【無料E-Book】なぜ多くの初心者は挫折してしまうのか?→下記ボタンからLINE友だち追加でプレゼント

副業のためのせどりビジネス実践方法

【警告】多くの初心者は挫折します→その理由とは…?

【2021年版】おすすめせどりツール16選【無料も有料も徹底比較】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
長谷川ヒロヤ
せどりで使えるツールが知りたい人「せどりで使える便利なツールを教えてほしいな。とりあえず全部のツールと、その中でおすすめがあれば教えて下さい。」

そんな方に向けて記事を書きます。

✓本記事を読むと分かること
  • せどりで使える便利なツールが分かる
  • おすすめのせどりツールが分かる

本記事を書いている僕はせどり歴6年以上。現在は副業せどりコンサルタントとして、せどりの稼ぎ方を教えることをメインに活動しています。

ちなみに、副業時代に下記のようなアマゾン売上実績があります。

そういった経験に基づき、本記事では、せどりで使えるツールとおすすめツールについて解説します。

【2021年版】おすすめせどりツール16選【無料も有料も徹底比較】

本記事では「せどりツール全まとめ」として、せどりで使えるツールを網羅的にご紹介しつつ、その中からせどり歴5年の経験に基づき厳選したおすすめツールをピックアップしていきます。

ご紹介するツールが多岐にわたるため、いくつかの種類に分類しておきます。

✓せどりツールの分類
  1. 仕入れに必要な定番のリサーチツール
  2. 無料で使えるその他のせどりツール
  3. 有料だけど便利なせどりツール

上記の3つの種類ごとに、具体的なツールをご紹介させていただきます。

せどりで稼ぐためには、すべてのツール使う必要はありませんので、必要なものだけをピックアップして使ってみてください。使うべきツールに迷う場合は、僕がおすすめするツールだけ使っていただいてもOKです。

それでは、下記にて具体的なせどりツールをご紹介していきます。

仕入れに必要な定番のせどりリサーチツール/2020年版【電脳と店舗共通】

まずは、仕入れに必要な定番のせどりリサーチツールからのご紹介です。本項目でご紹介する、せどりツールは下記の通り。

✓仕入れに必要な定番のリサーチツール
  • モノレート ※2020年6月にて閉鎖
  • NEWTYPE DELTAtracer ※モノレートの代替ツールその1
  • keepa ※モノレートの代替ツールその2
  • Leafer(リーファ)※モノレートの代替ツールその3
  • FBA料金シミュレーター
  • Amafee

リサーチツールはせどりの仕入れに必須となりますが、かつてその代表格であったモノレートはすでに閉鎖しています。そのため、現状としては「NEWTYPE DELTAtracer」「keepa」「Leafer」の3つから選択する必要があります。

※これらはすべて有料(月額:2,000円ほど)ですが、なければ仕入れができないので、せどりをするなら必要経費です。ちなみに、解約はいつでもできます。

これらは、オンラインで仕入れを行う電脳せどりでも、店舗で仕入れを行う店舗せどりでも共通で使えるものになりますので、しっかりおさえておきましょう。

それぞれのツールについて簡単な機能などを解説していきます。

モノレート【仕入れの必須ツール】※2020年6月で閉鎖

✓モノレートの概要
  • 必要性:★★★★★
  • URL:https://mnrate.com/
  • 機能:仕入れたら儲かる商品かどうかを判断することが出来る

モノレートは、利益商品をリサーチする時に欠かせないツールになります。

ウェブ上で無料で使えるツールとなっていますので、パソコンでもスマートフォンでも開けるようにブックマークしておくことをおすすめします。もしくは「モノレート」でGoogle検索すれば、すぐにアクセスすることが可能です。

なお、モノレートは2020年の6月を持って閉鎖となりました。代替ツールなどは、下記の記事で解説していますので、参考にしていただければと思います。

ちなみに、モノレート閉鎖後の現在における利益商品の判断方法については、別途くわしく解説した記事を書いていますので、下記もあわせて参考にしていただければと思います。

NEWTYPE DELTA TRACER【モノレートの代替として注目】

✓NEWTYPE DELTA TRACERの概要
  • 必要性:★★★★★
  • 機能:仕入れたら儲かる商品かどうかを判断することが出来る
  • 料金:月額2,200円(税込)

NEWTYPE DELTA TRACERも利益商品をリサーチする時に使えるツールになります。

もともとは無料版も公開されていましたが、現在は有料版のみの提供となっています。なおこちらは月額2,200円(税込)で使うことができます。

※3つあるリサーチツールの中で個人的にいちばんおすすめしたいのがこちらのDELTATRACERです。

  • 国内ツールで日本語対応もしているので安心
  • 売れ行きが数値化されているので、初心者でも仕入れ判断に迷いにくい
  • バーコードリーダーつきのアプリがあるので素早くリサーチできる

といったメリットがあります。

デルタトレーサーについて個別に解説した記事もありますので、下記に貼っておきます。

keepa【モノレートの代替として注目】

✓keepaの概要
  • 必要性:★★★★★
  • 機能:仕入れたら儲かる商品かどうかを判断することが出来る
  • 料金:月額15ユーロ(約1,900円)

keepaも利益商品をリサーチする時に使えるツールになりますが、モノレート終了に伴い代替ツールとして注目されています。

なお、利益商品を判断するための機能を使うためには、有料化する必要があり、月額が15ユーロ(約1,900円)かかります。

keepaについては、個別で解説した記事も書いていますので、下記に貼っておきます。

Leafer(リーファ)【モノレートの代替として注目】

✓リーファの概要
  • 必要性:★★★★☆
  • 機能:仕入れたら儲かる商品かどうかを判断することが出来る
  • 料金:月額2,178円(税込)

リーファについても、モノレートの代替ツールとして注目されているツールのひとつです。個人的に利用経験がないため、星の数は4つにしています。

ほかのツールにはない、リーファユーザーの確認(ライバルが群がり値崩れを起こす可能性を察知できる機能)が備わっている点は大きな強みだと感じます。

こちらは月額2,178円(税込)となっています。

リーファについて個別に解説した記事もありますので、下記に貼っておきます。

NEWTYPE DELTA TRACERを使うか、Keepaを使うか、リーファを使うかは、好みで決めてOKです。それぞれを試してみて、使いやすいと感じたものを選んでください。悩む場合は、NEWTYPE DELTA TRACERがおすすめです。

FBA料金シミュレーター【利益を自動計算】

✓FBA料金シミュレーターの概要
  • 必要性:★★★★☆
  • 機能:Amazon販売時にかかる手数料の自動計算ができる
  • 料金:無料

FBA料金シミュレーターは、Amazonが公式に公開してくれているツールです。

Amazonで商品を販売すると、売上金から手数料が差し引かれるようになるのですが、その手数料を自動計算してくれる機能となっています。

Amazon販売にかかる手数料は、販売する商品によって異なることがあるので、特に初心者のうちは、FBA料金シミュレーターを使って、正確な手数料を計算した上で、利益が取れるかどうかを確認しておくことをおすすめします。

せどりを実践していくうちに、徐々にかかる手数料の感覚がつかめてくるので、慣れてきたら手放しても良いかなと思います。そういった意味で、必要性は星4つにしておきました。

Amafee

✓Amafeeの概要
  • 必要性:★☆☆☆☆
  • 機能:Amazon販売時にかかる手数料の自動計算ができる
  • 料金:無料

FBA料金シミュレーター同様、Amazonでの販売時にかかる手数料を計算するツールです。

ただ、FBA料金シミュレーターは具体的な商品を指定できる点など、機能的にはAmafeeより優れていますので、個人的にはFBA料金シミュレーターがあれば、Amafeeは不要と考えています。

とは言え、FBA料金シミュレーターとAmafeeの選択についても、好みになりますので、使い勝手の良い方を選んでいただければ良いかと思います。

FBA料金シミュレーターは、スマホで使う時に、表示が崩れる可能性があるので、そういった場合はサブ的にAmafeeを使うというのも、賢い使い分けかなと思います。

無料で使えるその他のせどりツール

ここからは、その他の無料で使えるせどりツールをご紹介していきます。本項目でご紹介するせどりツールは以下の通り。

✓その他の無料で使えるせどりツール
  • 価格ドットコム
  • グーグルマップ
  • グーグルクローム
  • オークファン
  • 取引ナビブラウザ

それぞれのせどりツールについて、下記にて解説していきます。

価格ドットコム【電脳せどりの最安値を検索】

✓価格ドットコムの概要
  • 必要性:★★★☆☆
  • 機能:商品が一番安く買えるストアを調べることができる

価格ドットコムは本来なら、せどり専用のツールというわけではありませんが、オンラインにおける最安値のストアを検索することができるので、ネット仕入れでのリサーチに使えるウェブサービスとなっています。

