【無料E-Book】利益率60%超え!○○せどりの全手法→LINE友だち追加でプレゼント(LINEボタンをタップ)

副業のためのせどり&転売ビジネスの稼ぎ方

【事実】多くのせどり初心者は挫折します→その理由とは…?

せどり初心者が用意すべきツールは2つだけ【今すぐスタート】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
長谷川ヒロヤ
長谷川ヒロヤ
せどり初心者「とりあえず必要なツールでも揃えようかな。せどりツールっていろんな種類があるみたいなので、初心者が用意すべきツールを教えてください。」

そんな方が本記事をご覧いただくことで下記のメリットがあります。

✓本記事を読むと分かること
  • せどり初心者が用意すべきツールが分かる

本記事では下記の内容について解説していきます。

せどり初心者が用意すべきツールは2つだけ【今すぐスタート】

本記事では、せどり初心者が用意すべきツールについて解説します。

結論として、せどり初心者が用意すべきツールは「グラフをチェックするツール」と「バーコードリーダー系のツール」の2つだけです。

まず、グラフをチェックするツールについてですが、これは商品の売れ行きを確認するために使うツールです。

要するに「仕入れたら売れる商品かどうか」を判断するために必要なもの。逆の言い方をするなら、売れない商品を仕入れてしまわないようにするためのツールだと思ってください。

それから、バーコードリーダー系のツールというのは、商品のバーコードを読み取ることで、仕入れに必要な情報を素早く呼び出すためのものになります。

手入力で商品を特定しようとすると、あまりにも時間がかかってしまいますので、バーコードリーダー系のツールでリサーチ時間を短縮し、素早く効率的に検索をかけていってください。

具体的なツール名については、下記にてご紹介していくことにします。

グラフをチェックするツール

おすすめは「Keepa」です。

Keepaは月額1,800円ほどかかる有料ツールですが、せどりを本格的に実践していくなら、必要なツールと考えてください。

なお、グラフをチェックするだけなら、デルタトレーサーという無料ツール(ウェブサイト)もありますが、バーコードリーダーとの連携を格安で済ませるなら、結果的にKeepaの方がコストパフォーマンス的にも上といえるでしょう。

また、グラフのチェック方法が分からないという場合は、下記の記事も見ておいてください。せどりの仕入れにおいては、とても重要な内容です。

バーコードリーダー系のツール

基本的に、スマホアプリを使えばOKです。

iPhoneならアマコード、アンドロイドならせどろいどを入れておくのが無難です。

有料、無料をふくめ、さまざまな種類がリリースされていますので、お好みで決めていただいても問題ありません。

2つのツールがあれば利益商品を探せます

上記2つのツールを揃えるだけで、利益商品を探すことはできます。

  • バーコードリーダー系のツールで価格差のある商品をリサーチ
  • グラフをチェックするツールで商品の売れ行きを確認

あとは、価格差がとれてちゃんと売れる商品を仕入れるだけでOKです。

とはいえ、利益商品を探し出す作業は、最初のうちは多少なりとも苦労するはず。少しでも効率的にリサーチするために、仕入れ先ごとのリサーチすべきポイントを把握しておくようにしてください。

下記の記事をご覧いただければ、店舗ごとの攻略法を確認することができます。

まとめ:せどり初心者は最低限のツールでスタートを切るべき

まとめますと、せどり初心者は最低限のツールでスタートを切るべきです。

最初はとにかくリサーチの場数を踏むことが重要です。必要最低限のものをサクッと準備をして、少しでも早くリサーチをスタートするべきでしょう。

また、注意点としてですが「ツールに頼って楽をして稼ぎたい」という考えを持っていたら、それは捨てるべきです。ツールだけで稼げるなら、全員がせどりで稼いでいます。

ツールはあくまでも補助的に使うもので、実践する人がスキルを高めていかなければ、せどりで稼ぐことはできません。

とは言え、便利なツールはさまざまありますので、上記のことを前提としながら、必要に応じて力を借りながら取り組んでいただければと思います。

せどり初心者の方は、下記の記事もぜひチェックしておいてください。

それでは、本記事は以上です。最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

【無料E-Book】なぜ多くのせどり初心者は
挫折してしまうのか?

私が開始初月から利益7万円を稼いだ○○せどりの方法をまとめました

・70円仕入れ →2,200円販売

・300円仕入れ →4,500円販売

そんな実例もある初心者でも実践しやすい
高利益率の商品ジャンルを教えます。

この記事を書いている人 - WRITER -
長谷川ヒロヤ
長谷川ヒロヤ