【無料E-Book】なぜ多くの初心者は挫折してしまうのか?→下記ボタンからLINE友だち追加でプレゼント

せどりビジネスの大辞典

9割のせどり初心者が挫折しまう理由は…▶

せどり仕入れの目利きを鍛える方法は?【知識ゼロ&ノースキル歓迎】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
長谷川ヒロヤ

 

せどり初心者「利益商品が分かりません。目利きを鍛えるにはどうしたらいいでしょうか?」

そんな方に向けて記事を書きます。

 

本記事を読むと分かること
  • せどり仕入れにおける目利きの鍛え方がわかる

 

本記事を書いている僕は、せどり歴5年以上。現在は副業せどりコンサルタントとして、せどりの稼ぎ方を教えることをメインに活動中です。

ちなみに副業時代に下記のようなアマゾン売上実績があります。

そういった経験にもとづき、本記事では「せどり仕入れにおける目利きの鍛え方」を解説します。

 

せどり仕入れの目利きを鍛える方法は?

せどりの仕入れに目利きはほぼ不要【正しい方法で場数を踏めばOK】

本記事では、せどりの仕入れにおける目利きの鍛え方について解説します。

せどりを始める時は、誰もが知識ゼロ&ノースキルです。

なので、初心者であることを不利と感じる必要はありません。

重要なことは「目利きを鍛えるために行動できるかどうか」です。

 

目利きとはどんな能力なのか?

せどりの仕入れにおいて、目利きとはどんな能力を指すのでしょうか?

端的にいえば「利益商品を視覚的な情報だけで見極めること」です。

 

そのためには、下記のような感覚や知識を養うことが重要になります。

  • 相場観
  • 商品知識

 

相場観とは?

商品の相場価格が感覚的にわかると「相場観がついている」といえます。

たとえば、家電量販店を見ていて「このテレビ安くない?」と思ったことはありませんか?

それは、テレビの相場観がついているから分かるわけです。

あらゆる商品に対する相場観がついてくると「相場価格より安いこと」に気がつけるようになるので、せどりの仕入れでも役立ちます。

 

商品知識とは?

相場観も含めて、商品知識というケースも多いので、ほぼ同じものと考えていただいてもOKです。

プラスアルファとして、僕なりの解釈としては、頭の中に「稼げる商品のリスト」をつくるようなイメージがあります。

つまり、過去に利益を出すことができた商品を覚えているわけです。

それもまた、商品知識といえる知識の一種だと思います。

 

結論:目利きを鍛えるにはどうすればいいのか?

結論としては「実際にせどりをしながら鍛えていく」ことが必要です。

目利きは、調べて勉強するようなものではなく、経験を積むことで鍛えられていくもの。

 

稼ぎながら精度を上げていくイメージ

せどりの仕入れは、目利きがなければできないわけじゃありません。

なぜなら、利益商品かどうかの最終的な判断は「ツールを使っておこなう」からです。

目利きがついてきたとしても、必ずツールでデータを見て、仕入れるべきかどうかを確認することになります。

 

なので、ツールの使い方を覚えておけば、目利きがなくてもせどりの仕入れはできるわけです。

※おすすめのツールとその使い方は、下記の記事で解説しています。

 

最初のうちは、泥臭く多くの商品をチェックしていく作業が必要です。

しかし、これを繰り返していくうちに、自然と相場観や商品知識が養われていきます。

そうすると、無駄なリサーチが少なくなり、効率的な仕入れができるようになります。

 

稼ぎながら、少しずつリサーチの精度を上げていけばOKです。

 

まとめ:せどり仕入れの目利きを鍛えるにはまず「仕入れ先の攻略法」を知る

せどりの仕入れは目利きを意識しなくてOK【最低限の能力は勝手に身につきます】

まとめます。

せどり仕入れの目利きを鍛えるにはまず「仕入れ先の攻略法」を知ることから始めましょう。

相場観も商品知識もない状態で、利益商品を見つけるには、ある程度「リサーチするポイントを絞る」ことが大切です。

なので、仕入れ先ごとに「どこをリサーチすると利益商品が見つかりやすいか?」を把握したうえで、実践してみてください。

 

仕入れ先の攻略法をまとめた記事

店舗仕入れとネット仕入れ、それぞれまとめてあります。

下記の2記事を参考に仕入れをしてみてください。

 

それでは、本記事は以上です。

 

なぜ9割のせどり初心者は挫折してしまうのか…?

\ 電子書籍を無料プレゼント! /

表紙

この記事を書いている人 - WRITER -
長谷川ヒロヤ
\なぜ9割のせどり初心者は挫折してしまうのか…?/
挫折しない方法がコチラ
\なぜ9割のせどり初心者は挫折してしまうのか…?/
挫折しない方法がコチラ