LINE or メール登録で無料プレゼント中

電脳せどりの仕入れ方や稼ぎ方をお伝えするHIROYAのブログ

5分で実践できる電脳せどりの正しい仕入れ手順

 

 

【電脳せどりリスク対策】中古家電の故障による返品を防ぐ方法

WRITER
 
電脳せどりで返品を減らす方法
この記事を書いている人 - WRITER -
HIROYA
副業せどりで月収50万円以上を稼ぎ続ける平凡なサラリーマン。
僕と同じサラリーマンの方や、主婦の方など副業でせどりを実践される方向けに「少ない時間で大きく稼ぐ!」をモットーとして、せどりの稼ぎ方をお伝えしています。

中古家電を扱う場合、デメリットのひとつとなるのが
商品の故障による返品です。

 

商品を仕入れた段階では故障していなくても
仕入れた商品をFBAを使って出品し
Amazonの倉庫に送る時に、配送中の故障が起きてしまう可能性があります。

 

ですので、この「Amazonの倉庫に送る時の梱包」を強化することにより
故障の確率は極めて低くなり、返品を最小限に抑えることが出来ます。

 

この記事では、中古家電を故障しないように守るための
梱包と配送のコツについて伝授していくことにします。

 

※僕の電脳せどりノウハウでは、Amazonのサービス「FBA」の活用を
推奨しているため、Amazonの倉庫へ商品を送る前提でお話していきます。

 

【参考】FBAをフル活用する方法

 

 

最もシンプルな方法は緩衝材による増強

仕入れた商品を守る緩衝材

 

商品を故障から守ることを考えた場合、
商品に行き届くダメージを最小限に抑えることが必要になります。

 

配送中の揺れや衝撃に耐えられる状態にしておけば良いのです。

そのために、一番シンプルな方法は
商品へのダメージを行き届かなくするという方法です。

 

具体的には、緩衝材を増やしてクッション性を高めることで
商品への衝撃はかなり緩和されます。

 

緩衝材というと、あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが
いわゆる「プチプチ」に代表される梱包資材のことを言います。

 

もし、あなたもインターネットで買い物をした経験があれば
目にしたことがあるのではないかと思いますが
送られてくる商品は、必ずプチプチなどで守られていますよね。

 

プチプチはホームセンターでも手に入れることが出来ます
ダイソーなどの100円ショップでも購入することが出来ますので
あなたにもすぐにご用意していただけると思います。

(少量なら100円ショップで購入しても問題ありませんが
商品のサイズが大きい場合は、ホームセンター等で
大量に購入してしまった方が金額的にもお得です。)

 

 

 

1つのダンボールに1つの商品のみで梱包する

仕入れた商品は1つのダンボールに1つ梱包する

 

FBAとしてAmazonの倉庫へ商品を送る場合
1つのダンボールの中に複数の商品を入れて送っても
受領してもらうことは可能です。

 

ただし、中古家電というジャンルを扱う場合は
複数の商品を混在するかたちで同梱してしまうと
商品同士がぶつかり合うことで、双方が衝撃を受けてしまい
故障の原因となる可能性があります。

 

最悪の場合、同梱した商品がすべて故障するという事態も想定されます。

 

ですので「商品は1つのダンボールに1つ」というかたちで対応した方が
配送中に故障する可能性は低くなります。

 

商品ごとにダンボールが別れていれば、商品同士がぶつかりあっても
ダンボール自体がそのダメージから守ってくれますので
商品に与えられる衝撃は相当軽減されることになります。

 

 

取り扱い注意のシールを使いより丁寧な配送をお願いする

仕入れた商品を守る取り扱い注意シール

 

商品を梱包したダンボールの上から、取り扱い注意のシールを貼ることで
配達員の方がより慎重に商品を扱ってくれるようになります。

 

取り扱い注意のシールにもいくつかの種類がありますが
中古家電の配送時に役立つものは以下のようなものがあります。

 

・天地無用(上下をひっくり返さないように注意を促す)

・精密機器(精密機器に貼る専用シール)

・下積み厳禁(上にものを乗せないように促す)

 

これらのシールを貼るだけで、
中身の荷物を丁寧に扱う必要があることを
配達員の方に伝えることが出来ます。

 

シールがない場合は手書きでも構いませんが
シールのほうが視覚的に目立つので
配達員の方も見落としがないでしょうし、確実に伝えることが出来ます。

 

 

やはり人の手でどれだけ丁寧に扱うかという点も
商品を故障から守る上でとても大事な要素です。

 

反対にシールが無ければ、
商品が重ねられてしまったり、荷物を動かす際に衝撃が与えられてしまったりする
可能性がありますので、故障する確率が一気に下がることは想像出来ると思います。

 

シールひとつで故障する確率を低く出来るので
貼らないより貼ったほうが絶対に良いと言えますよね。

 

 

実際に返品は劇的に少なくなった

電脳せどりの返品が減った

 

僕は最初の頃「故障なんてそう起きないだろう」と思い
甘い考えで商品の梱包をしていました。

確かに、故障は頻繁に起きることではないのですが
仕入れる商品数、販売する商品数が増えれば増えるほど
故障による返品を受ける機会が増えました。

 

この記事でご紹介した方法を取り入れるだけで
元々は月に1〜2件は受けていた返品が
月収50万円稼ぐレベルでも、ほとんど無くなりました。

 

そのくらい、商品を守るための梱包は重要です。

 

梱包をサボってしまうだけで、
本来得られたはずの利益がなくなるわけですので
多少の手間は掛けてでもやるべき作業だと
実際に、返品が減った経験をしたことで思い直すことが出来ました。

 

電脳せどりは「いかに良い仕入れをするか」ということももちろん重要ですが
仕入れた後の作業も疎かには出来ないということです。

 

あなたもせっかく仕入れた商品は、これ以上ないくらい丁寧に扱い
無駄な損はしないように実践してみてくださいね。

 

それでは、この記事を最後までご覧いただきありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
HIROYA
副業せどりで月収50万円以上を稼ぎ続ける平凡なサラリーマン。
僕と同じサラリーマンの方や、主婦の方など副業でせどりを実践される方向けに「少ない時間で大きく稼ぐ!」をモットーとして、せどりの稼ぎ方をお伝えしています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください