Amazon物販で副収入50万円/月を稼ぐHIROYAのブログ

5分で出来る!儲かる商品をあぶり出す最も確実性の高い仕入れ手順はこちら

【副業せどり確定申告のやり方】後悔する前に覚えたい税金の知識

WRITER
 
せどりの確定申告のやり方
この記事を書いている人 - WRITER -
HIROYA
副業せどりで月収50万円以上を稼ぎ続ける平凡なサラリーマン。
僕と同じサラリーマンの方や、主婦の方など副業でせどりを実践される方向けに「少ない時間で大きく稼ぐ!」をモットーとして、せどりの稼ぎ方をお伝えしています。

あなたが副業せどりで稼いだら、確定申告は必ず必要になります。

 

これはせどりに限ったことではなくて、例え副業であっても
確定申告は必須ですし、せどりで稼いだ収入に対しても納税の義務というのはあります。

 

正直言って、確定申告は面倒くさいと思います。

 

でも「面倒くさいからやらない」で済ませていると
後々、激しく後悔することになります。

 

確定申告は、例年3月15日が締め切り日となっていますので
期日に必ず間に合うように知識をつけて準備しておきましょう!

 

 

副業せどりで稼いだらいくらから確定申告が必要?

 

では、具体的にいくら稼いだら確定申告が必要になるのでしょうか?

 

そのラインは、本業の場合と副業の場合は異なります。

 

 

・本業としてやっている場合は、年間の利益が38万円以上の方

・会社から給与を受けていてせどりが副業の場合は、年間の利益が20万円以上の方

 

 

上記に該当する場合、確定申告を行う必要が出てきます。

 

僕のブログをご覧いただいている方のほとんどは
副業でせどりを実践されていると思いますので
副業の方はせどりで年間20万円以上を稼いだら、確定申告は必須になると覚えておきましょう!

 

 

ちなみに「20万円以上を稼いだら」の定義は、売上ではなくて所得で計算します。

 

つまり、Amazonで年間50万円の売上があったとしても
仕入れやその他経費に35万円使っている場合は
50万円ー35万円=15万円なので、所得は20万円以下ということになります。

 

しかし同じ50万円の売上であっても
仕入れやその他経費にかかった費用が15万円だった場合は
50万円ー15万円=35万円なので、所得は20万円を超えています。

 

つまり、確定申告の必要有無については
単純な売上ではなく、各経費を差し引いた所得で判断しなければなりません。

 

仮に所得が20万円に満たずに確定申告を行わない場合も
売上=所得ではないことを証明できるようにしておく必要はあります。

 

ですので、仕入れ時のレシートやクレジットカード明細など
各経費を支払ったことが分かる資料は必ず保管しておきましょう。

 

 

 

副業せどりで稼いで確定申告をしないとばれる?

 

先ほども申し上げましたが、確定申告はハッキリ言って面倒です。

 

面倒ですが、やらずにサボるともっと面倒なことになります。

 

超めんどくさがり屋の僕でさえ、確定申告の提出時期が近づくと
確定申告のために時間を割いて、余裕を持って申告書を提出できるように動きます。

 

 

確定申告をしなかった場合のペナルティは
簡単に言うと「もっと大きなお金を支払うはめになる」ということです。

 

支払っていなかった税金を支払うことは当然ですが
支払いを滞納していたペナルティとして利息も支払わなければなりません。

 

つまり、せっかくせどりで稼いだにも関わらず
確定申告を面倒くさいと言ってやらないだけで
稼いだお金が無くってしまう可能性さえあるということです。

 

無くなるくらいで済めばいいですが
最悪の場合「赤字になる」可能性も十分にあるのです。

 

実際、税務調査というのは4年に1回くらいのペースで実施されるそうなので
4年間という期間の延滞金として大金を支払う義務が発生することを想像すると、
恐ろしくて確定申告をサボる気になんてなれませんよね!

 

ちなみに税務署としては、長期間、確定申告のないまま泳がせておくほうが
あとで多くの利息を取ることができますし、人件費も削減できるので
上記のことは税務署の戦略とも言われています。

 

もちろん、そのことを悪く言うつもりはありませんし
確定申告、納税は僕らの義務ですので当然のことです。

 

ですが、そうやって戦略的に泳がされて大きなお金が出ていってしまうことは
確定申告、納税をサボることで普通に起こり得ることですので
危機感を持って真剣に考えてほしいと思っています。

 

 

副業せどりの確定申告をしないと必ずばれる

 

たまに「確定申告の義務を知らなかった」と言い訳して逃れようとする人もいますが
知らなかったは通用しませんので、確定申告の義務としっかり向き合って
最低限の知識を付けておきましょう!

 

例え副業であっても、自分でビジネスを実践していればあなたは立派な経営者です。

 

経営者が確定申告、納税をしないなんてあり得ません。
その辺は自覚を持って取り組んでいきましょう!

 

自分でお金を稼ぐというのはそういうことです!

 

ちなみに、確定申告をしなかったらそれは必ずバレます。

 

あなたがせどりで稼いだお金は、
Amazonから売上金として振り込まれますよね?

 

すると、Amazonは誰にいくら支払ったかを税務署に報告しているはずです。

 

 

ですので税務署からすれば、
あなたがAmazonから売上金を受け取っている事実は
全てお見通しと言うわけです。

 

そういう情報も得ていますので
誰が確定申告をしていないかというのは
すぐに調べがつくんですね。

 

もちろん、売上金から所得を割り出すことは出来ませんので
所得が20万円以下で、確定申告の義務がないのであれば
先ほど申し上げた通り、それを証明できるよう資料は保管しておきましょう。

 

 

副業せどりの確定申告に必要なものは?最低限、経費を帳簿に記載しておこう

 

ここまでは確定申告の必要性、また確定申告をしないとどうなるのか
というお話をしてきました。

 

確定申告の重要性は十分にご理解いただけたと思います。

 

ですのでここからは、あなたがしっかりと確定申告するために
日ごろ何をしておけば良いのか、というお話をしていきます。

 

と言ってもやるべきことはとてもシンプルです。

 

 

簡単に言うと「所得と経費を証明できるようにしておく」ということです。

 

 

なぜそんなことをするのかというと
もちろん「確定申告の必要有無」を証明するためにも必要ですが
「余計な税金を支払わないようにするため」というのが最大の目的です。

 

税金というのは、基本的に所得に対してかかるものなので
経費が分からなくなってしまうと
売上=すべて所得と判断せざるを得なくなり
その分、多くの税金を支払わなければならなくなります。

 

前項でもご説明した通り、税務署は売上は把握していますが
経費は把握できないので、経費は自分で証明しなければなりません。

 

例えば、Amazonから50万円の売上金が振り込まれたとしても
50万円すべてが所得ということではないはずです。

 

せどりであれば、当然「仕入れ」にお金を使っているはずですし
Amazonから手数料を引かれたりもしています。

 

50万円の売上のために、30万円の仕入れをしていたりするわけです。

 

でも、そのことを証明できる資料が何もなければ
50万円すべてが所得と見なされるということです。

 

この場合、実際は所得が20万円でも50万円分の税金を収める義務が発生します。

 

 

では、所得と経費を証明するためにあなたが出来ることはどんなことでしょう?

 

それは、経費を支払った際の「レシート」「領収書」「支払明細」などを
しっかり保管しておくことです。

 

電脳せどりでインターネット上で商品を仕入れた場合
クレジットカードで支払うことが多いと思いますが
そういう場合は「クレジットカードの利用明細」で証明することも出来ます。

 

銀行振込であれば「振込明細」で証明が可能ですよね。

 

理想は、常に「何に使った明細か」が分かるように保管しておくことです。
専用のファイルを買ってきて、ファイリングしておくのがベストでしょう。

 

ただ最悪、捨てたりしていなければあとで整理することは出来ますので
レシートなどは捨てずに必ず取っておくようにして下さい。

 

 

 

副業せどりの確定申告のやり方、書類の書き方が分からない時は

 

いくら確定申告や納税の必要性をお話したところで
その作業が面倒くさいという事実は変わりません。

 

僕も確定申告は好きではありません。

 

僕の場合は、絶対一人ではやりたくないので
必ず税理士さんに相談して確定申告を依頼しています。

 

勉強で基礎的な知識は身につけられてもやはり専門家には敵いませんし
「ちゃんと出来ているだろうか?」と不安を抱えながらやるくらいなら
税理士さんに依頼金を支払ってでも、お願いした方が安心安全ですからね!

 

僕は副業でせどりをやっている関係で、
会社にバレないように確定申告をしたいので
そのような相談も税理士さんにしながら進めています。

 

 

【参考】会社にバレずに副業を続けるポイントについては
下記の記事でもご紹介しています。

 

 

 

それに、税理士さんに相談をすると
意外と経費に出来るお金が多いことにも気づきます。

 

確定申告は絶対にしなければいけませんが
余計な税金を支払う必要はありません。

 

脱税はNGですが、正しい方法で賢く節税をすることは
決して悪いことではありませんので、
税理士さんに相談した方が、節税という面では得になると思いますよ。 

 

僕は最初「税理士ドットコム」というインターネットサイトで
税理士さんを紹介してもらいました。

 

インターネット上で、相談先を探すことも出来ますので
せどりで稼いでるけど確定申告の方法に不安があるという方は
稼いだお金を使って、税理士さんにお願いした方が無難でしょう。

 

 

もし、ご自身で税金のことや節税について学びたいという方は
せどりに特価した税金の教材もありますので、ご紹介しておきますね。

 

せどりに特化した税金セミナー

 

 

 

せどりに限ったことではありませんが、ご自身でビジネスをやっていく以上
確定申告や税金に関する知識は、多少なりとも必要になります。

 

どうしても面倒くさいという場合は

・所得と経費を証明できる資料をとっておくこと
・税理士さんに相談すること

 

を守っていれば、何の知識がなくても最低限の確定申告が可能ですので
この2点は忘れずにビジネスに取り組んでいきましょう!

 

ただ、そもそもこれは「稼いでからの話」ですからね!

 

確定申告の必要性も念頭に置きつつ
まずはせどりで稼ぐための知識、ノウハウを身につけていきましょう!

 

そのために、僕のブログやメルマガを参考にしていただけたら
とても嬉しく思います。

 

それでは、この記事を最後までご覧いただきありがとうございました!

 

 

僕が月収50万円を稼げるようになるまで歩んできた道を
そっくりそのまま、あなたにも歩んでいただきます。

メールマガジンで僕からあなたへ直接「せどりで自由な人生を手にする方法」を伝授します。

この記事を書いている人 - WRITER -
HIROYA
副業せどりで月収50万円以上を稼ぎ続ける平凡なサラリーマン。
僕と同じサラリーマンの方や、主婦の方など副業でせどりを実践される方向けに「少ない時間で大きく稼ぐ!」をモットーとして、せどりの稼ぎ方をお伝えしています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください