【無料E-Book】なぜ多くの初心者は挫折してしまうのか?→下記ボタンからLINE友だち追加でプレゼント

せどりビジネスの大辞典

9割のせどり初心者が挫折しまう理由は…▶

【これで完璧】せどり神ツール「モノゾン」の使い方を徹底解説

 
この記事を書いている人 - WRITER -
長谷川ヒロヤ

 

モノゾンを使ってせどりがしたい人「無料アプリのモノゾンを使ってせどりで稼ぐことはできるのかな。モノゾンで稼げるならインストールしたいな。ついで使い方教えてください。」

そんな方に向けて記事を書きます。

 

本記事を読むと分かること
  • せどりアプリ「モノゾン」の使い方がわかる

 

本記事を書いている僕は、せどり歴5年以上。現在は副業せどりコンサルタントとして、せどりの稼ぎ方を教えることをメインに活動中です。

ちなみに副業時代に下記のようなアマゾン売上実績があります。

そういった経験にもとづき、本記事では「モノゾンの使い方」を解説します。

 

 

せどり神ツール「モノゾン」の使い方を徹底解説

【無料アプリ】せどりで稼ぐためのモノゾン使い方【インストール】

本記事では、せどり神ツール「モノゾン」の使い方を解説します。

 

モノゾンでできること

モノゾンを使うことで「アマゾンに出品した場合、どのくらいの期間で商品が売れるか?」を予測することが可能です。

仕入れる前に、売れるまでの期間を確認しておけば、仕入れたけど売れ残ってしまうという事態を防ぐことができますよね。

モノゾンを使いこなすことによって仕入れの確実性が高まります。

 

重要な追記:モノゾンが終了しました

根本のリサーチツールである「モノレート」が2020年6月いっぱいで閉鎖となりました。

それに伴い、モノゾンの提供も終了となっています。

現在は、リサーチツール「Keepa」に対応した「キーゾン」がリリースされていますので、こちらを代わりに使いましょう。

 

なお、モノレートの代替ツールはKeepa以外にもあります。

下記の記事で網羅的にご紹介していますので、利益商品を見つけることが目的でしたら、こちらも参考にしてください。

 

モノゾンの使い方

モノゾンを使うことで、商品がどのくらいの期間で売れるかを予測できます。

商品が売れるペース、頻度のことを回転率と言いますが、まさにモノゾンは商品の回転率を確認できるアプリです。

たとえば、

  • 1ヶ月で3回売れている
  • 1ヶ月で5回売れているとか

商品の売れるペースが分かるようになっているんですね。

 

モノレートとの違いについて

もしかすると「回転率はモノレートを使えば分かるよね?」と思った方もいるかもですね。

モノレートとの違いは「モノゾンは回転率を数値化してくれる」という点です。

モノレートを使う場合は、商品のランキンググラフから、商品が売れる頻度を自分で数えて確認する必要がありますが、モノゾンは自動的に数値化してくれるので、手間がかかりません。

 

モノゾンを使って商品検索した結果が下記のとおり。

画面の上部に、何やら表が出ていますよね。この表を見ることで商品の回転率がわかるようになっています。

表示されている数字を見ればこの商品がアマゾンでどのくらいの頻度で売れている商品なのかが分かります。

 

上記の表から読み取れる回転率の情報

表の読み方は下記のとおり。

  • 過去1ヶ月で新品が3個、中古が4個の合計7個売れている
  • さらにその1ヶ月前は新品が4個、中古が2個の合計6個売れている
  • さらにさらにその1ヶ月前は新品が6個、中古が5個の合計11個売れている

平均として考えると、1ヶ月間で新品は4個、中古は3個売れる商品であると分かります。

中古でも新品でも1ヶ月以内には売れそうですよね。

 

このように、商品の回転率を仕入れる前の段階で調べておけば、あとは価格差のとれる安い商品を仕入れることに専念するだけで、確実に儲かる商品を仕入れることが可能になります。

逆に、モノゾンを確認した結果、中古も新品も全く売れていないなら、仕入れても売れない商品です。

仮に安く買えるとしても仕入れないようにしましょう。

 

売れていない場合の表示

仕入れてはいけない回転率の低い商品の場合は、モノゾンは下記のように表示されます。

表に「0」の数値が並んでいるので、過去3ヶ月の間で1回も売れていないという状態。

もし、この商品を仕入れてアマゾンに出品したとしても売れないでしょう。

 

このように、モノゾンを使うことで、商品の回転率を数値で分かりやすく確認できます。

確実に、商品リサーチの効率は高まるでしょう。

 

回転率をチェックする手順

回転率をチェックするための、より具体的な手順を書いていきます。

 

モノゾンアプリを起動

モノゾンアプリをインストールしていたら、さっそく起動です。

 

下記のような画面が起動します。

 

ウラ技:おすすめの使い方あり

通常、上部の検索窓を使って商品を検索しますが、僕は使わないようにしています。

この検索窓には、ASINというアマゾン固有の商品コードか、商品ページURLを入力しなければ、検索ができない仕様で、面倒だからです。

 

空欄のまま「送信」をタップ

検索窓に何も入力をせずに、そのまま「送信」を押してください。

 

そうすると、画面下段に「モノレート」の画面が現れます。

 

モノレートの検索窓に入力する

表示されたモノレートの検索窓を使って商品を検索しましょう。

モノレートの検索窓なら「商品名」でも「型番」でも検索が可能です。

 

目的の商品を探してタップ

モノレートの部分を使った検索結果から目当ての商品を探してタップすると、商品の詳細ページが開きます。

回転率を示す表もここで表示されます。

 

上記の通り、モノレートの画面を表示させて検索することで「ASINか商品ページURLでないと検索ができない」という、モノゾンのデメリットを解決できます。

作業効率を考えると、上記の検索方法がおすすめです。

 

Google Chromeの拡張機能もあります

モノゾンはスマホアプリだけではなくて、GoogleChromeの拡張機能(PC専用)もあります。

インターネットで仕入れをする電脳せどりなら、GoogleChromeの拡張機能を使ったほうが効率的なので、使い分けましょう。

 

モノゾンの拡張機能はこちらからインストールできます。

※インターネットブラウザはGoogleChromeを使っていることが前提条件です。

 

拡張機能版の使い方

拡張機能をいれると、モノレートの画面に回転率の表が自動的にでてきます。

見方は、スマホアプリ版のモノゾンとまったく同じです。

 

注意点:表が正確に表示されない問題あり

さすがのモノゾンも、表が正確に表示されないことが稀にあります。

なので、いちおうモノレートのグラフから、回転率を読み取る方法も覚えておいた方が良いでしょう。

 

具体的な方法は下記の記事で解説しています。

 

有料版「モノゾンPRO」もあります

モノゾンには有料版の「モノゾンPRO」もあります。料金は月額:979円。

モノゾンPROでできることは、公式サイトをご確認いただくのが良いでしょう。

≫参考:モノゾンPRO公式サイト

 

ポイントとなる機能だけサクッとピックアップしておきます。

  • 月間販売個数チェック
  • Amazonのカートボックス価格の把握
  • 粗利計算(FBA料金シミュレーターへの移動が不要)
  • 独自フィルター(モノレートの回転率の読み取り制度が高まる)
  • 平均販売価格の算出
  • 高騰判定(相場に比べて価格高騰しているかのチェック)
  • 最終販売値
  • 最高販売値

 

無料版でも十分優秀なので、有料版モノゾンは必須ではありません。

とは言え、料金も月額979円とお手頃なので、興味があれば試しに使ってみるのはアリでしょう。

 

まとめ:無料ツール「モノゾン」はせどりの回転率チェックを効率化

無料アプリ「モノゾン」の使い方を覚えればせどりの仕入れ効率は高まる

まとめます。

無料ツール「モノゾン」はせどりの回転率チェックを効率化してくれます。

注意しておかなければならないのは、モノゾンを使えば稼げるというものではないことです。

せどりの稼ぎ方や仕入れのコツは身につける必要があり、モノゾンはあくまでも効率を高めるためのツールとなります。

 

モノゾンを使ってリサーチの効率を高めつつ、仕入れミスを防いでいきましょう。

 

モノゾン以外のツールとアプリについて

なお、モノゾン以外にも便利なせどり系ツールやアプリがあります。

下記の記事でご紹介しています。興味があればあわせてどうぞ!

 

それでは、本記事は以上です。

 

なぜ9割のせどり初心者は挫折してしまうのか…?

\ 電子書籍を無料プレゼント! /

表紙

この記事を書いている人 - WRITER -
長谷川ヒロヤ
\初月から利益7万円!挫折知らずの○○せどりとは?/
無料の電子書籍はコチラ
\初月に利益7万円!挫折知らずの○○せどりとは?/
無料の電子書籍はコチラ