【無料E-Book】なぜ多くの初心者は挫折してしまうのか?→下記ボタンからLINE友だち追加でプレゼント

副業のためのせどりビジネス実践方法

【期間限定】10個の無料プレゼントはコチラ

【中国輸入ビジネス】検品の必要性は?やり方や注意点も解説

 
この記事を書いている人 - WRITER -
長谷川ヒロヤ

 

中国輸入で仕入れをする人「中国輸入ビジネスで仕入れた商品は、どこまで検品したらいいんでしょうか?やり方と、注意点なんかもあれば教えてください。」

そんな方に向けて記事を書きます。

 

本記事を読むと分かること
  • 中国輸入ビジネスにおける検品の必要性がわかる
  • 検品のやり方と注意点がわかる

 

本記事を書いている僕は、物販歴5年以上。現在はコンサルタントとして、物販の稼ぎ方を教えることをメインに活動中です。

ちなみに副業時代に下記のような売上実績があります。

そういった経験にもとづき、本記事では「中国輸入ビジネスにおける検品」について解説します。

 

【中国輸入ビジネス】検品の必要性は?やり方や注意点も解説

本記事では、中国輸入ビジネスにおける検品の必要性、やり方や注意点について解説します。

せっかく商品を仕入れて売ったのに、初期不良があって返品になった…なんてことは避けたいですよね!

クレームになった場合、対応も一苦労です。

 

検品の必要性について

結論、中国輸入で仕入れた商品は「最低限の検品は必須」です。

中国の商品は、国内で仕入れるものほど品質の高いものが少ないためです。

検品をせずに売ってしまうと、返品対応やクレームなどのトラブルに発展しかねません。

ですので、できるかぎりの検品を行うことをおすすめします。

 

例外:信頼のおける仕入れ先の場合

何度も商品を仕入れていて「取引先」のような状況なら、検品を省略するのもありでしょう。

信頼できる仕入れ先を見つけることで、検品の手間を省けるとも言えますね。

 

前提:評価の高いストアから仕入れる

前提として、評価の高いストアから仕入れるようにしましょう。

中国輸入ビジネスでは、タオバオアリババなどのネットモールで仕入れるのが基本です。

その中でも高い評価が95%を超えるストアから仕入れるのが無難。

評価の低いストアから仕入れると、不良品が届く可能性が高まりリスクとなります。

 

検品のやり方

検品をおこなう際のポイントは

  • 外観的なダメージがないか
  • 使用目的を果たせるかどうか

となります。

 

外観的なダメージがないか

商品に損傷がないかどうかの確認です。

傷やスレなどのダメージがないことを検品しておきましょう。

 

使用目的を果たせるかどうか

要するに「ちゃんと使えるかどうか」です。

家電製品は通電してしまうと、新品あつかいできなくなってしまうので、注意しましょう。

 

検品は外注したほうがラクです

検品のやり方をお伝えしてきましたが、、、ぶっちゃけ検品は外注するのがおすすめです。

中国輸入では輸入代行を使うことになります。この輸入代行で検品もやってもらいましょう。

対応の可否、対応できる範囲などは各サービスで異なりますので、ご注意ください。

 

検品における注意点

検品における注意点は「検品に時間をかけすぎないこと」です。

特に副業で中国輸入をするなら、検品に時間を取られると「肝心な仕入れ」ができません。

検品は返品やクレームを避けるために大切なことですが、稼げなければ本末転倒。

できるだけ「簡易的な検品」で済ませる、もしくは、やはり「輸入代行にまかせる」のが現実的でしょう。

 

まとめ:中国輸入で検品は重要、しかし時間を使いすぎないこと

まとめます。

中国輸入ビジネスにおいて検品は重要です。しかし時間を使いすぎるのはNGなので注意しましょう。

繰り返しになりますが、検品は外注したほうが良いです。

どうせ輸入代行は使うことになるので、あわせて検品もしてもらいましょう。

 

中国輸入ビジネスで稼ぐには?

検品だけでなく、稼ぎ方を網羅的に学びたい方は下記の記事がおすすめです。

 

それでは、本記事は以上です。

 

 

 

【無料】おつかい感覚のネット仕入れで毎月100万円を稼ぐ方法とは?

「10個のプレゼント」もご用意しました

1商品あたりの平均利益は1万円

商品リストでのリサーチ不要仕入れ

スキマ時間にスマホで仕入れる仕組み

そんなノウハウを
あなたにLINEでこっそり教えます。

この記事を書いている人 - WRITER -
長谷川ヒロヤ
\おつかい感覚のネット仕入れで毎月100万円を稼ぐ/
無料のLINE講座はコチラ
\おつかい感覚のネット仕入れで毎月100万円を稼ぐ/
無料のLINE講座はコチラ