【無料】副業月収50万円の稼ぎ方を通信講座で教えます

副業のためのせどり&転売ビジネスの稼ぎ方

【無料】特別通信講座はこちら【豪華プレゼント付き】

【電脳せどり】ヤフオク仕入れで落札率を高める入札テクニックを公開

HIROYA
WRITER
 
【電脳せどり】ヤフオク仕入れで落札率を高める入札テクニックを公開
この記事を書いている人 - WRITER -
HIROYA
HIROYA
副業せどりで月商200万超え、利益にして月50万円以上を稼ぐサラリーマン。素顔は野球、サッカー、音楽が趣味のふつーのアラサー男子です。僕と同じサラリーマンの方や主婦の方といった副業でせどりを実践される方を対象に「少ない時間で大きく稼ぐせどり」をお伝えしています。利益うん百万円という実績はありませんが、堅実に稼げる再現性の高い手法を公開中です。
ヤフオクでなかなか商品が落札できない人「ヤフオク仕入れで稼ぎたいけど、なかなか商品が落札できないな。利益が出そうな商品があっても入札合戦に負けてしまうので、仕入れができないけどどうしよう。」

そんな方が本記事をご覧いただくことで下記のメリットがあります。

✓本記事を読むと分かること
  • ヤフオクで落札率を高める具体的な方法が分かる
  • ヤフオク仕入れで稼ぐコツが分かる

 

本記事では下記の内容について解説していきます。

【電脳せどり】ヤフオク仕入れで落札率を高める入札テクニックを公開

【電脳せどり】ヤフオク仕入れで落札率を高める入札テクニックを公開

本記事では、電脳せどりにおいて、
ヤフオク仕入れで落札率を高める入札テクニックを公開します。

 

ヤフオクは電脳せどりで稼ぐ上で、欠かせない仕入れ先のひとつですが
唯一の難点は「安い商品があっても必ず落札できるとは限らない」ということですね。

つまり、ほかの入札者にオークションで勝たなければ、
商品を仕入れることができないということ。

ぶっちゃけ、ヤフオクは落札できる確率の方が低いです。とは言え、そういう状況の中で、少しでも確率を高めることが大事にもなります。

結論から言うと、ヤフオクにおける落札率アップの対策として
下記の方法をお伝えしていきます。

✅ヤフオクで落札率を高める方法
  • 入札数=母数を増やすこと
  • 入札予約とスナイプ入札
  • 端数入札
  • 状況に応じた手動入札
  • オークションアラートもサブ的に併用

それぞれについて、下記にて解説していきます。

入札数=母数を増やすこと

そもそも大前提の話として、ヤフオクは落札できる確率の方が基本的に低いので
単純に「入札をかける数を増やす」ということが大事になります。

そのためには、価格差のある商品を多く見つけなければならないので
「めちゃくちゃ難易度高いじゃん・・・」と思うかもですね。

解決方法として、入札数を増やすには「儲かる商品をあらかじめ把握しておくこと」がポイントです。つまり、儲かる商品のリスト化です。

商品リストの作り方について解説した記事が別にあるので下記に貼っておきます。
あわせて参考にどうぞ。

参考記事:電脳せどりの仕入れ商品リストを無料公開中です【作り方も教えます】

入札予約とスナイプ入札

まず、スナイプ入札について解説しておくと、
これはオークションの終了時間間際で入札をかけるテクニックのことです。

終了時間のギリギリで、入札をした方がライバルに存在を気付かれないというメリットがあるからです。また早い段階でに入札することで、入札合戦が早い段階で起こってしまい
入札価格が高騰する可能性も高くなります。

また、同時に使ってほしいのが「入札予約の機能」です。

オークションの終了間際の時間に、ヤフオクをチェックできるとは限らないですよね。
副業でやっていれば、お仕事中という方も多いはずです。

なので、ツールを使い入札予約をかけておき
ヤフオクをリアルタイムで見ていなくても
スナイプ入札ができるように対策しておくということ。

入札予約の機能については、オークファンBidMachineを使いましょう。
オークファンについては使い方を解説した記事もあるので貼っておきますね。

参考記事:【電脳せどり】ヤフオク仕入れを攻略するオークファンの使い方講座

端数入札

端数入札というのは、入札予定の金額に「10円」程度の端数を上乗せして
入札予約をかけるというテクニックです。

多くの人は、たとえば5,000円のようなキリの良い金額で入札をしますので、敢えて端数を加えて5,010円で入札することで、ライバルの入札金額を上回る確率が高まります。

端数入札を成功させるコツとしては、
端数を「10円」や「20円」にしておくことです。

これは、同じように端数入札を取り入れているライバルがいた場合、
「1円」や「5円」などの端数を乗せて入札してくるケースがあるので
その金額をさらに上回り落札を狙うことができるからです。

ただし、このテクニックを使う場合は一点だけ注意点がありまして、
それは「端数入札を嫌う出品者」がいるということ。

出品ページの説明文に「入札単価を守ってください」「端数は切り上げます」などの
記載がある場合は、端数入札は控えましょう。

状況に応じた手動入札

先ほどお話しした通り、基本的には入札予約を使うことをおすすめしていますが
状況によっては手動入札の方が有利になる場合があります。

具体的には、現在価格が入札予定の金額に近い時です。

ヤフオクのヘルプには下記のように書かれています。

要するに、入札者がいる時は、
現在の価格に入札単位以上の金額を上乗せしないと入札が出来ないということです。
入札単位は現在の価格によって変わりますので上記の表を見ておきましょう。

たとえば、現在価格が10,501円になっている時は、
入札単位が500円になりますので、11,000円では入札が通らなくなるということです。

なので、現在価格が入札予定の金額に限りなく迫っている時は
先に手動入札をしておくことでライバルの入札をブロックできる可能性がありますね。

そもそも、現在価格が入札予定の金額に近いという時点で
落札できる確立はかなり低くなりますので
それなら思い切って端数入札を行うのもありということ感じです。

オークションアラートもサブ的に併用

ヤフオクに標準で備わっている機能に「オークションアラート」というものがあります。
簡単に言うと、指定条件にマッチする商品の出品を通知する機能ですね。

つまり、儲かる商品が分かったら、その商品名や型番を条件として登録しておけば
仕入れ逃し、見逃しを失くすことができるという感じです。

オークションアラートについては、下記の記事で触れているので
あわせてチェックしておきましょう。

参考記事:【電脳せどり】儲かる商品の出品時にアラートする方法【2つある】

まとめ:ヤフオクの落札率はちょっとの工夫で高められる

まとめ:ヤフオクの落札率はちょっとの工夫で高められる

まとめますと、ヤフオクの落札率はちょっとの工夫で高められるということです。
本記事でご紹介したテクニックはどれも難しいものではないからです。

知っているか知らないかで差がつきますので
落札率アップのテクニックを網羅的に使って
ヤフオク仕入れの確率を高めていきましょう。

最後に、ヤフオク仕入れの稼ぎ方をまとめた記事があるので貼っておきますね。

参考記事:【完全攻略】ヤフオクせどりのコツを網羅的まとめ【転売の実例あり】

それでは、本記事を振り返りつつまとめます。

✓本記事の振り返りとまとめ
  • ヤフオクの落札率アップはわりと簡単にできる
  • とは言え、落札できる確率の方が基本的には低いので入札数を増やすことも大事

本記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

副業で無理なく稼げるレベルまで効率化した“副業特化型”のせどりノウハウを【無料】の特別講座で公開することにしました。

期間限定:超豪華9大特典プレゼント中

 

この記事を書いている人 - WRITER -
HIROYA
HIROYA
副業せどりで月商200万超え、利益にして月50万円以上を稼ぐサラリーマン。素顔は野球、サッカー、音楽が趣味のふつーのアラサー男子です。僕と同じサラリーマンの方や主婦の方といった副業でせどりを実践される方を対象に「少ない時間で大きく稼ぐせどり」をお伝えしています。利益うん百万円という実績はありませんが、堅実に稼げる再現性の高い手法を公開中です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください