【無料E-Book】利益率60%超え!○○せどりの全手法→LINE友だち追加でプレゼント(LINEボタンをタップ)

副業のためのせどり&転売ビジネスの稼ぎ方

なぜ多くの初心者は挫折してしまうのか?→理由はこちら

せどりで儲かる商品をリサーチする方法とコツ【簡単にできる】

HIROYA
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
HIROYA
HIROYA
副業せどりで月商200万超え、利益にして月50万円以上を稼ぐサラリーマン。素顔は野球、サッカー、音楽が趣味のふつーのアラサー男子です。僕と同じサラリーマンの方や主婦の方といった副業でせどりを実践される方を対象に「少ない時間で大きく稼ぐせどり」をお伝えしています。利益うん百万円という実績はありませんが、堅実に稼げる再現性の高い手法を公開中です。
せどりのリサーチ方法が知りたい人「せどりってどうやって儲かる商品を見つけるのかな。おすすめのリサーチ方法があったら教えてほしいな。」

そんな方に向けて記事を書きます。

✓本記事を読むと分かること
  • せどりで儲かる商品を判断するための基礎が分かる
  • 利益商品の判断方法が分かる

この記事を書いている僕は、せどり歴5年以上。現在は、副業せどりコンサルタントとして、せどりの稼ぎ方を教えることをメインに活動中です。

そういった経験に基づき、せどりで儲かる商品をリサーチする方法について解説します。

せどりで儲かる商品をリサーチする方法とコツ

本記事では、せどりや転売ビジネスにおける、DELTA tracer(デルタトレーサー)を使った儲かる商品のリサーチ方法をお伝えしていきます。

「せどりの仕入れはデルタトレーサーの使い方がすべて」といってもいいくらい重要な役割を担うものです。

せどり実践者に長らく愛用されてきたモノレートは2020年6月いっぱいでサービス終了となりました。本記事では、モノレートの代替ツールとして「デルタトレーサー」を使うかたちでリサーチの方法を解説していきます。なお、モノレート終了に伴う代替策、代替ツールについて解説した記事もありますので、気になる方は下記の記事も確認しておいてください。

なお、デルタトレーサー以外にも、上記記事でご紹介している「Keepaの有料版」を使うかたちでも、利益商品のリサーチは可能です。

せどりというビジネスは、商品を安く仕入れて高く売ることで利益を得ていくわけですが、ただ闇雲に商品を仕入れるだけでは稼ぐことはできません。

仕入れる前の段階で、デルタトレーサーを使って「儲かる商品かどうか」を見極めながら仕入れることで、赤字になることを未然に防ぎつつ確実に収益をあげていくことができるわけです。

DELTA tracer(デルタトレーサー)の使い方【仕入れ可否を判断】

それでは、具体的なデルタトレーサーの使い方について解説していくことにします。ひとまず、下記からデルタトレーサーにアクセスして、ブックマークしておきましょう。

✅せどり仕入れに必須のサイト:デルタトレーサーはこちらからアクセス

それでは、デルタトレーサーを使ったせどりのリサーチ術を身につけて、「仕入れたけど売れない」「仕入れたけど赤字になった」などのリスクを避けながら仕入れる方法で実践していきましょう。

デルタトレーサーを使ってできること【アマゾンせどりはグラフがすべて】

まずは「デルタトレーサーを使うことで具体的に何ができるのか?」というお話からしていきます。

結論としては「せどりで儲かる商品が分かる」ということなんですが、さらに具体的に掘り下げると下記のとおりです。

✓せどりで仕入れたら儲かる商品の定義
  • Amazonで販売したら「価格差が取れる」商品
  • Amazonに出品したら「ちゃんと売れる」商品

せどりで儲かる商品は、つまりこの2つの条件を満たす商品ということになります。

価格差のない商品を仕入れてしまったら利益は残りませんし、価格差のある商品を仕入れても売れなかったら意味がありませんよね。

なので、仕入れたけど稼げないという状況を避けるために、仕入れる前の段階で、この2つの条件を満たしている商品かどうかをチェックするわけです。

デルタトレーサーを使うと下記のことが分かります。

✓デルタトレーサーを使うことで分かること
  • 商品を仕入れたら「いくらで売れるのか?」
  • 商品を仕入れたら「何日くらいで売れるのか?」

つまり、利益と売れるまでのスピードが事前に予測できるわけです。

せどりというビジネスは、デルタトレーサーを使って、仕入れる前の段階で、儲かる商品かどうかを見極めることができるからこそ、再現性の高い手法と言われています。

デルタトレーサーを使ったリサーチを実践

それでは、早速ですが、デルタトレーサーを使ったせどりのリサーチを実践してみましょう。

本記事で使うキャプチャ画像はパソコンの画面になりますが、スマートフォンでも使い方は同じです。店舗仕入れでは、スマホを使ってデルタトレーサーをチェックすることになるので、スマホでも使えるようにしておいてください。

気になる商品を見つめたら、デルタトレーサーで検索です。

もし、身の回りに本やCDなどの商品がありましたら、試しにひとつ手にとって、実際にデルタトレーサーで検索しながら読み進めていただくと、理解が深まりやすいかと思います。

✓気になる商品をデルタトレーサーで検索する方法

デルタトレーサーを開いたら画面の上の方に検索窓があるので、検索窓内に商品名や型番を入れて「商品をさがす」をクリックすればOKです。

あとは、検索結果の一覧から目当ての商品を見つけて、クリックすることで詳細画面に進める感じですね。

詳細画面にはあらゆるグラフや数値などの情報が載っていますが、見るべきポイントは少ないので、引き続き下記を参考にチェックしてみましょう。

では、商品を仕入れたら「いくらで売れるのか?」の確認からです。

✓「いくらで売れるのか?」の確認方法

5,000円で仕入れた商品を5,000円で売っても稼げない。5,000円で仕入れた商品を1万円で売れば5,000円稼げる。

当然のことかもしれませんが、せどりはそういうビジネスです。

なので、価格差を取るためにはAmazonでいくらで売れるのか?」の確認は必須になります。

まずは基本中の基本、Amazonでの最安値をチェックしましょう。デルタトレーサー商品詳細画面の「価格」に表示されていますね。

少なくとも最安値よりは高値で売れますので、最安値より安く仕入れができたら、価格差はほぼ取れます。

ただし、中古品を仕入れる場合は注意点がありまして、中古品は最安値じゃなくても売れるケースがあるということです。

理由は、中古品の場合は商品コンディションや状態の善し悪し、付属品が揃っているかどうかなどの状況により価格が変わるからです。

少しだけ、具体例を出して説明させていただくと、例えば特定のDVDレコーダーに下記のような二人の出品者がいたとします。

出品状況 出品者Aさん 出品者Bさん
出品価格 30,000円 20,000円(最安値)
商品コンディション 非常に良い
コンディション説明文 電源ケーブル、リモコン含め付属品完備!説明書もあります。外傷もなく綺麗な状態です。 上面に傷があり電源ケーブルとリモコンが欠品しています。
ストア評価 高い評価の割合が100% 高い評価の割合が25%

ご覧の通りBさんは最安値で出品しています。出品価格だけを比較したら、Bさんの方が売れやすいと思うかもしれませんが、重要なことは「出品価格以外の要素も比較する」ということです。

どうでしょうか?出品価格以外の状況を比較してみると「Bさんの商品の方が優先的に売れるとは限らない」そんな気がしてきませんか?

