【無料E-Book】利益率60%超え!○○せどりの全手法→LINE友だち追加でプレゼント(LINEボタンをタップ)

副業のためのせどり&転売ビジネスの稼ぎ方

ライバル総スルーの〇〇ジャンルとは? →詳細はこちら

せどりの仕入れは領収書をもらうべき?→【結論:レシートでOK】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
長谷川ヒロヤ
長谷川ヒロヤ
せどりの仕入れで領収書をもらうべきか迷っている人「せどりの仕入れで商品を買うときは領収書をもらっておいたほうがいいのかな。正直めんどうではあるけど、、、実際のところどうなのか教えてください。」

そんな方に向けて記事を書きます。

✓本記事を読むと分かること
  • せどりの仕入れで領収書をもらっておくべき理由がわかる
  • 領収書じゃなくてレシートでも代用できることがわかる

本記事を書いている僕は、せどり歴5年以上。現在は、副業せどりコンサルタントとして、せどりの稼ぎ方を教えることをメインに活動しています。

そういった経験に基づき、せどり仕入れ時の領収書の必要性有無について解説します。

せどりの仕入れは領収書をもらうべき?→【結論:レシートでOK】

本記事では「せどりの仕入れは領収書をもらうべき?」という疑問にお答えします。

結論としては、領収書は必要といえば必要なんですが、レシートで代用ができます。

そのため、毎回店員さんにお願いして手書きの領収書を用意して貰う必要はありません。

領収書やレシートをとっておく目的は、経費を計算、証明するためです。

確定申告を行う際に、経費が分からないと、売上のすべてが課税対象となってしまい、本来支払わなくてもよかったはずの税金まで支払う必要がでてしまう可能性があります。

せどりの仕入れにつかった金額は、経費として計上できますので、領収書、またはレシートをしっかり保管、管理しておくようにしてください。

せどりの仕入れに関するレシートの保管方法と保管期限

続いて気になるのは、せどりの仕入れに関する「レシートの保管方法と保管期限」ではないでしょうか。

領収書じゃなくてレシートをとっておけばいいことは分かりました。でも、そのレシートはどうやっていつまで保管しておけばいいんでしょうか?

そんな疑問にもお答えしていきます。

レシートの保管方法

特に決められた保管方法はないので、

  • 紛失しないことは大前提
  • いつ仕入れた商品かが分かるように
  • かついつ売れた商品かも分かるように

上記の条件を満たせる方法で保管しておいてください。

帳簿と整合性がとれるように、あわせて管理しておくと良いでしょう。

レシートの保管期限

条件によりさまざまなケースがありますが、原則7年間とおぼえておきましょう。

わりと長期的に保管しておかなければなりませんので、繰り返しになりますが、紛失などされないよう丁寧に保管しておくことをおすすめします。

まとめ:せどりの仕入れに使った経費を分かるように【領収書でもレシートでもOK】

まとめますと、せどりの仕入れに使った経費を分かるようにしておけば、領収書でもレシートでもOKです。

とは言え、いちいち領収書をつくってもらうのも手間だと思いますので、レシートをしっかり受け取って保管しておけば、それで問題ありません。

なお、せどりの仕入れそのもののコツについて解説した記事もありますので、下記に貼っておきます。

領収書の必要性有無も大事ですが、まずは利益商品を見つけ出して仕入れられるスキルを身につけないと始まりませんもんね。

それでは、本記事は以上です。最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

【無料E-Book】なぜ多くのせどり初心者は
挫折してしまうのか?

私が開始初月から利益7万円を稼いだ○○せどりの方法をまとめました

・70円仕入れ →2,200円販売

・300円仕入れ →4,500円販売

そんな実例もある初心者でも実践しやすい
高利益率の商品ジャンルを教えます。

この記事を書いている人 - WRITER -
長谷川ヒロヤ
長谷川ヒロヤ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください