【無料E-Book】利益率60%超え!○○せどりの全手法→LINE友だち追加でプレゼント(LINEボタンをタップ)

副業のためのせどり&転売ビジネスの稼ぎ方

ライバル総スルーの〇〇ジャンルとは? →詳細はこちら

【最新の解除方法あり】Amazonにおける出品制限を確認する方法

 
この記事を書いている人 - WRITER -
長谷川ヒロヤ
長谷川ヒロヤ
Amazonの出品制限有無を確認したい人「Amazonで商品を売るにあたって出品制限がかかっていないかを確認したい。確認方法を教えてください。」

そんな方が本記事をご覧いただくことで下記のメリットがあります。

✓本記事を読むと分かること
  • Amazonにおける出品制限有無の確認方法が分かる

本記事では下記の内容について解説していきます。

【最新の解除方法あり】Amazonにおける出品制限を確認する方法

本記事では、Amazonにおける出品制限を確認する2つの方法について解説していきます。

Amazonで商品を販売する場合は、主に既に出品されているカタログに相乗りをするかたちで出品をしていくことになりますので、現時点でAmazonに出品されている商品ならば基本的にあなたのストアも出品が可能な状態です。

ただし、「出品制限」がかかっている商品の場合は例外です。Amazonで出品をするためにメーカーの許可が必要なブランドAmazonの許可が必要なカテゴリーがあります。

つまり「商品を仕入れた後に制限に気付き出品できない状態におちいる」ということが起こり得るわけです。

そのため、商品を仕入れる前に「出品制限がかかっていないこと」を確認してから仕入れるということも重要になります。

なお、解除方法については、下記の記事でくわしく解説していますので、あわせて参考にしていただければと思います。

スマホの場合:Amazon Sellerアプリを使う

スマホの場合は「Amazon Sellerアプリ」を使って確認しましょう。

Amazon SellerAmazon Seller

posted withアプリーチ

手順は以下の通りです。

1.アプリを起動して「商品登録」をタップします。

2.上部の検索窓にキーワードを入力して確認したい商品を検索します。

3.検索結果の一覧から目的の商品をタップします。

4−1.下記のように「出品許可が必要な商品」と表示された場合は出品制限がある商品です。

画面下部から「新品」と「中古」を切り替えてそれぞれ確認が可能です。
中古なら出品できる商品などもあるので確認しておきましょう。

新品も中古も出品ができない場合は、下記のような表示になります。

4−2.下記のような表示がされている商品は制限がなく出品が可能です。

以上が、Amazon Sellerアプリを使った確認方法です。

店舗での仕入れ時など、スマートフォンで確認が必要な場合は、こちらの確認方法をおすすめします。

パソコンの場合:セラーセントラルで出品を試みる

もうひとつは、セラーセントラルで実際に出品を試して確認する方法です。

商品登録は商品を仕入れる前の段階でも試すことはできますので
実際に出品を行う流れで操作して、結果を見てみるという手段になります。

セラーセントラルにログインして下記の手順で確認してみてください。

1.画面上部メニューから「カタログ>商品登録」をクリックします。

2.確認したい商品を下記の通り検索します。

3.「出品制限が適用されます」の表示をクリックします。

4−1.下記の表示が現れた場合は「出品制限がかかっている」状態です。

4−2.下記のように「出品する」ボタンが表示された場合は出品が可能です。

念の為「出品する」ボタンを押していただき、
下記のような出品登録の画面が表示されれば問題ありません。

以上が「セラーセントラルにログイン」をして出品制限有無を確認する方法になります。パソコンで電脳せどりをしている際は、こちらが適切かと思います。

最後に、Amazonせどりの稼ぎ方をまとめた記事もあるので、下記に貼っておきます。

それでは、本記事は以上です。最後までご覧いただきありがとうございました。

 

【無料E-Book】なぜ多くのせどり初心者は
挫折してしまうのか?

私が開始初月から利益7万円を稼いだ○○せどりの方法をまとめました

・70円仕入れ →2,200円販売

・300円仕入れ →4,500円販売

そんな実例もある初心者でも実践しやすい
高利益率の商品ジャンルを教えます。

この記事を書いている人 - WRITER -
長谷川ヒロヤ
長谷川ヒロヤ

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください