【無料E-Book】なぜ多くの初心者は挫折してしまうのか?→下記ボタンからLINE友だち追加でプレゼント

副業のためのせどりビジネス実践方法

【期間限定】10個の無料プレゼントはコチラ

【絶対条件】中国輸入ビジネスで電化製品を仕入れるときの注意点

 
この記事を書いている人 - WRITER -
長谷川ヒロヤ

 

中国輸入ビジネスをやり始めた人「中国輸入ビジネスで電化製品を仕入れてみたい。何か注意点はあるでしょうか?」

そんな方に向けて記事を書きます。

 

本記事を読むと分かること
  • 中国輸入ビジネスで電化製品を仕入れるときの注意点がわかる

 

本記事を書いている僕は、物販歴5年以上。現在はコンサルタントとして、物販の稼ぎ方を教えることをメインに活動中です。

ちなみに副業時代に下記のような売上実績があります。

そういった経験にもとづき、本記事では「中国輸入における電化製品仕入れの注意点」について解説します。

 

中国輸入ビジネスで電化製品を仕入れるときの注意点

本記事では、中国輸入ビジネスで電化製品を仕入れるときの注意点を解説します。

 

本記事で解説する注意点は3つ

下記のような電化製品に注意しましょう。

  • リチウムイオン電池を含んだ電化製品
  • Wi-FiやBluetoothを搭載した電化製品
  • コンセントがついている電化製品

 

リチウムイオン電池を含んだ電化製品

中国からの輸入に規制がかかっているので、一般的な方法では空輸ができません。

特別な輸送方法を選択することで輸入できますが、送料が割高になるのでおすすめしません。

 

電池は抜き取って輸入するのが無難

輸入する方法として手っ取り早いのは「電池を抜き取る」ことです。

中国輸入ビジネスにおいては、輸入代行を使うことになるので、輸入代行にて電池を抜き取ってもらうようにしましょう。

 

Wi-FiやBluetoothを搭載した電化製品

Wi-FiやBluetoothを搭載した電化製品は「電波法」で輸入が規制されています。

また、販売時にも注意が必要で「技術基準適合証明」がなければなりません。

該当する電化製品は、中国から安易に仕入れしないほうがよいでしょう。

 

コンセントがついている電化製品

いわゆる「PSEマーク」の問題です。

PSEマークとは、電気用品安全法にて定められた基準を満たしている、つまり一定の安全性が確認できている電化製品であることを示すマークです。    

該当する電化製品を中国から輸入して販売する場合は、事業者が掲載するルールなので、仕入れ・販売のハードルは高くなります。

中国輸入ビジネスでは、取り扱わないほうが無難でしょう。

 

まとめ:中国輸入の電化製品は「上記3つ」に該当しないものが無難

まとめます。

中国輸入ビジネスで電化製品をあつかうときは「上記3つ」に該当しないものを選ぶのが無難です。

法律で定められたルールですので、しっかり知識を持ってあつかうようにしましょう。

知らなかったでは済まされないケースもありますので要注意です。

 

中国輸入ビジネスで稼ぐ方法

最後に、中国輸入ビジネスの稼ぎ方をまとめた記事をはっておきます。

家電製品以外の知識も学びたい方におすすめです。

 

それでは、本記事は以上です。

 

 

【無料】おつかい感覚のネット仕入れで毎月100万円を稼ぐ方法とは?

「10個のプレゼント」もご用意しました

1商品あたりの平均利益は1万円

商品リストでのリサーチ不要仕入れ

スキマ時間にスマホで仕入れる仕組み

そんなノウハウを
あなたにLINEでこっそり教えます。

この記事を書いている人 - WRITER -
長谷川ヒロヤ
\おつかい感覚のネット仕入れで毎月100万円を稼ぐ/
無料のLINE講座はコチラ
\おつかい感覚のネット仕入れで毎月100万円を稼ぐ/
無料のLINE講座はコチラ