価格だけを見ればBさんの商品が優先的に売れるように見えますが、Bさんの出品している商品の状態は悪く付属品も欠品していますよね。おまけにストアの評価も低く信頼がない状態です。

そのような状況を踏まえると、Bさんより1万円高値で出品しているAさんの商品が優先的に売れる可能性があるということです。

なので、中古品を仕入れる時は、商品のコンディションや付属品の有無なども加味して、売値を予測した上で、利益が残せるかどうかを判断していく必要があります。

これは、仕入れ時にAmazonの最安値としか価格差を比較をしていないようなライバルと差別化を図ることができるポイントなので、必ずおさえておきましょう。

続いて出てくるのが「中古品の販売価格はどうやって判断すればいいのか?」という問題だと思いますが、中古品を仕入れる場合はすでに同じ商品を出品している既存セラーを参考にして同等のコンディションがいくらで出品されているかを目安にすればOKです。

デルタトレーサーの商品詳細ページから「中古」という表示をクリックで進みましょう。

すると、Amazonに中古品を出品している出品者の一覧が表示されます。

せどりのリサーチ方法

あとは、一覧の中から「仕入れようとしている中古品の状態と同等の出品者」を探して、販売価格の目安として考えればOKです。

具体的には、コンディションの良し悪しやコンディション説明文を読んで判断していくことになります。例えば下記のような感じです。

✓中古品の適正販売価格を見極める時の考え方
  • コンディションが「非常に良い」で付属品が揃っていたら13,000円で売れそうだ
  • しかし、USBケーブルが欠品している場合は12,000円くらいになりそうだ
  • 若干の傷ありでコンディションが「良い」でも付属品が揃っていれば10,500円で売れそうだ
  • コンディション「可」でもUSBケーブルが付属していれば9,500円で売れそうだ

上記のように目安を作って、Amazonでの売値を予測していくかたちです。中古品の販売価格の予測は、慣れが必要になりますが、経験を積んでいけば精度は上がっていくので、リサーチをしながら養っていきましょう。

✓「何日くらいで売れるのか?」の確認方法

デルタトレーサーで商品詳細画面を開いたら、ランキンググラフをチェックすることで判断ができます。

結論から言うと、ランキングのグラフが上下に動いていると、商品が頻繁に売れているという見方になります。

なぜなら「ランキングが上昇している=商品が売れている」と解釈できるからです。ランキングが動いていれば動いているほど、商品が売れているということになります。

つまり、ランキングのグラフがガクッと下がっている(ランキングが上昇している)回数を数えることで、具体的に「何日くらいで売れる商品なのか」が分かるということです。

ちなみに、デルタトレーサーのアカウントを取得して、ログインした状態で表示すると、下記のように数値で表示することもできます。中古と新品、それぞれの販売数を表示してくれるので便利です。

以上の方法でリサーチをすれば、仕入れたら儲かる商品を確実に見極めて仕入れができるようになります。

このデルタトレーサーの使い方こそが、せどりのリサーチの基本なので、必ず覚えておきましょう。

せどりのリサーチをさらに効率化する方法

ここからは、せどりのリサーチをさらに効率化する方法をお伝えしていきます。

店舗で仕入れをする時に、商品名や型番をいちいちデルタトレーサーに入力して、リサーチをしていくのは、すごく大変ですよね。

そこで活用していただきたいのが「バーコードリーダー機能を備えたスマホアプリ」です。

バーコードリーダー機能を備えたスマホアプリを使うことで、商品のバーコードをスマホのカメラで読み取るだけで、かんたんに仕入れに必要な情報を表示することができるようになります。

バーコードリーダー機能を備えたスマホアプリは、いくつか種類があるのですが、僕のおすすめは「Amacode(アマコード)」です。

AmacodeAmacode

posted withアプリーチ

アマコードは無料で使うことができますし、読み取りの精度も高くエラーも少ない印象なので、とりあえずアマコードを使っておけば間違いはないかなと思います。

たとえば、iPhone向けには「せどりすと」アンドロイド向けには「せどろいど」というアプリが有名だったりもするので、一通り使ってみてお好みのアプリを選択していただくかたちでも問題はありません。

店舗せどりでリサーチすべき場所と商品【利益商品があるポイント】

続いては、せどりでリサーチすべき場所と商品について解説していきます。せどりのリサーチについてもう少し深堀りしていきましょう。

実際に利益商品を見つけるためのコツは「利益商品が見つかりやすいポイント」を把握して、ピンポイントでリサーチをすることです。

たとえば、家電量販店に行って、利益商品を見つけ出そうとした場合、店舗内には大量の商品が販売されていますので、どこからリサーチをしていけばいいのか、迷いますよね。

実は、利益商品が見つかりやすい場所というのは、ある程度決まっています。

たとえば、すべての店舗において共通してリサーチしてほしいのが下記のようなポイントです。

✓共通のリサーチすべきポイント
  • ワゴンセールを含めたセール品コーナー
  • 元値との価格差が大きい商品

まず、セール品コーナーは鉄板です。シンプルに安くなっている商品がたくさん置いてあるので、価格差を取りやすい傾向にあります。

特にワゴンセールは大きく値下がりしている商品が多く、せどりのリサーチにおいては必ずおさえておきたいポイントです。

それから「元値との価格差が大きい商品」についてですが、こちらはセールの値札をめくって、元々つけられていた価格と比較をしてみましょう。

ヤマダ電機せどりの元値確認

元々の価格よりも大きく値下げされている場合、Amazonの価格よりも安くなっている確率が高いので、こちらも基本のリサーチポイントとして抑えておいてください。

店舗ごとのリサーチすべきポイントについて

あとは、店舗ごとのリサーチすべきポイントについてもおさえておきましょう。

上記で解説した共通のリサーチすべきポイント以外にも「ドンキホーテだったらここをチェック!」「ヤマダ電機だったらこことチェック!」といったような、店舗ごとのリサーチすべきポイントというのがあります。

店舗ごとのリサーチすべきポイントについては、下記の記事から、各店舗の攻略記事にリンクで飛べるようにしてあるので、あわせてチェックしておいてください。

上記の記事では「どういう店舗に仕入れにいけばいいのか?」という疑問も解決できると思いますので、まずはいくつかの店舗をピックアップして、利益商品のリサーチにチャレンジしていただければと思います。

仕入れ対象にする商品ジャンルについて

「どんな商品を仕入れ対象にすれば良いか?」についてですが、下記の7つの商品ジャンルを狙っていけばOKです。

✓仕入れ対象の商品ジャンル
  • 家電
  • ゲーム
  • おもちゃ
  • CD
  • DVD/ブルーレイ
  • ヘルビ(ドラッグストア)

なので、店舗で販売されている商品は、ほとんどが仕入れ対象になってくるかたちですね。

商品ジャンルごとに注意点もあるので、あわせて下記の記事をチェックしておいていただけると、なお良いかなと思います。

仕入れ対象にする商品ジャンルを幅広く捉えておくことで、利益商品が見つかる確率も高くなりますので、上記7つは網羅的にリサーチしていくようにしましょう。

店舗せどりのリサーチは「値引き交渉」と「在庫確認」で利益アップ

店舗せどりのリサーチは、「値引き交渉」と「在庫確認」で利益アップできます。

リサーチのスキルも重要ですが、店員さんを巻き込んだ交渉術を身につけることで、せどりはより稼ぎやすいビジネスに進化します。

値引き交渉は、数を多く仕入れる時に値引きしてもらえないか話を持ちかけたり、展示品を仕入れる際に、商品にダメージがあることを理由に値引きをお願いしたりといった具合です。

もしかすると、値引き交渉は抵抗がある方もいるかもしれませんが、店員さんとしても日常的に対応していることなので、嫌な顔をされることはありませんし、次第に慣れていきます。

最初はダメでもともとだと思って、値引き交渉にチャレンジしてみましょう。

また、利益商品を見つけた時の在庫確認も重要です。

たとえば、1個しか陳列されていない商品でも、バックヤードに複数の在庫が保管されているケースなどがあるからです。利益商品を見つけたら、同じ商品を複数個仕入れるだけで、利益は数倍にふくらませることができます。

こういったスキルも同時に身につけておくことで、少ないリサーチ作業でより大きな利益を上げられるようになりますので、ぜひ貪欲に実践していただければと思います。

電脳せどりのリサーチと仕入れのコツは「安い商品の抽出」【実例つき】

ここからは、電脳せどりで利益商品を見つけ出すリサーチのコツを解説します。結論から言うと、コツは「安く仕入れられる商品を抽出すること」です。

当たり前と思われるかもしれませんが、ポイントは「抽出する」ということ。つまり、安く仕入れができる商品を、浮き彫りにしてピンポイントでリサーチをすることが重要になります。

なぜなら、ネット上には大量の商品が販売されていて、ただ闇雲に利益商品を探し回るようなリサーチ方法では、利益消費を見つけることはできないからです。

もし、見つけることができたとしても、それは「運が良かった」というだけなので、安定的な収益を生み続けるのは難しいでしょう。

それでは「安く仕入れられる商品を抽出する」には、具体的にどのような方法をとっていけば良いのか。さらに深堀りして解説していくことにします。

まず、結論として、安く仕入れられる商品を抽出する方法は、ざっくり2つのパターンがあります。

✓安く仕入れられる商品を抽出する方法
  • キーワードで抽出する
  • すでに抽出されている場所を狙う

ひとつずつ詳しく解説していきます。

キーワードで抽出する方法

キーワードで抽出する方法は、楽天やヤフーショッピングなどのモールで効果を発揮することになります。

例えば、下記のようなキーワードで検索をすればOKです。

✓安く仕入れられる商品を抽出するキーワード
  • アウトレット
  • 在庫処分品
  • 訳あり品

これらのキーワードにヒットする商品は、定価より値下げされている確率が高いので、文字通り「安く仕入れられる商品」が抽出された状態を作ることができます。

ただし、楽天やヤフーショッピングで値下げされている商品は、Amazonでも値下げされている可能性があり、結局利益が取れないケースも多々あるので、キーワードで抽出したあとは地道にひとつひとつの商品をチェックしてリサーチしていく必要があります。

面倒くさいと感じるかもしれませんが、電脳せどりのリサーチは意外と泥臭い作業なので、ここからは手作業で頑張っていきましょう。

いちおうモチベーションを保っていただけるように、このキーワード検索によってヤフーショッピングで見つけた利益商品の実例を載せておきます😌

すでに抽出されている場所を狙う

すでに安く仕入れられる商品が抽出されている場所というのがあります。それが「アウトレットコーナー」や「セールコーナー」です。

アウトレットコーナーやセールコーナーは店舗だけではなく、オンラインストアでも設置されている場合が多いので、そういった商品が安く売られている場所を狙ってリサーチをすると効率的です。

例えば、ヤマダ電機のオンラインストア「ヤマダウェブコム」を覗いてみると、下記のようなバナー画像が貼られていて、セールコーナーが分かりやすくアピールされていたりします。

家電量販店のオンラインストアは、だいたいこのような感じで、バナーを使ってセールコーナーに誘導していたりするので、かんたんに見つけることができるかと思います。

また、楽天やヤフーショッピングでも、セールコーナーはあるので、キーワード検索だけでなく、セールコーナーもあわせてチェックしておくことをおすすめします。

繰り返しになりますが、オンラインストアには、大量の商品が販売されているので、隅から隅まで全部の商品をリサーチするようなやり方では安定的に稼ぐことはできません。

上記の方法で、安く仕入れられる商品を抽出して、ある程度絞り込んでからピンポイントでリサーチをするようにしてくださいね。

電脳せどりの稼ぎ方をまとめた記事もありますので、下記に貼っておきます。あわせて参考にしていただければと思います。

ヤフオクやメルカリでのリサーチについて

電脳せどりの仕入れ先として、ヤフオクやメルカリを挙げる人も多いのですが、ほとんどのケースにおいて、違法となるため僕は推奨しておりません。

したがって、ヤフオクとメルカリでのリサーチ方法については、本記事でも解説はしません。

ほとんどのケースで違法になるという理由は、古物営業法の非対面取引における本に確認の要件を満たせるケースが、現実的にほぼないためです。

詳しくは下記の記事で解説しているので、気になる場合はチェックしておいてください。

店舗せどりと電脳せどりを組み合わせるとリサーチが楽になります

実は、、、店舗でのリサーチをやると電脳せどりでさらに稼ぎやすくなります。店舗仕入れをすると下記のメリットがあります。

✓店舗リサーチが電脳せどりにもたらすメリット
  • 儲かる商品の傾向がつかめる
  • 店舗仕入れで儲かった商品を電脳でも仕入れられる

電脳せどりの魅力はネットで仕入れが完結するということ。なので、店舗でも仕入れをするべきというのは、確かに本末転倒なのですが、収益を最大化することが目的なら、両方やった方がいいというのが僕の主張です。

というのも、僕が副業という立場でありながら、月収50万円を稼ぐことができたのは、電脳せどりも店舗せどりも両方をやったからこそだと思っています。

上記に挙げた2つのメリットについてもう少し詳しく解説しておきましょう。

儲かる商品の傾向がつかめる

実は、店舗での仕入れでも、電脳せどりでも、儲かる商品の傾向というのは似通っています。

つまり、店舗でのリサーチで場数を踏んでいくことで、利益商品を見つける感覚が養われていくので、電脳せどりでも利益商品に気づきやすくなるんです。

ちょっと感覚的な話なので、伝わりにくいかもしれませんが、これは事実です。

せどりのリサーチにおいて「経験を積んで精度を上げていく」という作業はとても大事で、店舗仕入れもやった方が、リサーチの感覚が早く養われていきます。

店舗仕入れで儲かった商品を電脳でも仕入れられる

店舗仕入れと電脳せどりの両方を実践することで「リピート仕入れ」がしやすくなります。

つまり、店舗仕入れで利益商品を見つけることができたら、それをオンラインストアでも探してみるというわけです。

中にはそれだけで、リピート仕入れができてしまう商品もあるので、店舗仕入れと電脳せどりを組み合わせることで、得られるメリットは、それだけでも大きいと言えます。

まとめ:せどりのリサーチはデルタトレーサーの使い方がほぼすべてです

まとめますと、せどりのリサーチはデルタトレーサーの使い方がほぼすべてです。

ぶっちゃけ、Amazonと価格差のある商品は、リサーチすべきポイントを丁寧に探せば見つかります。本当に大事なことは、デルタトレーサーを使って「利益商品を見極めるスキル」です。

デルタトレーサーの使い方を覚えて、利益商品を判断できるようになれば「事前に調べて儲かる商品だけを仕入れる」というやり方で稼ぐことができるようになるので、だからこそせどりは再現性の高いビジネスと言われるわけです。

まずは、デルタトレーサーの使い方をしっかり身につけて、あとは本記事でご紹介した、リサーチすべきポイントを中心に利益商品を探してみてください。

最初は、なかなか利益商品が見つからず苦戦することもあるかもしれませんが、場数を踏んでいけば徐々に見つかるようになっていきますので、とにかく行動してチャレンジしていきましょう。

それでは、本記事は以上です。最後までご覧いただきありがとうございました。

 

なぜ多くのせどり初心者は
挫折してしまうのか?

【無料E-Book】
ビギナーテキストブック

私が開始初月から利益7万円を稼いだ
○○せどりの具体的な方法をまとめました。

初心者が挫折してしまう3つの理由と
シンプルな解決方法を教えます。

この記事を書いている人 - WRITER -
HIROYA
HIROYA
副業せどりで月商200万超え、利益にして月50万円以上を稼ぐサラリーマン。素顔は野球、サッカー、音楽が趣味のふつーのアラサー男子です。僕と同じサラリーマンの方や主婦の方といった副業でせどりを実践される方を対象に「少ない時間で大きく稼ぐせどり」をお伝えしています。利益うん百万円という実績はありませんが、堅実に稼げる再現性の高い手法を公開中です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください