【無料E-Book】なぜ多くの初心者は挫折してしまうのか?→下記ボタンからLINE友だち追加でプレゼント

副業のためのせどりビジネス実践方法

【悲報】9割のせどり初心者が挫折する理由とは...?

【コスパ最高】amazonせどりにおすすめのバーチャルオフィス

 
この記事を書いている人 - WRITER -
長谷川ヒロヤ
せどりにおすすめのバーチャルオフィスを探している人「副業でAmazonがしたいけど、出品者として自宅の住所を公開したら、会社や知り合いにばれるかも。対策としてバーチャルオフィスを契約したいので、おすすめを教えてください。」

そんな方が本記事をご覧いただくことで下記のメリットがあります。

✓本記事を読むと分かること
  • せどりにおすすめのバーチャルオフィスが分かる
  • バーチャルオフィス選びのポイントが分かる

本記事を書いている僕は、せどり歴6年以上。現在は、副業せどりの稼ぎ方を教えることをメインに活動しています。そういった経験に基づき、Amazonせどりにおすすめのバーチャルオフィスをご紹介していきます。

amazonせどりにおすすめのバーチャルオフィス

本記事では、Amazonせどりにおすすめのバーチャルオフィスを3つご紹介していきます。

Amazonに出店をする場合は、出品者の住所を表記しなければいけないため、その住所から副業がばれる可能性はゼロではありません。

そこで、もっとも有効な対策が「バーチャルオフィス」を契約することです。

しかし、バーチャルオフィスもさまざまなサービスが存在するため、どのサービスを申し込み、契約するのがベストなのか、あなたも迷っていることでしょう。

そこで、僕がせどり歴5年以上の経験にもとづき、amazonせどりを実践される方におすすめしたいバーチャルオフィスを「3社」ご紹介させていただきます。

「たった3社・・・?」と思われるかもしれませんが、実はバーチャルオフィスは適当に選んでしまうと大きなリスクを背負ってしまう可能性があるのです。

なお、先にお伝えしておくと、本記事でご紹介するバーチャルオフィスは下記の3サービスです。

✓おすすめバーチャルオフィス
  1. DMMバーチャルオフィス
  2. Karigo
  3. ナレッジソサエティ

まずは、その注意点について軽く解説した上で、各バーチャルオフィスの特徴などをお伝えしていくことにしましょう。

バーチャルオフィス選びのポイントと注意点

具体的なサービスをご紹介する前に、バーチャルオフィス選びにおける、ポイントと注意点を理解しておきましょう。

⚠要注意!:安いという理由だけで選ぶのはやめたほうがいいです。

多くの方は、コストをなるべく抑えたいとお考えでしょうから「とにかく安いバーチャルオフィス」を探して契約しがちですが、実は「安い」という理由だけで選んでしまうのは、大きなリスクが伴います。たとえば、格安で手続きが非常に簡単なバーチャルオフィスの業者の場合、その住所が過去に犯罪や詐欺などに使われていたなどのケースもあるそうです。

いくら安くてもそういった住所は選びたくないですよね・・・。

また、サービス内容も「安かろう悪かろう」があることも事実です。問い合わせメールを送っても返信がない、電話をかけてもつながらないなど、信頼感にかける対応をされたという話もあります。

従って、本記事では「ただ安いだけのサービス」をご紹介するつもりはありません

とはいえ、副業や事業を行う上での固定費として考えれば、現実的に支払い可能な範囲だと思いますので、ぜひ「心から安心して使えるサービス」を見つけていってください。

【おすすめです】DMMバーチャルオフィス

✓サービス概要(年間契約)
  • 基本料金:2,530円/月〜
  • 保証金:初月のみ5,000円
  • 入会金:5,500円

DMMバーチャルオフィスの特徴としては、

  • 駅近・築浅の都内一等地のこだわり物件の住所が使える
  • DMMという大手企業が運営している安心感

でしょう。

住所については、都心のビジネスエリアの中でも特に人気の銀座、渋谷、大阪梅田の住所が用意されています。DMMは建物の外観にもこだわりを持っていて、事業のブランドイメージを考慮したオフィスを案内してくれます。

年間契約が条件にはなりますが、月額2,530円は破格です。せどりを長期的に継続してやっていくなら、どうせ1年以上は使うことになるので、サービスの充実度も含めたら「個人的にはDMMがおすすめ」です。

なお、本ブログの読者さま限定で「年間契約の初月無料クーポン」もご利用いただけます。お申し込み時に、紹介コードの欄に「QSW863」とご入力ください。初月無料で使えます。

karigo

✓サービス概要(ホワイトプラン)
  • 基本料金:3,300円/月〜
  • 入会金:5,500円〜

料金面とサービス面のバランスを考えた時に、Karigoもコストパフォーマンスが高いサービスです

無駄な余計なオプションがなく、必要最低限のサービスをリーズナブルな価格で受けられます。

料金プランも、さまざま用意されていますが、Amazonせどりを実践するだけなら、いちばん安い料金で使うことができる「ホワイトプラン」で十分です。

入会時に5,500円かかりますが、その後は月額3,300円で使うことができます。

荷物の転送サービスもついていますので、サービス面を考えればかなりリーズナブル。問い合わせ対応もしっかりされている印象で、「安かろう悪かろう」がない信頼のおけるバーチャルオフィスです。

借りる住所によって入会金や月額が変わってきますが、安い場所で検討していただければ問題ないかと思います。

Knowledge Society(ナレッジソサエティ)

✓サービス概要
  • 基本料金:4,500円/月
  • 入会金:15,000円
  • 保証金:30,000円

入会金、保証金と初期費用は高めにつきますが、月額料金はリーズナブルです。

サービス内容はこれ以上なく充実していて、有人対応の受付までついているという安心感バツグンのバーチャルオフィスとなっています。

ほかのサービスと比較すると、価格は高く見えるかもしれませんが、このレベルのサービス内容を提供しているバーチャルオフィスとしては、格安の部類といって良いでしょう。

また、最大の特徴として「法人登記ができる」という点が挙げられ、副業向けとは言えないものの、ゆくゆく企業して独立を検討されている方には向いているサービス内容です。

なお、申込みにあたっては、対面審査と書類審査を通過する必要があるので、ややハードルが高い点は難点といえるでしょう。ただ、厳正な審査を行っているからこそ不正利用を防ぐことにつながっており、信頼できるサービスを構築できているともいえます。

副業でせどりをこれから始める方にとっては、やや敷居の高いバーチャルオフィスかもしれませんが、サービス内容は素晴らしいので、おすすめのひとつとしてご紹介させていただきます。

まとめ:せどり向けバーチャルオフィス3社を比較してみる

最後に、ご紹介したバーチャルオフィスをサクッと比較しておきます。

  • DMMバーチャルオフィス:年間契約なら月額は最安値。本ブログ限定のクーポンで初月無料にできます。契約時に保証金がかかりますが、基本的には解約時に返ってくるものです。
  • Karigo:年間契約のしばりなしなら月額は最安値。提供可能店舗が多く全国に拠点があります。
  • ナレッジソサイエティ:初期費用が高額だけど、その分サービス内容が超充実してます。ただし審査も厳しめです。

この3社から選んでおけば、冒頭でお話しした「その住所が、過去に犯罪や詐欺などに使われていた」みたいなことは、ほぼほぼ無いと思うので安心ですね。

  • 実住所を公開するは抵抗があるな、、、
  • 会社にバレる可能性があるな、、、

という方は、バーチャルオフィスを契約して対策しておきましょう。

ちなみに、会社にバレないようにAmazonせどりがしたい場合、注意点を網羅的にまとめた記事もあるので下記に貼っておきます。あわせて参考にしていただけると嬉しいです。

また、副業せどりにおすすめの稼ぎ方をまとめた記事もあるので下記に貼っておきます。

それでは、本記事は以上です。最後までご覧いただきありがとうございました。

 

【無料e-book】なぜ9割のせどり初心者は
挫折してしまうのか?

僕が開始初月から利益7万円を稼いだ○○せどりの方法をまとめました

・70円仕入れ →2,200円販売

・300円仕入れ →4,500円販売

そんな実例もある初心者でも実践しやすい
高利益率の商品ジャンルを教えます。

この記事を書いている人 - WRITER -
長谷川ヒロヤ
【期間限定】初月から利益7万円を稼いだ○○せどりの全手法
無料ダウンロードはコチラ
【期間限定】初月から利益7万円を稼いだ○○せどりの全手法
無料ダウンロードはコチラ