このページでは、

無料ツール(ウェブサイト)のモノレートを使った電脳せどりの仕入れの方法と

確実に稼げる商品を見極めるためのコツについてお話していきます。

 

 

僕が実践する電脳せどりというノウハウでは

インターネット上で商品を仕入れていくかたちになります。

 

仕入れ対象となる商品は様々で

僕の場合は、家電を中心

あらゆるジャンルの商品を扱っているんですが

 

 

家電以外で主に仕入れているのが

CD、DVD、ゲーム、ホビー(おもちゃ)なんかですね!

 

このように、僕はいろんなジャンルの商品を扱った

電脳せどりで稼いでいるんですが

実は、ジャンルが違っても

仕入れのやり方は基本的に変わりません。

 

ですので、このページでお伝えする

儲かる商品の見極め方を完全にマスターしていただければ

あなたが、今後どんなジャンルを扱ってせどりで稼いでいこうとも

確実に利益の出る商品を見極めることが出来るようになります。

 

あなたも、モノレートの使い手になって

確実に稼げるせどりを自分のものにしていきましょう!

 

はっきり言って、

モノレートを制するものはせどりを制す

と言っても過言ではないくらい重要なテクニックなりますので!

 

 

 

 

せどりの仕入れに欠かせない「モノレート」を使う方法とは?

 

僕はせどりの仕入れをする時は、

必ずモノレートを使って行います。

 

現在は電脳せどりをメインに稼いでいるので

店舗仕入れを行うことは

以前に比べてかなり少なくなってきましたが

モノレートを使った儲かる商品を見極める方法を覚えておけば

店舗仕入れでもフル活用することが出来るので

せどりで稼いでいくために、欠かせないノウハウになります。

 

 

モノレートというのは、無料で誰でも簡単に使えるサイトのことで

Amazonに出品されている商品のランキング推移や

最安値の価格推移など、過去にさかのぼって確認することが出来るサイトです。

 

 

つまり、気になる商品を見つけたら

モノレートで検索することで

その商品が過去にどれくらいの頻度で売れているのか

また過去にいくらぐらいの価格で売れているのか

ということが丸分かりになるということですね!

 

 

つまり、せどりというビジネスは

仕入れる前に、儲かる商品かどうかをモノレートで判別して

本当に仕入れるべきかどうかを見極めることが出来るので

確実に利益を出していけるビジネスということです。

 

 

利益が出ると分かれば仕入れれば良い。

利益が出ないと分かれば仕入れなければ良い。

 

ただそれだけのことなんですね!

 

 

 

せどりというビジネスを支えている大黒柱「モノレート」は

下記のリンクをクリックしていただければすぐにアクセス出来ます。

今のうちにお気に入りやブックマークに追加登録しておきましょう!

 

→モノレートはこちらをクリック!

 

※以前は「Amashow(アマショウ)」という名称でした。

そちらで耳なじみのある方もいるかもしれませんね!

 

 

 

万能すぎるせどりテクニック!モノレート仕入れ方法論とは

 

これは、冒頭でも申し上げたのですが

モノレートを使った仕入れ方法をマスターすれば

家電せどりであろうが、CDせどりであろうが、ホビーせどりであろうが

はたまたDVDせどりであろうが、ゲームせどりであろうが

どんなせどりノウハウにも応用を効かせて

仕入れが出来るようになります。

 

 

もっと言えば電脳せどりの仕入れだけに限らず

店舗仕入れをやる場合でも、

モノレートを使った仕入れ方法は全く変わらないのです。

 

 

商品のジャンルや仕入れ方法に関係なく

どんなせどりノウハウでもフル活用出来る

まさに究極の仕入れ術ということです。

 

 

モノレートを使った仕入れをあなたのものにすることで

あらゆるジャンルの商品を同時に仕入れることも可能になりますので

仕入れの幅が一気に広がり、その分収入も大きく伸びていきます!

