LINEでブログの更新情報を受け取る

副業のAmazon物販で毎月“利益で”50万円を稼ぐHIROYAのブログ

儲かる商品をあぶり出す仕入れ手順

電脳せどりヤフオク仕入れで落札率が20%アップした入札テクニック

WRITER
 
ヤフオク仕入れの落札率アップ方法
この記事を書いている人 - WRITER -
HIROYA
副業せどりで月収50万円以上を稼ぎ続ける平凡なサラリーマン。
僕と同じサラリーマンの方や、主婦の方など副業でせどりを実践される方向けに「少ない時間で大きく稼ぐ!」をモットーとして、せどりの稼ぎ方をお伝えしています。

ヤフオクは電脳せどりで稼ぐ上で、欠かせない仕入れ先のひとつです。

しかし、ヤフオクにも唯一の弱点があります。

それは「必ずしも落札できるとは限らない」ということです。

ヤフオクはその名の通り、ほとんどの商品がオークション形式で出品されているため
ほかの入札者にオークションで勝たなければ、商品を仕入れることができないわけです。

むしろ想定している価格で落札できる方が少ないレベルなので、
ヤフオク仕入れにおいては「入札の数を増やす」ということが必要不可欠です。

まず、入札数を増やすためには儲かる商品をブックマークしてリスト化しておき
いつでも入札ができる環境を作っておきましょう。

この方法については「10分の隙間時間で仕入れを完遂する電脳せどりリピート仕入れ」の記事
をご覧いただき、身につけていただきたいと思います。

で、この記事でお伝えしたいのは「落札できる確率を上げる方法」です。

さすがに100%落札できるようになるわけではありませんが
僕はこの方法を導入してから、10%程度だった落札率が30%までアップしましたので
かなり効果は高いテクニックです。

僕の中古家電を仕入れる電脳せどりの手法は1商品で約1万円の利益が稼げるので
例えば、10個入札をかけた場合に落札率が10%だと1万円稼げることになります。

10個入札をかけて1万円稼げるなら、悪くはないかもしれません。

しかし落札率が30%にアップすれば、同じ10個の入札で3万円稼げることになります。つまり、同じ作業に対して得られる利益が3倍になるということです。

今回お伝えする手法は大きく手間が増えるようなやり方はしませんので
それで利益が3倍になるのであれば、絶対に取り入れたほうが得です。

 

大前提はスナイプ入札&オークファンの入札予約の活用

 

これから、落札率を20%アップしたテクニックをお伝えしていくわけですが
その前に、基礎的な部分を簡単にお話しておきます。

それは、電脳せどりにおけるヤフオク仕入れでは
スナイプ入札とオークファンの入札予約の活用が大前提になるということ。

スナイプ入札というのは、オークションの終了時間間際で入札をかけるテクニック。

オークションの終了間際に、現在の入札価格を超える入札をした方が
ライバルに気付かれないというメリットがあるからです。

また早い段階でに入札することで、入札合戦が早期に巻き起こってしまい
入札価格が高騰する可能性も高くなります。

そして、このスナイプ入札を実現してくれるのが「入札予約」の機能です。

これはオークファンというサイトで提供されている機能で
あらかじめ「入札金額」「入札する時間」を予約することができます。

つまりリアルタイムでオークションを見ていなくても
あなたの代わりに自動的に入札を行ってくれるという優れものです。

こちらの詳細については「電脳せどり仕入れシミュレーション|オークファンでリスク無く稼ぐ方法」の記事をあわせて参考にしていただければと思います。

 

僕がヤフオクでの落札率を20%アップした方法

 

いよいよここからが落札率を20%アップした方法の公開です。

ここではいくつかのテクニックをご紹介していきますが、
可能な限りすべて取り入れてください。

すべて取り入れることで落札率は20%アップします。

繰り返しになりますが、大きな手間がかかる方法ではなく「知っていれば誰でもできる」
そういったテクニックになりますので、必ず実践していきましょう。

 

端数入札で落札率アップ

 

