【無料E-Book】なぜ多くの初心者は挫折してしまうのか?→下記ボタンからLINE友だち追加でプレゼント

副業のためのせどりビジネス実践方法

【期間限定】10個の無料プレゼントはコチラ

【注意点あり】着払い(送料の購入者負担)でメルカリ出品する方法は?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
長谷川ヒロヤ

 

メルカリに出品する人「商品を着払いで送ることはできるでしょうか?」

そんな方に向けて記事を書きます。

 

本記事を読むと分かること
  • 着払い(購入者負担)でメルカリ出品する方法がわかる

 

本記事を書いている僕は、物販歴5年以上。現在はコンサルタントとして、物販の稼ぎ方を教えることをメインに活動中です。

ちなみに副業時代に下記のような売上実績があります。

そういった経験にもとづき、本記事では「着払い(購入者負担)でメルカリ出品する方法」について解説します。

 

着払い(送料の購入者負担)でメルカリ出品する方法は?

本記事では、着払いでメルカリ出品する方法について解説します。

とはいえ、着払いを選択するデメリットもあるので、その点も理解したうえで検討してください。

 

着払いのデメリットについて

着払いを選択するデメリットは2つあります。

  • 商品が売れにくい
  • メルカリ便が使えない

以下、それぞれの内容について解説します。

 

商品が売れにくい

着払いは、商品が売れにくくなります。

購入者としては、送料を負担するのは「イヤ」だからですね。

商品を売ることを優先するなら、送料は「出品者負担」を選ぶことをおすすめします。

 

送料分を割引すればいいのでは?

「送料分を商品価格から引いて出品すればいいのでは?」と考えたかもしれませんが、それはあまり意味がありません。

送料を負担したくないというのは「心理的なモノ」だからです。

商品から送料が引かれていると気づく人は、そういません。

それに、着払いで送料を支払うのは「面倒」でもありますからね。

 

メルカリ便が使えない

メルカリ便は、着払いに対応していません。

メルカリ便とは、らくらくメルカリ便とゆうゆうメルカリ便のことで、これらの発送方法は

  • 匿名配送ができる
  • 伝票を書かなくていい
  • コンビニなどからカンタンに発送できる

といったメリットがあり、使えないのはデメリットになるでしょう。

セキュリティ的な安全を保ちたい、カンタンに発送したいとお考えなら、着払いは諦めてメルカリ便の使用を優先したほうが良いでしょう。

 

着払いでメルカリ出品する方法

メルカリに商品を登録するときに「配送料の負担」にて「着払い(購入者負担)」を選択するだけです。

ただし、発送方法は「らくらくメルカリ便」「ゆうゆうメルカリ便」以外を選ばなければなりません。

 

メルカリの出品手順について

出品手順については下記の記事で解説しています。

出品方法がわからない場合は、あわせて参考にしてください。

 

まとめ:着払い(送料の購入者負担)でのメルカリ出品はデメリットが大きい

まとめます。

着払いでのメルカリ出品はデメリットが大きいです。

強いて言うなら、大型の商品を出品するときに検討の余地があるくらいでしょう。

 

基本的には、着払いよりも「送料込み(出品者負担)」を選択しておくことをおすすめしておきます。

 

メルカリで副収入をつくる方法

本記事をご覧のあなたは、日常的にメルカリを使われているはず。

もし、メルカリで継続的な収入をつくる方法に興味があれば、下記の記事もご覧になってみてください。

 

それでは、本記事は以上です。

 

 

【無料】おつかい感覚のネット仕入れで毎月100万円を稼ぐ方法とは?

「10個のプレゼント」もご用意しました

1商品あたりの平均利益は1万円

商品リストでのリサーチ不要仕入れ

スキマ時間にスマホで仕入れる仕組み

そんなノウハウを
あなたにLINEでこっそり教えます。

この記事を書いている人 - WRITER -
長谷川ヒロヤ
\おつかい感覚のネット仕入れで毎月100万円を稼ぐ/
無料のLINE講座はコチラ
\おつかい感覚のネット仕入れで毎月100万円を稼ぐ/
無料のLINE講座はコチラ