Amazon物販で副収入50万円/月を稼ぐHIROYAのブログ

5分で出来る!儲かる商品をあぶり出す最も確実性の高い仕入れ手順はこちら

電脳せどりスマホ術|スキマ時間の仕入れとインプットで稼ぎ倒す方法

WRITER
 
電脳せどりスマホ仕入れ
この記事を書いている人 - WRITER -
HIROYA
副業せどりで月収50万円以上を稼ぎ続ける平凡なサラリーマン。
僕と同じサラリーマンの方や、主婦の方など副業でせどりを実践される方向けに「少ない時間で大きく稼ぐ!」をモットーとして、せどりの稼ぎ方をお伝えしています。

スマートフォンの普及により、
ネットビジネスはさらに稼ぎやすい業界になりました。

 

電脳せどりも例外ではありません。

 

この記事では、電脳せどりにおける
スマホの活用術についてお話します。

 

スマホを使うか使わないかで
数十万単位で稼げる金額が変わりますので
スマホをフル活用していきましょう。

 

 

電脳せどりはスマホ仕入れならスキマ時間で稼げる

 

電脳せどりにおいてスマホが大活躍する場面は
やはり「仕入れ」です。

 

スマートフォンで仕入れをすれば
数分のスキマ時間を使うだけ
仕入れを完結させることが出来ます。

 

これは副業で電脳せどりをやるなら絶対に取り入れるべき手法です。

 

忙しく仕入れに行っている時間がないという場合も、
スマホならスキマ時間を使うだけですので
仕入れに行けずに困ることはなくなります。

 

僕の場合は、通勤時間やランチの時間を使って
仕入れをすることが多くなっています。

 

家にいる時も無理にパソコンで仕入れをする必要はないので
ベッドやソファに横たわってスマホで仕入れることも可能です。

 

電脳せどりが、スマホの普及によって稼ぎやすくなったというのは
このようなスキマ時間仕入れが可能になったことが大きな要因です。

 

 

電脳せどりのインプットにスマホを使う

 

僕は、通勤時間やランチの時間を仕入れ以外の時間に充てることがあります。

 

それはインプットの時間です。

 

つまり、ビジネスのことや電脳せどりのことを学ぶ時間です。

 

スマホを使えば、インターネットでの情報収集はもちろん
メールの閲覧も可能ですし、PDFの閲覧も、動画の視聴も可能です。

読書をするというのも大事なインプットのひとつです。

 

スマホがあるだけで、通勤時間やランチの時間が
稼ぐための知識をつける貴重な時間となり
日々の積み重ねで大きく成長することが出来ます。

 

スマホで学んでいると、重要なことは
スマホのメモに書き留めておいたり
画面キャプチャを保存したりも出来るので
インプットの環境としてスマホはオススメです。

 

電脳せどりを始める前の僕は
主にゲームや音楽を聴くことにスマホを使っていましたが
今では使い方がガラッと変わりました。

 

それでもリフレッシュは必要なので
たまには好きな音楽を聴いたりすることもあるんですけどね。笑

 

 

 

スマホといえばアプリですよね。

電脳せどりで使えるスマホアプリもあるので紹介しますね。

 

電脳せどりは商品リストで稼ぐ

 

スマホを使った仕入れについてですが
より効率的に仕入れるためには商品リストの作成が不可欠です。

 

スマホでイチから商品リサーチをするのは
小さい画面で出来る作業が限られるので
あまりオススメしていません。

 

一番ベストな方法は

・パソコンで商品を探して、儲かる商品リストを作成

・リストの商品をスマホで繰り返し仕入れて稼ぐ

というかたちです。

 

※商品リストの活用術については下記の記事が参考にしていただけます。

 

電脳せどりは商品リストさえ作ってしまえば
買い物感覚での仕入れが可能になります。

 

ぜひ商品リストとスマホという武器を使って
電脳せどりで稼ぐ仕組みを作っていきましょう。

 

電脳せどりのすべてを身に付けたいという方は
下記の記事がおすすめです。

 

 

 

 

 

僕が月収50万円を稼げるようになるまで歩んできた道を
そっくりそのまま、あなたにも歩んでいただきます。

メールマガジンで僕からあなたへ直接「せどりで自由な人生を手にする方法」を伝授します。

この記事を書いている人 - WRITER -
HIROYA
副業せどりで月収50万円以上を稼ぎ続ける平凡なサラリーマン。
僕と同じサラリーマンの方や、主婦の方など副業でせどりを実践される方向けに「少ない時間で大きく稼ぐ!」をモットーとして、せどりの稼ぎ方をお伝えしています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください