【無料E-Book】なぜ多くの初心者は挫折してしまうのか?→下記ボタンからLINE友だち追加でプレゼント

副業のためのせどりビジネス実践方法

なぜ9割のせどり初心者は挫折するのか?

【確実に見極める】せどりの利益商品の見つけ方とリサーチ方法

 
この記事を書いている人 - WRITER -
長谷川ヒロヤ

 

せどりのリサーチ方法が知りたい人「せどりってどうやって利益商品を見つけるのかな。再現性の高いリサーチ方法があったら教えてください。」

そんな方に向けて記事を書きます。

 

本記事を読むと分かること
  • せどりで利益商品を判断する方法がわかる
  • せどりのリサーチのコツがわかる

 

本記事を書いている僕は、せどり歴5年以上。現在は副業せどりコンサルタントとして、せどりの稼ぎ方を教えることをメインに活動中です。

ちなみに副業時代に下記のようなアマゾン売上実績があります。

そういった経験にもとづき、本記事では「せどりのリサーチ術」を解説します。

 

せどりの利益商品の見つけ方とリサーチ方法

本記事では、せどりの利益商品の見つけ方とリサーチ方法について解説します。

 

リサーチツールが必須です

まず、せどりで利益商品をみつけるには、リサーチツールが必須です。

リサーチツールは有料です。でも、リサーチツールがないとせどりの仕入れはできないので、必要経費だと思ってください。

 

リサーチツールの選択肢はいくつかあります。

大まかな機能は同じなので好みで選んでいただいてOKです。

 

どれを選んでも月額2,000円くらいかかります。

 

迷ったらニュータイプデルタトレーサー

ニュータイプデルタトレーサーは、国内ツールなので使いやすいです。

解説記事も貼っておくので検討材料にどうぞ。

 

なにはともあれリサーチツールがなければ始まりません。

リサーチツールの準備ができたら下記に進んでください。

 

リサーチツールで利益商品を判断する方法

それでは、リサーチツールで利益商品を判断する方法を解説します。

利益商品だけを仕入れるようにすれば、せどりは確実に稼げます。

 

商品を特定する

まずはリサーチツールで商品を特定します。

 

特定の仕方は2通り
  • スマホアプリのカメラ機能で検索
  • WEB版で検索

 

スマホアプリのカメラ機能で検索

店舗で仕入れをする時は、コレがおすすめ。

リサーチツールのアプリには、カメラでバーコードを読み取る機能がついていて、それで商品を特定できます。

 

WEB版で検索

ネットで仕入れをする場合は、この方法になります。

商品名、型番、JANコードなどを入力して検索することで、商品を特定します。

 

利益商品かどうかを確認する

商品が特定できたら、利益商品かどうかを確認します。

つまり、仕入れたら儲かる商品かどうかを、仕入れ前に確認するわけです。

 

確認すべきポイントは2つ

下記2つの条件を満たす商品だけを仕入れるようにすればOK。

利益商品の「条件」です。

  • 仕入れ値より高く売れるかどうか
  • ちゃんと売れる商品かどうか

 

仕入れ値より高く売れるかどうか

せどりは商品を安く仕入れて高く売るビジネスです。

なので、仕入れ値より高く売れる商品を見つけなくてはいけません。

たとえば、5,000円で仕入れた商品を1万円で売れば、5,000円稼げますよね。

 

基本は「アマゾン最安値」を見る

アマゾン最安値で売る前提で仕入れるのが基本です。

 

中古品はより詳しく見る

ただし、中古品はわけが違ってきます。

最安値じゃなくても売れる商品があるからです。

 

中古品は下記の要素で、価格が決まります。

  • 商品の状態(損傷の有無)
  • 付属品がどこまでそろっているか

 

たとえば、アマゾンの最安値が3,000円でも、状態の悪い商品かもしれません。

すると、状態の良い商品を仕入れれば、5,000円で売れる可能性もあります。

 

同等コンディションの価格を目安にする

中古品の場合は、仕入れようとしている商品の状態と付属品を確認しましょう。

そして同じくらいの商品が、アマゾンでいくらになっているかを確認します。

 

リサーチツールの中古を押せば、、、

アマゾンに出ている中古品が一覧表示されます。

せどりのリサーチ方法

 

ちゃんと売れる商品かどうか

売れるかどうかはランキンググラフから判断します。

結論、グラフの線がギザギザと激しく上下に動いているものは、よく売れている商品です。

 

アマゾンで商品が売れるとランキングが上がります。

ランキングが上がるとグラフの線が動きます。

 

グラフの線が動いた回数だけ売れている

つまり、グラフの線が何回動いたかを数えればいいだけです。

過去3ヶ月で40回動いていたら、3ヶ月で40個売れる商品になります。

 

デルタトレーサーは数値化してくれる

なお、ニュータイプデルタトレーサーは自動的に数値化してくれます。

グラフの線を見るのが面倒なら、ニュータイプデルタトレーサーを使いましょう。

 

せどりでリサーチすべき商品と場所

続いては、せどりでリサーチすべき商品と場所についてです。

利益商品の判断方法が理解できたら、さっそく利益商品をさがしてみましょう。

 

リサーチ対象の商品ジャンル

せどりでは下記のような商品をリサーチします。

  • 家電
  • ゲーム
  • おもちゃ
  • CD
  • DVD/ブルーレイ
  • ヘルビ(ドラッグストア系の商品)

 

あとは「場所」で見ていけばOK

リサーチする商品が大まかに分かったら、あとは場所で見ていきます。

闇雲にリサーチしても利益商品は見つかりません。見つかりやすい場所に絞ってリサーチしていくのがコツです。

 

下記の3点を意識してリサーチしましょう。

  • セール品を見る
  • 値下げ幅の大きい商品を見る
  • 仕入れ先ごとの「リサーチポイント」を見る

 

セール品を見る

セールコーナーは安く仕入れができる鉄板の場所です。

特に狙い目なのがワゴンセール。ワゴンは見つけたら必ずチェックしてください。

 

値下げ幅の大きい商品を見る

値下げ幅は、セール値札をめくって確認します。

ヤマダ電機せどりの元値確認

元値から大きく値下げされている商品は利益が取れる可能性があります。

 

仕入れ先ごとの「リサーチポイント」を見る

仕入れ先ごとに「利益商品が見つかりやすい場所」は決まっています。

たとえば「ドンキホーテならここ!」「ヤマダ電機ならここ!」という狙い目の場所があるのです。

 

リサーチポイントは別記事にて解説

仕入れ先ごとの攻略法を解説した記事を貼っておきます。

店舗仕入れとネット仕入れの2記事あるので、参考にどうぞ。

 

まとめ:せどりのリサーチは「経験」が重要です

まとめます。

せどりのリサーチは経験が重要です。

 

ぶっちゃけ最初は苦戦する

ぶっちゃけ最初はリサーチに苦戦すると思います。

利益商品が見つからなかったり、見つかってもちょっとしか利益の出ないものだったり、、、そんなのはよくあります。

 

あとは場数を踏んでいくだけ

とはいえ、最初からカンタンに稼げるビジネスなどありません。

まずは練習のつもりで頑張ってみましょう。

場数を踏んでいけば、商品知識や相場感が勝手に身についていきます。

 

スキルアップすればリサーチは簡単です

商品知識や相場感がついてくれば、リサーチは簡単になります。

利益商品がサクサクと見つかるようになるので、この領域までスキルアップをめざしましょう。

 

まずはひとつ、利益商品を見つけだすことを目標に取り組んでみてくださいね!

 

それでは、本記事は以上です。最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

【無料e-book】なぜ9割のせどり初心者は挫折してしまうのか?

僕が開始初月から7万円を稼いだせどりの手法をまとめました

・70円仕入れ →2,200円販売

・300円仕入れ →4,500円販売

そんな実例もある
高利益率の商品ジャンルを教えます。

この記事を書いている人 - WRITER -
長谷川ヒロヤ
e-book「なぜ9割のせどり初心者は挫折してしまうのか?」
無料で手に入れる
e-book「なぜ9割のせどり初心者は挫折してしまうのか?」
無料で手に入れる