【無料E-Book】なぜ多くの初心者は挫折してしまうのか?→下記ボタンからLINE友だち追加でプレゼント

副業のためのせどりビジネス実践方法

【期間限定】10個の無料プレゼントはコチラ

【スキップNG】中国輸入OEMでサンプルを発注する必要性とやり方

 
この記事を書いている人 - WRITER -
長谷川ヒロヤ

 

中国輸入OEMをはじめたい人「中国輸入OEMをやりたいのですが、サンプルの発注は必須でしょうか?必須ならやり方も知りたいです。」

そんな方に向けて記事を書きます。

 

本記事を読むと分かること
  • 中国輸入OEMにおけるサンプル発注の必要性がわかる
  • サンプル発注の方法がわかる

 

本記事を書いている僕は、物販歴5年以上。現在はコンサルタントとして、物販の稼ぎ方を教えることをメインに活動中です。

ちなみに副業時代に下記のような売上実績があります。

そういった経験にもとづき、本記事では「中国輸入OEMでサンプルを発注する必要性とやり方」について解説します。

 

中国輸入OEMでサンプルを発注する必要性とやり方

本記事では、中国輸入OEMでサンプルを発注する必要性とやり方を解説します。

前提として、OEMは上級者向けの手法です。まずは、既製品を仕入れる中国輸入ビジネスで実績をつくってからチャレンジしましょう。

 

サンプル発注の必要性

結論として、中国輸入OEMをするならサンプル発注は必須です。

理由は下記のとおり。

  • 指示どおりの商品ができているか分からないから
  • 品質を目視で確認しておくべきだから

 

指示どおりの商品ができているか分からないから

中国の工場とのやり取りになるので、いきなり指示どおりできあがってくる可能性の方が低いです。

思った商品とぜんぜん違うものを大量発注してしまったら、取り返しがつかないことになりますからね。

 

品質を目視で確認しておくべきだから

中国商品は品質があまり良くない商品も多数あります。

粗悪品レベルの商品を仕入れてしまったら、これもまた大きな損失になりますからね。

仕入れて販売する前に、販売者自身がその目で商品の品質はチェックしておくべきでしょう。

 

サンプル発注の方法

サンプル発注の方法は2通りあります。

  • 代行業者を介してやりとりをする
  • 中国の工場と直接やりとりをする

 

ぶっちゃけ、中国の工場と直接やりとりをするのは難易度的にむずかしいです。

なので、見積もり段階から代行業者をたててやりとりをするのが主流ですね。

たとえば、下記のような代行業者があります。

 

まとめ:中国輸入OEMをするならサンプルの発注はスキップ厳禁です

まとめます。

中国輸入OEMをするならサンプルの発注はスキップ厳禁です。

サンプル発注をめんどくさがって飛ばしてしまうと

  • 発注内容と異なる商品が届く
  • 品質の悪い商品ができあがってしまう

といったリスクがあるので、絶対にサンプル発注はしましょう。

 

とはいえOEMは上級者向けの手法

なので、まずは既製品を仕入れる手法で実績をつくりましょう。

下記の記事にやり方をまとめてあります。

 

それでは、本記事は以上です。

 

 

【無料】おつかい感覚のネット仕入れで毎月100万円を稼ぐ方法とは?

「10個のプレゼント」もご用意しました

1商品あたりの平均利益は1万円

商品リストでのリサーチ不要仕入れ

スキマ時間にスマホで仕入れる仕組み

そんなノウハウを
あなたにLINEでこっそり教えます。

この記事を書いている人 - WRITER -
長谷川ヒロヤ
\おつかい感覚のネット仕入れで毎月100万円を稼ぐ/
無料のLINE講座はコチラ
\おつかい感覚のネット仕入れで毎月100万円を稼ぐ/
無料のLINE講座はコチラ