特に、一度安く仕入れることができた商品を、リピート仕入れしたい時には、価格ドットコムで検索することで、目当ての商品をまた安く仕入れることができたりします。

グーグルマップ【仕入れ先店舗を検索】

✓グーグルマップの概要
  • 必要性:★★★★☆
  • 機能:店舗の場所を調べてルート作成ができる

グーグルマップも、本来はせどり専用のツールではありませんが、店舗仕入れをする上で、店舗の場所を調べたり、店舗をまわるルートを作る時に役立つウェブサービスとなっています。

狙う仕入れ先店舗が決まったら、下記の記事をチェックして店舗別の攻略法も参考にしながら、リサーチにチャンレンジしてみてください。

グーグルクローム

✓グーグルクロームの概要
  • 必要性:★★★★☆
  • 機能:せどり専用の拡張機能が充実している

グーグルクロームはウェブブラウザの一種です。グーグルクロームには「拡張機能」という機能があり、自分で好みの機能を追加してカスタマイズすることができるようになっています。

その「拡張機能」として、せどり専用の拡張機能がいくつもリリースされているので、グーグルクローム自体を、便利なせどりツールとして使うこともできるようになります。

また、おすすめのグーグルクローム拡張機能について、まとめた記事もありますので、下記に貼っておきます。興味があれば、あわせて参考にしていただければと思います。

オークファン

✓オークファンの概要
  • 必要性:★☆☆☆☆
  • 機能:ヤフオクの過去取引のデータが閲覧できる

オークファンは、ヤフオクで過去に取引されたデータを閲覧することができ「商品がいくらで落札されたのか」を確認することができます。

ただし、現代のせどりにおいては、ヤフオクに出品して販売するケースは、ほとんど無いため必要性は星ひとつにしました。

ヤフオクで不用品販売をする時には、役立つかなと思います。

ちなみに「ヤフオクで仕入れる時に仕入れ値の相場を調べるために使えるのでは?」と思ったかもしれませんが、ヤフオクでは、古物営業法の非対面取引における本人確認の要件がほぼ満たせないため仕入れ先として使うべきではありません。

取引ナビブラウザ

✓取引ナビの概要
  • 必要性:★☆☆☆☆
  • 機能:ヤフオクの取引を一元管理できる

こちらもヤフオク向けのせどりツールです。オークファンと同様、ヤフオクそのものを使う機会が少ないため、必要性は星ひとつにしました。

正直、紹介する必要もないかなと思いましたが、いちおう載せるだけ載せておきます。

有料だけど便利なせどりツール

ここからは、有料だけど便利なせどりツールをご紹介します。本項目では、下記のツールをご紹介します。

✓有料だけど便利なせどりツール
  • セラースケット
  • プライスター
  • セドリオン Pro
  • トレジャーパーフェクト
  • マカド!
  • Cappy

それぞれのせどりツールについて、下記にて解説していきます。

セラースケット

✓セラースケットの概要
  • おすすめ度:★★★★★
  • 価格:月額2,480円〜 (選択コース、機能により変動)
  • 無料お試し:20日間
  • 機能:利益商品のリサーチ機能/アカウント停止の防止機能/価格改定機能

セラースケットの特徴は

  • 利益商品のリサーチ(専用アプリの提供あり)
  • アカウント停止の防止
  • 価格改定(別途、月額500がプラスでかかります)

とアマゾン物販をやっていく上で、間違いなくあれば助かる機能がひととおり備わっていることです。

昨今は、真贋調査や知的財産権侵害によるアカウント停止や閉鎖が、アマゾンセラーにとって障壁のひとつとなっていることも事実ですので、アカウント停止の防止機能が備わっている点は、特に心強いポイントです。

アマゾンを販路にしていく場合、アカウント開設1年未満のセラーにおいては、資金に余裕があるなら導入しておくことをおすすめします。アカウント停止リスクに怯えることなく、安心安全にビジネスを展開していきましょう。

せどりをするなら、商品が高値で売りやすいアマゾンはぜひおさえておきたいところ。セラースケットの力を借りて安全に販路展開をしていきましょう。

また、下記の理由からツールの信頼性も高めです。

  • 社外取締役・サービス監修者であるAmazon経営幹部の星健一さんが参画しアマゾン思考、出品者思考の両者思考が反映されている
  • 地上波CM放映で成長性、信用性が担保されている

機能の詳細については、公式サイトにてご確認ください。

なお、セラースケットについてより詳しく解説した記事もありますので貼っておきます。

プライスター

✓プライスターの概要
  • おすすめ度:★★★★★
  • 価格:月額5,280円(税込)
  • 無料お試し:30日間
  • 機能:価格の自動調整や売上管理の簡素化

プライスターは、多くのAmazonセラーに愛用されている定番のツールです。せどりをビジネスとして継続的に取り組んでいる人なら、ほとんどの人が使っているのではないかと思います。

Amazonを運営していく上で、あらゆる管理や作業における負担を軽減してくれるので、月額4,800円を支払うことが可能ならば、確実に導入しておきたいレベルです。

機能の詳細については、公式サイトにてご確認ください。

なお、プライスターについては別で解説記事も書いていますので、下記に貼っておきます。

セドリオン Pro【電脳せどり専用ツール】

✓セドリオン Proの概要
  • おすすめ度:★★★★☆
  • 価格:月額12,800円(税込)
  • 無料お試し:10日間
  • 機能:ネット仕入れにおける価格差の自動抽出

セドリオンはネット仕入れのリサーチ作業を、ある程度自動で対応してくれるツールになります。

個人的に「仕入れ系」の有料のせどりツールでは唯一おすすめしているツールです。

とは言え、セドリオンがないと、せどりで稼げないかと言えば、そういうわけでもないので、おすすめ度は星4つに留めておきました。

また、月額費用が高めに設定されている点は、ネックになるでしょう。10日間の無料お試しができますので、あなたにとって価格にみあった価値があるかどうか、見極めていただくと良いでしょう。

機能の詳細については、公式サイトにてご確認ください。

有料ツールを使わずに電脳せどりで稼ぐ方法をまとめた記事も下記に貼っておきます。まずは無料でチャレンジしてみるのも良いでしょう。

トレジャーパーフェクト

✓トレジャーパーフェクトの概要
  • おすすめ度:★★☆☆☆
  • 価格:月額3,980円(初月のみ9,800円)
  • 無料お試し:なし
  • 機能:プレミア商品の抽出

トレジャーパーフェクトはプレミア化している商品を抽出するツールとなっています。

機能面に対する月額も比較的安いとは思うのですが、お試し期間がないため、初心者の方は手が出しにくいでしょう。そのため、おすすめ度は星2つとしておきます。

機能の詳細については、公式サイトにてご確認ください。

マカド!

✓マカド!の概要
  • おすすめ度:★★☆☆☆
  • 価格:月額4,980円
  • 無料お試し:30日間
  • 機能:価格の自動調整や売上管理の簡素化

マカド!の機能自体は悪いものではありませんが、ほぼ同じ機能なら、個人的にはプライスターをおすすめしているため、こちらのおすすめ度は星2つとさせていただきました。

とは言え、プライスターもマカド!も無料お試し期間がついているので、実際に両方を使って比べてみるのもありかなと思います。

機能の詳細については、公式サイトにてご確認ください。

マカド!については別途解説記事も書いていますので下記に貼っておきます。

Cappy

✓Cappyの概要
  • おすすめ度:★★☆☆☆
  • 価格:月額4,980円
  • 無料お試し:最大60日間
  • 機能:価格の自動調整や売上管理の簡素化、サンクスメール送信

こちらも、Amazonの管理ツールになりますが、サンクスメールの送信機能がついている点が特徴になります。

サンクスメールの送信によって、ストア評価の獲得がしやすくなるのでメリットではありますが、数が多くなければ手動で送ることはできるので、最初のうちは、あまり必要にはならないでしょう。そういったことを踏まえて、おすすめ度は星2つです。

機能の詳細については、公式サイトにてご確認ください。

せどり有料ツールの比較表も載せておきます

上記にて、ご紹介してきた有料のせどりツールについて、改めてまとめて比較表にしておきます。ご検討に際に、参考にしていただければと思います。

※下記の表は右にスライドしていただけます。

ツール名主な機能支払い形態無料おためし期間価格対応PC良い口コミ悪い口コミ
セラースケットリサーチ機能/アカウント停止防止※アマゾン新規アカウントにおいて導入推奨/価格改定月額課金制20日間2,980円〜Windows/Mac リサーチ、アカウントのリスク管理、仕入れ管理、価格改定などを一元管理できる点に大きな価値を感じる※現状ネガティブな意見は見受けられません
セドリオン Proネット仕入れにおける価格差の自動抽出月額課金制10日間12,800円(税込)Windows/Macリサーチ時間が短縮され重宝している仕入れる商品がライバルとかぶることがある
トレジャーパーフェクトプレミア商品の抽出月額課金制なし3,980円(初月のみ9,800円)Windowsプレミア商品が把握できるので目利きができるようになるネット仕入れでは商品が見つかりにくい
プライスター価格の自動調整や売上管理の簡素化月額課金制30日間4,800円Windows/Mac出品作業やAmazonの管理がラクになった月額が高い
マカド!価格の自動調整や売上管理の簡素化月額課金制30日間4,980円Windows/MacAmazonの管理がラクになった同じ機能を求めるならプライスターの方が使いやすい
Cappy価格の自動調整や売上管理の簡素化月額課金制最大60日間4,980円Windows/Macサンクスメールで評価獲得がしやすくなった月額が高い

有料ツールに関しては、初期のうちは無理に導入する必要はありません。

せどりである程度の収益を安定的に得られるようになったら、作業負担軽減のために、導入していくという感じが良いと思います。

使えないせどりツールもご紹介【番外編】

最後に番外編として、使えないせどりツールもご紹介しておきます。

よくせどり系のブログでおすすめされているけど、実際は使えないというものです。

フリマウォッチ

✓フリマウォッチの概要

フリマウォッチは、条件を設定しておくことで、条件にマッチした商品がフリマアプリ上に出品された時に、通知してくれる、スマートフォンのアプリになります。

主にメルカリでの仕入れにおいて、フリマウォッチの活用をおすすめしている人は多いのですが、そもそもメルカリでの仕入れがほとんど違法に該当するため、本ツールもメルカリ仕入れで使うことはおすすめしません。

メルカリせどりは、匿名で取引されることも多く、古物営業法で定められた非対面取引における本人確認の要件が、ほぼ間違いなく満たせないため、違法に該当するケースがほとんどです。

フリマウォッチというアプリ自体は便利だと思うのですが、上記の理由からせどりで使うことはおすすめできません。

しっかりとした知識を持って、せどりに取り組んでいきましょう。

サヤ取りせどらー最終バージョン

✓サヤ取りせどらー最終バージョンの概要

サヤ取りせどらー最終バージョンも、電脳せどりツールとして頻繁に紹介されているツールですが、現在は販売すら中止されているツールです。

おそらく電脳せどり系のツールでは、いちばん有名なのではないかなと思いますが、現在は使うことはできませんので諦めましょう。

フリマハッカー

フリマハッカーも電脳せどり系のツールとして、よく紹介されていますが、現在は販売されていないツールとなっています。

そもそも、メルカリ仕入れを前提にしたツールであったので、古物営業法の非対面取引における本人確認の要件が満たせないという観点からも、おすすめできないものになります。

メルカリ仕入れにそういったリスクがなく、ツールが販売されていた時代には、実際おすすめできたツールなのですが、現在は使えませんので諦めましょう。

まとめ:初期段階でのおすすめせどりツールは2つだけ【2020年現在】

まとめますと、初期段階でのおすすめせどりツールは2つだけです。

✓初期段階でのおすすめせどりツール
  • モノレート
  • FBA料金シミュレーター

とりあえずは、この2つの無料ツールでせどりに取り組むことはできます。

そしてある程度の収益を稼げるようになったら、Amazon管理の有料ツール「プライスター」を導入しましょう。

また、せどりの「おすすめスマホアプリ」についてまとめた記事もありますので、下記の記事もあわせて参考にしていただければと思います。

これから仕入れにチャレンジする初心者の方は下記の記事もチェックしておきましょう。

それでは、本記事は以上です。最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

【無料E-Book】なぜ多くのせどり初心者は
挫折してしまうのか?

私が開始初月から利益7万円を稼いだ○○せどりの方法をまとめました

・70円仕入れ →2,200円販売

・300円仕入れ →4,500円販売

そんな実例もある初心者でも実践しやすい
高利益率の商品ジャンルを教えます。

この記事を書いている人 - WRITER -
長谷川ヒロヤ