 

 

 

モノレート仕入れでチェックすべきポイントは2つ

 

モノレートで商品のデータをチェックして仕入れる時に

チェックするべき重要なポイントが2つあります。

 

それは・・・

 

  • 仕入れ値より高く売れるかどうか
  • 商品が売れるかどうか、またどのくらいの期間で売れるか

 

以上の2つです。

 

逆に言えば、たったこれだけをチェックすればOKということです。

 

まず、せどりというビジネスは

仕入れた商品を仕入れ値より高く売らなければ

当然、利益を残すことが出来ません。

 

ですので、仕入れ値より高く売れるかどうかを確認します。

 

 

そしてもう一つ重要なことは

いくら価格差のある商品を仕入れたとしても

その商品が売れなければ意味が無いということです。

 

 

ですので、商品が売れるかどうか

またどのくらいの期間で売れるかどうかを確認します。

 

 

モノレートを使って

この2つの条件を満たしているかどうかを確認し

条件をクリアした商品を仕入れるだけで、

どんなジャンルの商品であろうと利益を上げることが出来ます。

 

 

続いては、この2つの条件を満たしているかどうかを

モノレートで確認する具体的な方法についてご説明しますね!

 

 

 

 

 

仕入れ値より高く売れるかどうか確認する方法

 

5,000円で仕入れた商品を

5,000円で売ったところで1円も稼ぐことは出来ません。

 

でも、もし8,000円で売ることが出来れば

3,000円の利益が残ります。

 

さっきも言ったように、当たり前のことなんですが

せどりというビジネスは仕入れ値と売り値の価格差がある商品を仕入れなければ、

利益を残すことは出来ません

 

僕の実践する電脳せどりでは、

仕入れた商品をAmazon(アマゾン)で販売していきますので

Amazonの価格と比較して、

価格差があるかどうかをチェックする必要がある訳ですね!

 

では、以下の手順で確認していきましょう!

 

 

(1)モノレートで商品を検索

 

 

検索方法はジャンルごとにコツがあります。

 

■CD・DVD・ゲーム・ホビーの場合

バーコードリーダーでJANコードを読み込む方法が一番かんたんです。

バーコードリーダーがない場合は「規格番号」を手入力で入れましょう。

それでも商品が出てこない場合や、

複数同じ商品が出てくる場合は、JANコードを手入力すれば

間違った商品を検索してしまうミスも防げます。

 

■家電・ゲーム周辺機器 の場合

シンプルに「型番」または「商品名」で検索するのがベストです。

 

すべてのジャンルに共通することとして

ケースや箱がなく、JANコードや型番が分からない場合は

商品名で検索するしか方法はありません。

 

ただし、CD、DVD、ゲームを

商品名で検索する場合は特に注意が必要です。

 

これらのジャンルでは、

同じ商品がリメイクされ再販しているケースがあるので

見た目がほとんど同じ商品が、複数出てくることがあるんですね。

 

商品名や外見からもよく見ていただければ違いはあるはずなので

確実に同じ商品、同じバージョンの商品をチェックするように

注意して検索しましょう!

 

「規格番号」や「JANコード」で検索出来る時は

確実に探している商品がヒットしますので

このような間違いは起こらないので

安心ということですね!

 

 

②該当の商品が検索結果に出てきたら、商品の写真か商品名クリックして詳細画面へ進みます。

 

 

 

 

③Amazonの中古品の最安値からチェックしてみましょう。

※今回は仕入れようとしている商品が中古品と仮定して話を進めます。

 新品の場合はモノレートの見方が少し変わるので

 下記の記事を参考にしてください。

→新品の場合の確認方法はこちらの記事で解説します。

 

 

 

Amazonの最安値より安い価格で仕入れることが出来れば

当然、1つ目の条件は満たしていることになるんですが

 

最安値より仕入れ値が高いという場合でも

まだ諦めるのは早すぎます!

 

 

何故なら、

商品は必ずしも最安値じゃないと売れないということはなく

最安値以上の価格で売れる可能性もあるからです!

 

 

この考えはせどりで稼ぐ上で非常に重要です。

 

例えばあなたが、CDを仕入れようとしているとします。

 

仕入れようとしているCDは、

ケースにキズもなく盤面も綺麗な状態だとしましょう。

 

これが1,500円で仕入れることが出来るとしますよね。

 

一方、Amazonの最安値は1,000円です。

 

 

Amazonの最安値と仕入れたい商品の価格差は

マイナスになりますので

仕入れたら損をしてしまうと思いますよね?

 

 

ところが、Amazonの最安値の商品コメント(説明文)を読んでみたところ

「ケースが無く盤面にキズありと」と書かれていたらどうでしょうか?

 

 

あなたが、1,500円で仕入れようとしているCDの方が、

ケースも盤面も綺麗な状態なので

同じ中古でも、明らかに価値が高いわけです。

 

 

CDを買う人が

必ずしも1番安い出品者から買うとは限りません。

 

高くても状態の良い商品が欲しい人もたくさんいます。

 

 

例えば、好きなアーティストやアイドルのCDなら

コレクションとして買う人もたくさんいますので

そういう人は、むしろ値段は度外視で良いので

状態の良い綺麗なCDが欲しいと考えています。

 

 

あなたが仕入れようとしているCDの

適切な売り値を確認するためには、

最安値以外の、他の出品者の商品コメントも確認する必要がありますね!

 

そして、あなたが仕入れようとしているCDと

同等の状態の商品を探して、その出品価格を確認すれば

大体いくらくらいで売れそうかということが分かります。

 

先ほどのCDの例で言うと、

もし、ケースにキズもなく盤面も綺麗な状態の商品が

3,000円で販売出来るということが分かったら

1,500で仕入れたとしても利益を取ることが出来ますよね!

 

 

このようなケースは、CDだけに限ったことではなく

CD以外のせどりジャンルにおいても

同じ事がありえるということです。

 

例えば

DVDに初回特典のCDや関連グッズが付属している場合や

ビデオデッキに電源コードやリモコンが付属している場合など

同じ商品でも、付属品の有無によって

価値が変わることは良くあるケースですね!

 

 

ちなみに、Amazonでは商品のコンディションを

「可」「良い」「非常に良い」「ほぼ新品」「新品」

の五段階から指定することができますが、

 

コンディションだけを見て売り値を判断するのは止めましょう。

 

コンディションは、出品者自身の主観で設定するものなので

出品者の感覚で、「非常に良い」という判断がされた商品でも

 

買う側の感覚で見た場合、

必ずしも「非常に良い」レベルであるとは限りません。

 

 

商品説明の文章は共通の言語になりますので

商品状態に関する認識の相違が生じにくいという訳ですね!

 

 

商品説明の確認は少し面倒に感じるかもしれませんが、

実際、これが出来ていないライバルは結構多いんですね。

 

ライバルがめんどくさがってやらないことをやるからこそ

ライバルに差をつけて稼ぐチャンスがあると考えましょう!

 

ライバルがやらないことを、あなたはやることで

確実に収入アップに直結します。

 

 

また、利益額を計算する時に忘れてはいけないのが

「手数料」を含めた利益計算です。

 

最終的な利益額の計算は、

販売価格から仕入れ価格を引いた金額から

さらにAmazonの手数料を引いて計算しなければなりませんよね。

 

Amazonの手数料については

「FBA料金シミュレーター」を使って確認しましょう。

⇒FBA料金シミュレーターはこちら

 

 

FBA料金シミュレーターでは、

販売手数料はもちろんのこと、FBAを使用した場合にかかる各種手数料など

発生する手数料はすべて算出してくれます。

 

※FBAって何?という方は下記の記事を参考にしましょう!

⇒FBAをフル活用して仕入れに集中する電脳せどりテクニック

 

以上が、仕入れ値以上の価格で売れるかどうかの確認方法でした!

 

続いては、商品が売れるかどうか

またどのくらいの期間で売れるかの確認に進みます。

 

 

 

 

商品が売れるかどうか、どのくらいの期間で売れるかの確認方法

 

いくらAmazonとの価格差が大きい商品を仕入れても、

そもそも商品が売れなければ赤字になってしまいますよね!

 

もしくは、売れたとしても

それが半年後や1年後になったら

継続的に稼ぐことはできません。

 

そもそも売れる商品なのかどうか

その商品に需要があるかどうか、

さらに、どのくらいの期間で売れる商品なのか

ということを確認しておく必要がありますよね!

 

これらを確認するためには

モノレートのランキング変動グラフをチェックしていきます。

 

 

 

 

赤枠で囲ったところがランキング変動グラフになります。

 

ランキングの動きをみる理由としては

ランキングが上がったということは、商品が売れたことを意味するからですね!

 

グラフを見てください。

グラフの線が急降下しているところがいくつかありますよね。

 

これはランキングが上昇したポイントになります。

つまり、ここが商品が売れたタイミングということが読み取れるわけです。

 

 

要するに、この急降下が起きている回数を数えれば

およそどのくらいの期間で売れる商品なのかを

あらかじめ予測することができるんですね!

 

上記のランキング変動グラフの場合は、

赤丸で囲ったところが商品が売れたタイミングになります。

 

急降下の回数を数えてみましょう。

 

すると過去3ヶ月の間に

40回くらいランキングが上がっていることが分かります。

 

つまり、この商品は

3カ月の間に40回くらいは売れる商品

ということになりますね!

 

 

取れる利益の大きさにもよりますが、基本的には

1ヶ月以内に売れる商品を

仕入れるべき回転率(商品が売れる頻度のこと)の基準と考えましょう!

 

上記のランキング変動グラフのでは、

1ヶ月単位に直すと13個くらいは売れる計算になりますので

十分に仕入れ対象になると考えて問題ないですね!

 

特にせどりを始めたばかりの頃は、

資金を早く回してどんどん資金を膨らませていくことが大事なので

売れるまでの期間はとにかく早い方が良い訳です。

 

 

ただし、ここでもひとつだけ注意点があります!

 

それは、1ヶ月以内に売れるかどうかを判断する時は

グラフの急降下が、1ヶ月に1回起きていれば良い

という訳ではないということです。

 

 

何故なら、その商品自体が1ヶ月に1個売れる商品だとしても、

その1個で、必ずしもあなたの商品が売れるとは限りませんよね。

 

ライバルが全くいない商品で

出品者があなた一人だけの場合であれば問題ありませんが

 

1ヶ月以内に売ることができるかどうかは

出品者の数も考慮して判断することが出来ればベストということです。

 

とは言え、目安にする数値はあった方が分かりやすいと思いますので

1ヶ月の間にに5回以上売れている商品を狙っていけば

出品者の数がよほど多くない限りは

問題ないと考えておきましょう。

 

 

以上が、「商品が売れるかどうか、またどのくらいの期間で売れるか」を

確認する方法でした!

 

 

 

 

モノレートを使った万能な仕入れ方法のまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

このモノレートを使った仕入れ方法を完全にマスターしておけば

せどりのノウハウの5~6割は身に付いたと言っても過言ではありません。

 

それくらい重要なテクニックになるんですね!

 

繰り返しの説明にはなりますが、

今後、どのジャンルを扱ってせどりに取り組んでいくにしても

また、電脳仕入れをやるにしても店舗仕入れをやるにしても

 

モノレートを使って儲かる商品を見極める方法は

一貫して変わることはありませんので

あなたもモノレート使いになって、

正しいやり方でガンガン商品を仕入れていきましょう!

 

⇒電脳せどりの全てをマスターしたい方にはこちらの記事もオススメです。

 

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!