端数入札というのは、入札予定の金額に「10円」程度の端数を上乗せして
入札予約をかけるという手法になります。

多くのライバルは、5,000円といったようにキリの良い金額で入札をしますが 敢えて端数を加えて5,010円で入札することでライバルに勝てる可能性が高くなります。

端数入札を成功させるコツとしては、端数を「10円」や「20円」にしておくことです。

これは、既に端数入札を導入しているライバルがいた場合、
「1円」や「5円」などの端数を乗せて入札してくるケースがあるので
その金額をさらに上回り落札を狙う対策になります。

ただし、このテクニックを使う場合は一点だけ注意点があります。

それは「端数入札を嫌う出品者」がいるということ。

出品ページの説明文に「入札単価を守ってください」「端数は切り上げます」などの
注意書きがされている場合は、端数入札は控えましょう。

 

状況に応じた手動入札で落札率アップ

 

基本的にはオークファンの入札予約を使うことをおすすめしていますが
状況によっては手動入札が効果を発揮する場合があります。

具体的なケースとしては、現在価格が入札予定の金額に近い時です。

ちょっとヤフオクのヘルプで見ていただきたい内容があります。

ヤフオクヘルプ

引用元:ヤフオク!ヘルプ

最高入札額は、「現在の価格」(入札者がいない場合)、または「現在の価格+入札単位」(入札者がいる場合)以上なら1円単位で決められます。

とあります。

 

少し難しい文章ですよね。

要するに、入札者がいる時は、現在の価格に入札単位以上の金額を上乗せしないと
入札が出来ないということなんですね。
(入札単位は現在の価格によって変わりますので上記の表を参照しましょう)

例えば、現在価格が10,501円になっている時は、入札単位が500円になりますので
11,000円では入札が通らなくなるということです。

ということは、現在価格が入札予定の金額に限りなく迫っている時は 先行で手動入札をしておくことでライバルの入札をブロックできる可能性があります。

そもそも、現在価格が入札予定の金額に近いという時点で
落札できる確立はかなり低くなりますので
それなら思い切って端数入札を行うのもありということですね。

 

オークションアラートで仕入れ逃しを失くそう

 

ヤフオクに標準で備わっている機能に「オークションアラート」というものがあります。

条件に合う商品が出品されたら通知する(オークションアラート)
オークションアラートを作成すると、条件に一致する商品が出品されたときにメールなどで通知を受け取れます。

引用元:ヤフオク!ヘルプ

つまり、あなたが見つけた儲かる商品の商品名や型番を条件として登録しておけば
その商品が出品された瞬間にアラートが届くように設定ができるので
仕入れ逃し、見逃しを失くすことができるということです。

オークションアラートの使い方については、公式のヤフオク!ヘルプで確認しましょう。

僕がおすすめしている、ヤフオクの検索結果をブックマークして
リピート仕入れを行う方法とあわせて活用することで仕入れの成功率がさらにアップします。

 

まとめ

 

ヤフオクでの落札率を最大限にするためには、下記の通り実践しましょう。

ヤフオク落札率を最大限にするポイント

・オークファンの入札予約によるスナイプ入札が大前提

・10〜20円の端数入札で落札率アップする

・現在価格が入札予定の金額に近い時は手動入札で落札率アップ

・オークションアラートで仕入れ逃しを最小限に抑える

 

ヤフオク仕入れに関しては、儲かる商品のブックマークを数多く登録して落札率を上げる対策を取っていけば、バッチリ攻略できますので参考にしてくださいね!

それでは、この記事を最後までご覧いただきありがとうございました!

HIROYA

 

僕のせどりノウハウの全てを無料の通信講座であなたに継承することにしました。

今なら期間限定で副業せどりのスタートダッシュに欠かせない特典をプレゼントしています。

この記事を書いている人 - WRITER -
HIROYA
副業せどりで月収50万円以上を稼ぎ続ける平凡なサラリーマン。
僕と同じサラリーマンの方や、主婦の方など副業でせどりを実践される方向けに「少ない時間で大きく稼ぐ!」をモットーとして、せどりの稼ぎ方をお伝えしています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください