率=利益金額÷売上金額×100(%)

 

例えば、3,000円で仕入れた商品を5,000円で売った場合。

 

「利益金額」は5,000−3000=2,000円になりますね。
「売上金額」は売値がそのままで5,000円です。

 

割り出した利益金額と売上金額を「利益率=利益金額÷売上金額×100(%)」の式にあてはめると
2,000÷5,000×100(%)で40%になります。※ここではAmazonの手数料は含めていません

 

しかし、利益率についてはFBA料金シミュレーターで自動計算できるので
計算式を覚えなくても算出することはできます。

 

いちおう式は、何を算出しているのか理解するために
頭に入れておいたほうがいいですが、
計算はFBA料金シミュレーターを使ったほうが確実です。

 

 

資金が増えたら利益率より利益額を重視する

資金が増えたら仕入れ基準を利益率から利益額に変えましょう。

 

初期の段階では少ない資金を効率的に増やすため利益率を重視しますが
資金に余裕が出てきたら利益額を大きく取るほうが稼げます。

 

分かりにくいと思うので下記の商品Aと商品Bの比較をご覧ください。

 

 商品A商品B
仕入れ価格5,000円18,000円
販売価格8,000円25,000円
利益額3,000円7,000円
利益率37%28%

 

利益率は商品Aの方が上です。
商品Bは推奨値の利益率30%を下回っています。

 

しかし、利益額は商品Bの方が利益額は2倍以上あります。

 

単純に1つの商品で3,000円稼ぐのと、7,000円稼ぐのだったら
7,000円稼げるほうがいいですよね。

 

本来は利益額を重視すべきですが、初期段階では使える資金が限られるため
利益率を重視することで、資金を効率的に膨らませているということ。

 

商品Bの例でいうと、いきなり18,000円の仕入れは厳しいと思います。

 

ですので、資金が増えてきたら利益額を重視しましょう。
利益率重視の仕入れができるようなればもっともっと稼げるようになります。

 

 

新品の商品ならAmazonが出品している商品は避ける

新品の商品を仕入れる場合は、もうひとつ注意すべき仕入れ基準があります。

 

それは、Amazon自体が出品している商品は
避けるべきということです。

 

Amazonというのは、たくさんのセラーがAmazonという場所を借りて
商品を売っているプラットフォームになります。

 

が、中にはAmazon自体が出品している商品があります。

 

Amazonが出品している場合、
カートボックスはほとんどAmazonが獲得しているため
Amazonの商品ばかりが売れるようになっています。

 

Amazonに競り勝つためには価格を下げるしかなく
利益が削られてしまうので、最初から仕入れないようにしましょう。

 

下記のような表示になっている場合は、Amazonが出品しています。

■商品ページのカートボックス欄

 

■新品の出品者一覧ページ

Amazon.co.jpが販売すると記載がある商品については
新品は仕入れないようにしましょう。(中古はOKです)

 

 

 

仕入れ基準を守って確実に稼ぐための仕入れのコツ

仕入れ基準を守って確実に稼ぐための仕入れのコツ

せどりで仕入れ基準を守って確実に稼ぐコツは下記の2点です。

  1. モノレートで仕入れ基準を確実に確認してから仕入れる
  2. 仕入れ基準を満たした儲かる商品はリスト化して繰り返し仕入れる

 

それぞれ解説していきます。

 

 

モノレートで仕入れ基準を確実に確認してから仕入れる

冒頭でも触れましたが、モノレートはせどりの仕入れ基準を確認するためには
欠かせない唯一無二のツールです。

 

モノレートで仕入れ基準を満たしていることを確認してから仕入れていれば
せどりで確実に収益を上げていくことができます。

 

せどりの仕入れはモノレートがほぼすべて。
これは本当です。

 

冒頭でご紹介した記事をご覧いただき使い方を必ず覚えましょう。

 

 

仕入れ基準を満たした儲かる商品はリスト化して繰り返し仕入れる

仕入れ基準を満たした商品をリサーチで発見したら
儲かる商品としてリスト化しておきましょう。

 

せっかく仕入れ基準を満たした商品を見つけられたのに
1回仕入れて売って終わりではもったいないからです。

 

仕入れ基準を満たした商品=儲かる商品ですので
何度も繰り返し仕入れて売ることをしていきましょう。

 

商品リストの商品数が増えれば増えるほど
せどりの仕入れは楽になりますので
少ない時間で大きく稼ぐことができるようになります。

 

 

 

まとめ:せどりは仕入れ基準を守って実践すれば必ず稼げる仕組みになっています

せどりは仕入れ基準を守って実践すれば必ず稼げる仕組みになっています

せどりは仕入れ基準を厳守して仕入れを行うことで確実に稼ぐことができます。

 

せどりで利益を上げるためには下記の2点が満たされていればOKです。

  • Amazonに出品したら売れる商品を仕入れること
  • 仕入れ値より高く売れる商品を仕入れること

 

条件を満たしているかどうかは、仕入れる前の段階で
モノレートを使い調べることができますので
リサーチの仕方、仕入れ基準の確認方法がちゃんとできていれば
間違いなく稼げる仕組みになっているわけです。

 

そのためにも仕入れ基準を厳守した仕入れを徹底していきましょう。

✔要チェック

僕が月収50万円稼いでいる電脳せどり(インターネットでの仕入れ)の全手法は
下記の記事で徹底解剖しています。

≫電脳せどりの全手法|準備、仕入れ、売り方のコツまで全て無料公開!
 

 

それでは、本記事を最後までご覧いただきありがとうございました。

 

✓ノウハウの全てをメールで無料公開することにしました

登録特典:10万円の資金を生み出す手法(PDFコンテンツ)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
HIROYA
副業せどりで月商200万超え、利益にして月50万円以上を稼ぐサラリーマン。素顔は野球、サッカー、音楽が趣味のふつーのアラサー男子です。僕と同じサラリーマンの方や主婦の方といった副業でせどりを実践される方を対象に「少ない時間で大きく稼ぐせどり」をお伝えしています。利益うん百万円という実績はありませんが、堅実に稼げる再現性の高い手法を公開中です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください