【無料E-Book】なぜ多くの初心者は挫折してしまうのか?→下記ボタンからLINE友だち追加でプレゼント

副業のためのせどりビジネス実践方法

なぜ9割のせどり初心者は挫折するのか?

中国輸入とは?せどりとの違いはある?【具体的な稼ぎ方も解説】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
長谷川ヒロヤ

 

中国輸入に興味がある人「中国輸入ってどんなノウハウなのかな。せどりとの違いはあるんでしょうか。」

そんな方に向けて記事を書きます。

 

本記事を読むと分かること
  • 中国輸入のビジネスモデルがわかる

 

本記事を書いている僕は、物販歴5年以上。現在はコンサルタントとして、物販の稼ぎ方を教えることをメインに活動中です。

ちなみに副業時代に下記のような売上実績があります。

そういった経験にもとづき、本記事では「中国輸入とは?せどりとの違いはある?」という疑問のお答えします。

 

中国輸入とは?せどりとの違いはある?

本記事では「中国輸入とは?せどりとの違いはある?」という疑問の答えていきます。

 

結論:中国から商品を仕入れて日本で売る

結論、中国輸入のビジネスモデルは「中国から商品を仕入れて日本で売る」です。

中国から仕入れるといっても、現地にいって買付をする必要はありません。

 

仕入れも販売も「ネット」を使う

中国からの仕入れは「中国のネットショップ」を使えば、日本にいながらでも完結するからです。

具体的な仕入れ先については、下記の記事を参考にしてください。

 

販売先は、日本のアマゾンを使いましょう。

メルカリという選択肢もありますが、アマゾンのほうが高値で売れます。

 

せどりとの違いについて

中国輸入は中国から商品を仕入れます。

これに対して、せどりは「日本国内」で商品を仕入れます。

 

たとえば、せどりは下記のような仕入れ先があります。

  • ヤマダ電機などの家電量販店
  • イオンなどのデパート
  • ドンキホーテ
  • ブックオフなどの中古ショップ
  • メルカリなどのフリマサイト

 

中国輸入とせどりを比較

せどりは国内で商品を仕入れるので「より手軽にはじめられる」メリットがあります。

中国輸入の場合は、日本に直送できない商品も多く、基本的に代行会社を介して取り寄せるので、時間も手間もかかります。

一方で、中国輸入は「国をまたいだ時の需要の違い」によって価格差がつくれるので、利益商品は見つけやすいでしょう。

 

中国輸入の稼ぎ方について

中国輸入の具体的な実践方法は別記事にまとめてあります。

上記を踏まえて、やってみようとお考えなら下記を参考にどうぞ!

 

まとめ:中国輸入もせどりも一長一短です

まとめます。

中国輸入とせどりを比較した場合、それぞれにメリットデメリットがあるので「一長一短」ですね。

 

前提として、どちらも稼げるビジネスです。

しかし、人によって「合う合わない」はあるはず。

まずは両方の情報収集をしながら、自分に合っていると思うノウハウではじめてみることをおすすめします。

 

それでは、本記事は以上です。

 

 

【無料e-book】なぜ9割のせどり初心者は挫折してしまうのか?

僕が開始初月から7万円を稼いだせどりの手法をまとめました

・70円仕入れ →2,200円販売

・300円仕入れ →4,500円販売

そんな実例もある
高利益率の商品ジャンルを教えます。

この記事を書いている人 - WRITER -
長谷川ヒロヤ
e-book「なぜ9割のせどり初心者は挫折してしまうのか?」
無料で手に入れる
e-book「なぜ9割のせどり初心者は挫折してしまうのか?」
無料で手に入れる