【無料】LINE登録でブログの更新情報を受け取れます

HIROYAの電脳せどりブログ

電脳せどりのやり方を網羅的にまとめた記事はこちら

【Amazonせどり】アマゾン転売で稼ぐやり方とコツを網羅【徹底攻略】

アバター
WRITER
【Amazonせどり】アマゾン転売で稼ぐやり方とコツを網羅【徹底攻略】
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
HIROYA
副業せどりで月商200万超え、利益にして月50万円以上を稼ぐサラリーマン。素顔は野球、サッカー、音楽が趣味のふつーのアラサー男子です。僕と同じサラリーマンの方や主婦の方といった副業でせどりを実践される方を対象に「少ない時間で大きく稼ぐせどり」をお伝えしています。利益うん百万円という実績はありませんが、堅実に稼げる再現性の高い手法を公開中です。

Amazonせどり初心者「仕入れた商品をアマゾンで転売して稼いでみたいな。
Amazonせどりで稼ぐやり方とかコツを網羅的に解説しているブログとかないかな。」

そんな方が本記事をご覧いただくことで下記のメリットがあります。

✓ 本記事をご覧いただくことで得られるメリット

  • Amazonせどり・転売ビジネスの稼ぎ方とコツが分かります
  • Amazonせどり・転売ビジネスで稼ぐための仕入れの方法が分かります
  • Amazonせどり・転売ビジネスで稼ぐためのおすすめ商品が分かります

ちなみに、本記事を書いている僕は、アマゾンセラー歴5年。

副業のせどりで月収50万円(利益額)を稼いでいますので
記事の信頼性担保につながると思います。

↓売上ベースではこんな感じです。

本記事では下記の内容について解説していきます。

【Amazonせどり】アマゾン転売で稼ぐやり方とコツを網羅【徹底攻略】

【Amazonせどり】アマゾン転売で稼ぐやり方とコツを網羅【徹底攻略】

本記事では、Amazonせどり・アマゾン転売で稼ぐやり方とコツを
網羅的に徹底解説していきます。

なので、先に謝っておきますが本記事は長いです。
長いですが記事の品質・信頼性は確かですので参考にしていただけると筆者は喜びます。

初心者の方でもAmazonせどりが始められるように
超基礎からやっていきますので中級者以上の方は
必要のない内容はもくじからすっ飛ばしてください。

それでは順を追って解説していきます。

Amazonせどり・アマゾン転売で稼ぐ方法【まずはざっくり説明】

Amazonせどり・アマゾン転売で稼ぐ方法をまずはざっくり説明します。

Amazonせどり・アマゾン転売の定義としては「どこかで何かを仕入れてAmazonで売る」こと。
かつ、Amazonでの販売価格より安い価格で仕入れて利益をとっていきます。

「どこかで=仕入れ先」「何を=仕入れる商品」はさまざまありまして
本記事ですべて解説しますので、最終的にはあなたにあったものを選んでいただければOKです。

つまり、あなたがAmazonせどりで稼ぐためにやることは下記の3ステップです。

✓ Amazonせどりで稼ぐためにやること3ステップ

  1. 何かをどこかで仕入れて(買って)くる
  2. 仕入れた商品をAmazonに出品する
  3. Amazonで売れたら商品を発送する

ちなみにですが、3についてはFBAというサービスを使うことで
Amazonに代行依頼することができますので2ステップに短縮することもできますね。

Amazonせどり、アマゾン転売で稼ぐざっくりの方法はそんな感じです。

Amazonせどり・アマゾン転売を始めるために必要なものと準備

Amazonせどり・アマゾン転売を始めるために必要なものと準備

まずは、Amazonせどり・アマゾン転売を始めるために必要なものと準備からお伝えします。

Amazonせどりに限ったことではないですが
最低限必要なものをそろえておかないと
いくらスキルを身につけても稼ぐことはできませんよね。

とは言え、せどりの準備物は比較的ハードル低めなので
準備できないものは基本的に無いかなと思います。

Amazonせどり・アマゾン転売を始めるために必要なもの

Amazonせどり・アマゾン転売を始めるために必要なものを揃えていきましょう。

Amazonせどりに必要なものは以下の通りです。

✓ Amazonせどりに必要な準備物

  • パソコン
  • スマホ
  • Amazon出品用のアカウント
  • 仕入れ資金

ほかにも細々としたものは必要になりますが
例えば、発送時に使うダンボールや仕入れ時に使う無料サイトなどは
使うタイミングで準備すれば問題なしですね。

とりあえず、Amazonせどりを始める時に準備すべきものは上述したものがすべてです。
それぞれの準備の仕方についてサクッと解説していきます。

✓ パソコン

高性能なスペックは必要ありません。
普通にインターネットが使えるレベルならOKですね。
基本的には今使っているパソコンで問題ないかなと思います。
Amazonに出品作業をしたりネット仕入れをするときに使います。

✓ スマホ

スマホも特に高性能なスペックは必要なしですね。
いま使っているものでOKかなと思います。
ネット仕入れでも使いますが、店舗仕入れでリサーチする時にも使います。

✓ Amazonの出品用アカウント

Amazonに商品を出品するための利用登録みたいな感じですね。
Amazonで商品を買うときのアカウントとは別なので
Amazonで買い物したことはあるよって方も作る必要があります。

作り方については、動画をYouTubeにアップしているので貼っておきますね。

✓ 仕入れ資金

Amazonせどりでは商品を仕入れないと稼げないので
仕入れをするための資金が必要になります。
最低でも5万円くらいはほしいですね。

とは言え、いきなり5万円をポンッと出せる人は少ないと思うので
資金がなければ作るところから始めればOKです。
5万円くらいならやる気さえあれば割と簡単に作れます。

資金の作り方については徹底解説した記事があるので貼っておきますね。

≫参考:【最低5万】せどりに必要な資金の目安と作り方【無いなら作ればOK】

一通り準備ができたらAmazonせどりのスタートです。
簡単に言ってしまえば、あとは商品を安く買ってきてAmazonで売ればOKですね。

とは言え、安く買ってくる=仕入れるためにはコツがいるので
その辺はのちほど仕入れ編で解説していくことにします。

Amazonせどり・アマゾン転売で仕入れる商品を決める

Amazonせどり・アマゾン転売で仕入れる商品を決めましょう。

Amazonせどりは「何か」を仕入れてAmazonで売るビジネスですが
その「何か」はさまざまな種類があるからですね。

仕入れのコツを掴めば、何を仕入れても稼げますが
初心者がいきなり手広くいろんな商品を狙ったとしても
全部が中途半端になってうまくいかないので
まずは「ひとつのジャンルに絞って仕入れる」ことが必要です。

まず、Amazonせどりで仕入れ対象になる商品は下記の通りです。

✓ Amazonせどりで仕入れ対象になる商品の一覧

  • 本・雑誌
  • CD
  • DVD
  • ゲーム
  • おもちゃ・ホビー
  • 家電

どうやって決めたらいいかは「少しでも興味がある商品」にすべきかなと思ってまして
何故かというと、興味のない商品だと飽きやすいからです。

Amazonせどり、アマゾン転売で稼いでいくためには
仕入れを継続していかなければならないため
嫌いな商品より好きな商品を扱うほうがモチベーションが保ちやすいですよね。

とは言え、本は薄利なのであまりおすすめはしないです。
CDやDVDはAmazonの出品用アカウントを作ったばかりの方は
出品制限がかかっていて出品できない可能性が高いので避けたほうが無難かなと思います。

さらに「中古か新品のどちらを狙うか」も決めた方がいいですね。
家電を仕入れることにしたら、中古家電なのか新品家電なのか。
初心者の方は、徹底的に絞り込んで仕入れていきましょう。

ちなみに、新品と中古の違い、メリット・デメリットは下記のような感じです。

✓ Amazonせどりでの中古仕入れと新品仕入れの違い

  • 新品はセール品狙いが基本なので狙いどころが分かりやすいが
    中古はプレミア商品を狙うので儲かる商品のリサーチとリスト化が必要
  • 新品より中古の方が大きい価格差が取りやすい
  • 新品は同じ仕入れ先での大量仕入れが狙いやすい
  • 中古は同じ商品をリピート的に仕入れて長期的に稼げる

ざっくり挙げるとこんな感じです。
ぶっちゃけ新品か中古かはどちらでもいいと思ってますが
強いて言うなら中古の方が利益は大きく取れる傾向があるのでおすすめですね。

プレミア商品のリスト化は手間かもですが
リピート仕入れで同じ商品で長期的に稼げるので仕組み化すれば楽です。

とは言え、新品がダメというわけでもないので
上述した内容を参考にしつつ直感的に決めればOKかなと思います。

Amazonせどり・アマゾン転売の仕入れ先を把握する

Amazonせどり・アマゾン転売で仕入れる商品が決まったら、
今度は仕入れ先を把握しておきましょう。

仕入れ先は選んだ商品によって変わるので
主な仕入れ先の具体例をそれぞれピックアップしておきますね。
店舗での仕入れ先もネットでの仕入れ先も網羅的に列挙します。

✓ 本・雑誌の仕入れ先

  • 新品・・・本屋、コンビニ、イオンなどのデパート、ネットショップ
  • 中古・・・ブックオフなどの古本屋、ヤフオクやメルカリ

✓ CDの仕入れ先

  • 新品・・・TSUTAYA・ゲオなどのCDショップ、イオンなどのデパートネットショップ、ヤマダ電機などの家電量販店
  • 中古・・・TSUTAYA・ゲオなどのCDショップ、ブックオフなどの中古ショップ、ヤフオクやメルカリ

✓ DVDの仕入れ先

  • 新品・・・TSUTAYAなどのCDショップ、イオンなどのデパート、ネットショップ、ヤマダ電機などの家電量販店
  • 中古・・・ブックオフなどの中古ショップ、ヤフオクやメルカリ

✓ ゲームの仕入れ先

  • 新品・・・TSUTAYA・ゲオ・ワンダーグーなどのゲームショップ、イオンなどのデパートネットショップ、ヤマダ電機などの家電量販店
  • 中古・・・ブックオフなどの中古ショップ、ヤフオクやメルカリ

✓ おもちゃ・ホビーの仕入れ先

  • 新品・・・トイザらスなどのおもちゃ屋、イオンなどのデパート、ヤマダ電機などの家電量販店
  • 中古・・・セカンドストリートなどのリサイクルショップ、ヤフオクやメルカリ

✓ 家電の仕入れ先

  • 新品・・・ヤマダ電機などの家電量販店、イオンなどのデパート、ネットショップ
  • 中古・・・ハードオフなどのリサイクルショップ、ヤフオクやメルカリ

ヤフオクとメルカリは割と万能ですね。
ネット仕入れは時間がない副業の方にはおすすめです。

とは言え、店舗は店舗で楽しみながら仕入れができればオッケーですね。
店舗でのリサーチは人の目が気になるなと思う方はネットだけでも問題なしです。

上述のことを踏まえ、仕入れ先となる店舗やネットショップを
思いつく限り書き出してみてください。

安く仕入れられるかどうかはタイミング次第だったりもするので
とりあえず「仕入れる対象の商品が売り場にある」店舗やネットショップならOKです。

質は気にせず、できるだけ数多く把握しておくことがコツですね。

Amazonせどり・アマゾン転売の商品リサーチと仕入れ方法について

【Amazonせどり】アマゾン転売の商品リサーチと仕入れ方法について

続いては、Amazonせどり・アマゾン転売における
儲かる商品のリサーチと仕入れ方法について解説していきます。

Amazonせどりで稼ぐための最大のキモは仕入れですね。
いかに安く商品を仕入れることができるかが一番大事です。

ということで本項目では「店舗仕入れ」と「ネット仕入れ」に分けて
それぞれの儲かる商品のリサーチ方法を解説していくことにします。

店舗で仕入れる店舗せどりのリサーチ方法

店舗で仕入れる店舗せどりのリサーチ方法からご説明します。

店舗せどりで儲かる商品をリサーチする時に使うものは
スマホとモノレートというサイトです。

モノレートで商品を検索することで、
その商品が「Amazonに出品したら売れるかどうか」が分かります。

Amazonの販売価格と価格差があって安い商品を仕入れたとしても
Amazonで売れなければ1円の利益にもなりませんよね。

なのでモノレートを使ってAmazonで売れる商品かどうかを確認して
ちゃんと売れる商品だけを仕入れていくような感じです。

ちなみにモノレートで見るべき箇所は、商品のランキングのグラフだけですね。

ランキングのグラフを見るとところどころでグラフの線がガクッと急降下している箇所があり
この急降下のタイミングで商品が売れていることを意味しています。

つまりこの急降下の回数を数えれば、
商品がAmazonでどのくらい売れているのかが分かりますよね。

グラフの線が激しく上下している商品ほどよく売れ
反対に線が平行に真っ直ぐ伸びているだけの商品は売れません。

店舗仕入れは、Amazonの販売価格をスマホで調べて価格差がある商品を手にとったら
今度はスマホでモノレートを開いて、Amazonで売れる商品は仕入れていくという感じです。

ちなみに、商品のバーコードをスマホカメラで読み取ってモノレート検索ができる
アプリ(iPhoneなら「せどりすと」、Androidなら「せどろいど」)もあります。
ただバーコードリーダーの使用を禁止する店舗も増えてきているので
アプリに頼りすぎたリサーチはおすすめしていません。

具体的にどんな場所をリサーチすればいいのかなどは本記事で網羅するのは難しく
というのも、仕入れ先や仕入れる商品によって違うからですね。

よりリサーチのコツを知りたい方は、それぞれの仕入れ先店舗に特化した記事で
解説していたりするので、本ブログの右上にある「虫眼鏡アイコン」でキーワード検索か
店舗せどりの記事カテゴリーから探してみてください。

ネットで仕入れる電脳せどりのリサーチ方法

ネットで儲かる商品をリサーチする方法をお伝えします。

ネットでのリサーチに関しても、Amazonと価格差のある安い商品を探して
モノレートでAmazonで売れることを確認して仕入れるという
基本的なやり方は、店舗での仕入れと変わらずです。

ただ、ネットでの仕入れにおいては、
下記の2パターンでリサーチの仕方が微妙に変わるかなと。

✓ Amazonせどり、ネット仕入れの2パターン

  • ストアが持つネットショップで仕入れるパターン
  • ヤフオクやメルカリで一般人から仕入れるパターン

ストアが持つネットショップ(例えばヤマダ電機の通販サイトなど)で
仕入れる場合は、基本的にセールコーナーやアウトレットコーナー狙いで
値下げされている商品をリサーチしていくような感じです。

ただ、ヤフオクやメルカリにおいては
出品する人の感覚の違いがあり、同じ商品でも価格にバラつきがあるので
どの商品が安く仕入れられるか読めない性質があります。

逆に言うと、どんな商品でも安く仕入れられるチャンスがあるので
先にAmazonで売れる商品をピックアップ、リスト化しておいて
リスト化した商品を定期的にヤフオクやメルカリでチェックがおすすめですね。

ヤフオクやメルカリでの仕入れに関しては、僕の得意分野でして
リサーチ方法を動画でアップしているので貼っておきます。

リサーチの順序は変わりますが、モノレートを使って仕入れるという
原則の部分は同じなので、Amazonで売れる商品を見極める方法は
必ず頭に入れておくようにしましょう。

Amazonせどり・アマゾン転売の出品方法と商品を売るコツ

【Amazonせどり】アマゾン転売の出品方法と商品を売るコツ

Amazonせどり、アマゾン転売において
仕入れた商品を出品する方法と商品を売るコツについてお伝えしていきます。

前項で「仕入れがAmazonせどりで稼ぐために一番大事」と話しましたが
とは言え、売ることもおろそかにはできないですよね。

何故なら、Amazonせどりでは仕入れた商品が売れることで
初めて収益が発生するビジネスだからです。

ということで、Amazonに商品を出品する方法を解説していきますが
まず覚えていただきたいことは、Amazonに商品を出品する場合
出品の形式が2つあることです。

✓ Amazonに商品を出品する時の2つの形式

  • 自己発送の商品として登録・出品する
  • FBAというサービスを使い登録・出品する

まず、自己発送というのは、Amazonで商品が売れたら自分で商品を発送する方式です。
商品が売れたら緩衝材やダンボール(時には封筒)で梱包して発送手配ですね。

もうひとつは、AmazonのFBAというサービスを使って出品する方式でして
仕入れた商品をAmazonの倉庫に送り込んでおくことで
売れたあとの発送やお客様対応をAmazonが代行しれくれるサービスになります。

ちなみに、おすすめとしてはFBAを使った出品ですね。

発送の手間が省けるということもありますし
本記事で具体的な解説はしませんが販促効果もあるので、
簡単に言うと出品した商品が売れやすくなります。

FBAを使うことで手数料もかかりますが
それ以上にメリットが大きいのでコスパは最高ですね。

Amazonに仕入れた商品を出品登録する方法

それでは、Amazonに商品登録する手順を説明していきます。

↓まずは、セラーセントラル(Amazonの管理画面)にログインですね。

Amazonにログイン

↓続いて上部メニューの「カタログ」から「商品登録」を選択です。

amazon商品登録

↓出品する商品をキーワード検索します

amazon出品

↓出品したい商品の「出品する」ボタンをクリックします

amazon出品

あとは価格やらコンディションの説明やら必要事項を入れていくだけでOKです。

ちなみに、自己発送で出品するかFBAで出品するかは
下記の選択肢で指定することができます。

amazon出品

✓ Amazon出品登録時のフルフィルメントチャネルの選択について

  • 上段の「出品者在庫」を選択すると自己発送での出品
  • 下段の「FBA在庫」を選択するとFBAでの出品

FBAで出品する場合は、別途「Amazon倉庫への納品作業」が必要です。

FBAで出品が完了するまでの流れとしては

  • FBA納品手続き(セラーセントラルでの操作)
  • FBA用のラベルを印刷して対象商品に貼る
  • Amazon倉庫宛てに対象商品をまとめて発送

という感じです。

FBAの出品方法については、別途詳しく解説した記事があるので貼っておきますね。

✓参考記事 :【詳細方法】Amazonの出品手順を画像つきで解説【FBA納品&自己発送】

初めての出品は少し手こずるかもですが、そういうものです。
何度か出品しているうちに慣れるので焦らずやっていきましょう。

Amazonせどり・アマゾン転売で商品が売れたあとの対応について

Amazonせどり・アマゾン転売で商品が売れたあとの対応について

最後に、Amazonせどり・アマゾン転売で商品が売れたあとの対応についての説明です。

とは言え、FBAを使っている場合はすべてAmazonにお任せなので
商品の発送やお客様対応に関しては特にやることはありません。

できればストア評価を獲得していきたいので、
評価依頼のメッセージを送っておくとなおいいかなと思います。

主に自己発送向けの商品の発送方法について説明していきますね。

自己発送の場合は商品を梱包して送る

自己発送の場合は商品が売れたら、その商品を自分で梱包して送る必要があります。

梱包資材としては下記のものを用意しておけば足りるかなと。

✓ Amazonせどりで自己発送する場合の梱包資材

  • 緩衝材(プチプチ)
  • ガムテープ
  • ダンボール
  • 封筒

大体はホームセンターやダイソーなどの百均でも買えますね。
ヨドバシカメラや楽天などのネット通販でも購入可能です。

家電やおもちゃなどある程度サイズの大きい商品はダンボールがいりますが
CDやゲームソフトなど厚みのない商品なら封筒で十分かなと思います。

問題は、どのような配送業者や配送サービスを使って発送すべきかという点ですが
商品や送る距離によって状況が変わるので「運び方.com」で調べるのが手っ取り早いかなと。

運び方.comでは各配送サービスを比較して
配送料の安い配送サービスを教えてくれるので便利ですよ。

CDやゲームソフトなどの厚みのない商品なら、日本郵便のクリックポストを使うと
ポスト投函でも送れますし、追跡番号も発行されるのでおすすめしてます。

できれば評価依頼を送るとベスト

Amazonではストア評価を獲得しておいた方が
商品が売れやすくなります。

なので、商品を売りつつ評価もなるべく稼いでおくと
徐々に有利にAmazonせどりができるようになるかなと。

とは言え、Amazonのストア評価はなかなかつきにくいものでして
ストア側から評価依頼をしないとほとんどつかないですね。

評価依頼をしても10人に1人評価をつけてくれればいい方です。

ただその分、評価をコツコツとためておくことで
ライバルとの差別化を図ることができるので
面倒ですが、評価依頼をしておくメリットは大きいかなと思ってます。

ちなみに評価依頼を送るときは、購入者へのメッセージ送信画面で
件名の選択を「評価リクエスト」にして送ればOKです。

amazon評価依頼

ちなみに、評価依頼はOKですが「高い評価をつけてください」や
「評価5をつけてください」といったように高評価を促すメッセージは禁止されているので
あくまでも「評価をお願いします」というフラットなスタンスで依頼するようにしましょう。

まとめ:あなたに合ったAmazonせどり・アマゾン転売の方法を見つけること

あなたに最適なAmazonせどり・アマゾン転売の方法を見つけること【継続は力なり】

まとめますと、Amazonせどり・アマゾン転売で稼ぐためには
まず、あなたに最適な手法を見つけることが大事かなと思ってます。

ビジネスは継続することが大事でして、
少しでも興味がある商品を選んで仕入れをしたり
苦痛を感じない仕入れ方法を見つけることが
継続しやすい状況を作るからですね。

ぶっちゃけ、いきなり「楽しい」と感じるのは難しいと思うので
お金が増えていくことをモチベーションにしつつ
辛くならない方法で続けていくのが
Amazonせどりで稼ぐにはベストな方法かなと思っています。

ということで、本記事があなたのAmazonせどりのスタート
もしくはステップアップに役立てばとても嬉しいです。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

 

✓ノウハウの全てをメールで無料公開することにしました

登録特典:10万円の資金を生み出す手法(PDFコンテンツ)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
HIROYA
副業せどりで月商200万超え、利益にして月50万円以上を稼ぐサラリーマン。素顔は野球、サッカー、音楽が趣味のふつーのアラサー男子です。僕と同じサラリーマンの方や主婦の方といった副業でせどりを実践される方を対象に「少ない時間で大きく稼ぐせどり」をお伝えしています。利益うん百万円という実績はありませんが、堅実に稼げる再現性の高い手法を公開中です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください