【無料】特別通信講座で月収50万円のノウハウを伝授

副業のためのせどり&転売ビジネスの稼ぎ方

電脳せどりのやり方を網羅的にまとめた記事はこちら

【むしろ成長】せどりの仕入れは失敗してもOKです【リスク回避あり】

HIROYA
WRITER
 
【むしろ成長】せどりの仕入れは失敗してもOKです【リスク回避あり】
この記事を書いている人 - WRITER -
HIROYA
HIROYA
副業せどりで月商200万超え、利益にして月50万円以上を稼ぐサラリーマン。素顔は野球、サッカー、音楽が趣味のふつーのアラサー男子です。僕と同じサラリーマンの方や主婦の方といった副業でせどりを実践される方を対象に「少ない時間で大きく稼ぐせどり」をお伝えしています。利益うん百万円という実績はありませんが、堅実に稼げる再現性の高い手法を公開中です。
せどりの仕入れに失敗するのが怖い人「せどりの仕入れに失敗したらどうしよう・・・。失敗したらどんな悲惨なことになるのかな・・・。回避策とか、もし失敗した場合の対応方法とか教えてほしいな。」

そんな方が本記事をご覧いただくことで下記のメリットがあります。

✓本記事を読むと分かること
  • なるべく仕入れに失敗しない方法が分かる
  • もし仕入れに失敗してもリスクを回避できる方法が分かる

ちなみに、本記事を書いている僕は、アマゾンセラー歴5年。

副業のせどりで月収50万円(利益額)を稼いでいますので
記事の信頼性担保につながると思います。

↓売上ベースではこんな感じです。

本記事では下記の内容について解説していきます。

【むしろ成長】せどりの仕入れは失敗してもOKです【リスク回避あり】

【むしろ成長】せどりの仕入れは失敗してもOKです【リスク回避あり】

本記事では、せどりで仕入れに失敗するのを恐れている方向けに下記の3点をお伝えします。

✓仕入れ失敗を恐れる人へ伝えたいこと
  1. 仕入れ値とトントンで売れば赤字は回避できる
  2. トライアンドエラーと修正は超大事
  3. 回転率の高さを重視することで仕入れ失敗は極力回避できる

僕の主張を結論から言うと、仕入れは失敗してもOKでして
理由は、仕入れ値とトントンで売れば赤字にはならないからです。

そして、仕入れ値とトントンで売って赤字を回避するために
仕入れの段階で回転率の高い商品(つまりよく売れる商品)だけを
仕入れるようにすればOKという感じ。

そもそも、どんなビジネスもいきなり成功するのは至難の業なので
サクッと失敗してサクッと修正する方が近道ですよ。

成功している人は決してノーミスで成功し続けてきたわけではなく
成功の何倍もの失敗を積み上げています。僕もそうです。

大きなリスクを背負ってチャレンジするのはおすすめしませんが
トントンで売って赤字にならないなら、リスクは最小限です。
なので、とにかくトライしまくったもん勝ちですね。

ということで、上記のことを踏まえつつ
詳しい解説をしていくことにしましょう。

仕入れ値とトントンで売ればOK

基本的に、仕入れ値=販売されていた価格なので
少なくとも仕入れ値とトントンで売ることはできるはずですよね。

実際は、Amazonの手数料や送料がかかるので
販売価格が仕入れ値とトントンだとやや赤字になるのですが
手数料と送料を含めてトントンくらいでもわりと売れます。

商品の故障ということでなければ、
最悪の場合でも値下げをして「売ることはできる」ので
仕入れ値がまるまるマイナスになることは、ほぼありません。

ちなみに、売れたけど返品されてしまったという場合の対応方法は
【状況別に解説】Amazonせどりで返品された時の対応【損を最小限に】の記事
にまとめてあります。

そう考えると、仕入れの失敗によるリスクはそんなに大きくないはず。
タダで勉強できたと考えればOKです。

トライアンドエラーと修正は超大事

冒頭でもお話した通り、ノーミスで成功する人はいないので
むしろトライアンドエラーと修正を繰り返す覚悟で挑むべきです。

例えばホリエモンこと堀江貴文さんとかもいろいろ失敗してます。
球団買収に失敗、フジテレビ買収に失敗、そしてライブドア事件・・・逮捕もされています。
が、堀江さんは確実に成功者ですよね。

結局のところ、失敗を修正して成功につなげることが最短ルートということ。

もちろん失敗ばかりではないし、それはそれで萎えますが
何もかも上手くいくと思っていたら、それはちょっと甘いですかね。

とは言え、命がけでチャレンジする必要はありません。
なぜなら、トントンで売って赤字を回避すればノーダメージだからです。

むしろ経験を積みながら仕入れ基準の感覚を養うことが大事でして
スキルが身についたら一生モノというか、
面白いように稼げるようになるので、修正の作業が本当に重要。

リスクを犯さない小さなチャレンジを繰り返して
10の失敗を1の成功を積み上げていきましょう。

失敗を恐れて行動が止まるほうが問題

ということはですね、失敗を恐れて行動が止まるほうが問題なわけです。

仕入れに失敗するのが怖いから仕入れができない。
という人を僕はたくさん見てきましたが
上述の通り「リスクを犯さないチャレンジをしましょう!」とアドバイスしてきました。

チャレンジしなければ成功するはずがないことは言うまでもないですが
失敗すらできないので、修正もできないからですよね。

つまり、当たり前のことかもですが
失敗を恐れて行動しなかったら100%成功できないので
行動が止まるのがいちばん問題ということになります。

ちなみに完全ノーリスクのチャンレンジから始めたい場合は
下記の記事がおすすめです。

✓おすすめ記事:【入門編】せどり初心者が何から始めるべきか教えます【準備より先】

とりあえず儲かる商品を探してみましょうという内容です。

仕入れる勇気がでないなら、まずは稼げるイメージを作りましょう。
そして、ある程度イメージが作れたら勇気を出して仕入れましょう。

仕入れに失敗しない方法は回転率を重視すること

話を「仕入れ値とトントンで売る」ということに戻します。

仕入れ値とトントンで売ってリスク回避するためには
仕入れの段階でひとつだけ意識しておくべきことがありまして
それが「回転率の高い商品を仕入れる」ということ。

つまり「頻繁に売れる人気商品を仕入れる」という意味ですね。

Amazonに出品した場合に、どれくらいのペースで売れるのかは
モノレートを使って確認ができるので
モノレートの使い方が分からない場合は下記の記事を必読でお願いします。

✓参考記事:【せどり転売】儲かる商品を探すリサーチ方法【モノレートの使い方】

モノレートでの高回転商品のリサーチ方法を覚えれば
仕入れたけど売れないというリスクは回避できるので
仕入れ値がすべて赤字になることは、ほぼ避けられる感じですね。

確実に覚えておきましょう。

まとめ:せどりの成功者は仕入れの失敗を恐れない人です【経験上ガチ】

せどりの成功者は仕入れの失敗を恐れない人です【経験上ガチ】

まとめますと、せどりの成功者は仕入れの失敗を恐れない人ですね。
これは、僕がこれまで指導させていただいた経験上、わりとガチです。

失敗を恐れない=闇雲に根拠もないチャレンジをする、ではないので注意が必要ですが、
慎重にいきつつもちゃんとチャレンジできている人は伸びます。

なので、これからせどりを始めるなら
ノーミスで成功するという意気込みは控えた方がいいでしょう。
むしろ、ミスって当たり前の精神でチャレンジすべきです。

ただ、こんなことを言うと「ミスありきのビジネスとかせどりはやりたくないな・・・」
と思うかもですが、せどりだけじゃなくてどんなビジネスでも同じかなと思います。

例えば、ネットビジネスや副業の代表格ブログアフィリとかでもそうですよね。
良質な記事を書けるようになるまで、膨大なボツ記事を量産すること必至です。
維持費としてサーバー代はかかりますし、なにより時間を浪費します。
が、それが最短ルートです。YouTubeで良質な動画を上げるまでの道のりとかも同じです。

最後に、せどりの仕入れについて網羅的にまとめた記事を貼っておきます。
せどりの仕入れ方法はさまざまなので、
トライしたいと思われた方はぜひ参考にしてほしいです。

✓おすすめ記事:【まとめ】せどりの様々な仕入れ方法を網羅的に解説します【全手法】

それでは、本記事を振り返りつつまとめておきます。

✓本記事の振り返りとまとめ
  • 仕入れ値とトントンで売れば赤字にはならない
  • 回転率の高い商品だけ仕入れれば売れないことはない
  • トライアンドエラーと修正の繰り返しが成功の最短ルート

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

副業で無理なく稼げるレベルまで効率化した“副業特化型”のせどりノウハウを【無料】の特別講座で公開することにしました。

期間限定:超豪華9大特典プレゼント中

 

この記事を書いている人 - WRITER -
HIROYA
HIROYA
副業せどりで月商200万超え、利益にして月50万円以上を稼ぐサラリーマン。素顔は野球、サッカー、音楽が趣味のふつーのアラサー男子です。僕と同じサラリーマンの方や主婦の方といった副業でせどりを実践される方を対象に「少ない時間で大きく稼ぐせどり」をお伝えしています。利益うん百万円という実績はありませんが、堅実に稼げる再現性の高い手法を公開中です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください