LINEでブログの更新情報を受け取る

Amazonセラー歴5年HIROYAの電脳せどりブログ

副業に最適な電脳せどりの全手法

【電脳せどり出品編】Amazonの大口出品と小口出品の違いについて

WRITER
 
Amazonの大口出品と小口出品
この記事を書いている人 - WRITER -
HIROYA
副業せどりで月収50万円以上を稼ぎ続ける平凡なサラリーマン。
僕と同じサラリーマンの方や、主婦の方など副業でせどりを実践される方向けに「少ない時間で大きく稼ぐ!」をモットーとして、せどりの稼ぎ方をお伝えしています。

インターネット上で商品を販売する場所はいくつかありますが
電脳せどりというビジネスにおいては
仕入れた商品は原則、Amazonで販売することになります。

 

ですので、Amazonで商品を販売するための
出品用アカウントを取得しなければなりません。

※出品用アカウントはAmazonで買い物をするアカウントとは別です。

 

Amazonの出品用アカウントには大きく分けて2つの種類があります。

 

その2つと言うのが「大口出品」と「小口出品」になります。

 

この記事では、大口出品と小口出品の違いや、メリット・デメリットをお伝えした上で
電脳せどりを始める場合、どちらで出品するのが良いのか
ということについてお話をしていきたいと思います。

 

 

大口出品と小口出品の大まかな違いについて

Amazonの大口出品と小口出品の大まかな違い

 

ここで僕が説明するよりも、Amazonが親切に「早見表」を載せてくれているので
まずは、そちらをご覧になってみてください。

 

 

いかがでしょうか?

 

簡単に言ってしまうと、大口出品は月額(4,900円)がかかる代わりに
商品を売るための機能や販促面で有利になるサービスが充実している
ということですね。

 

反対に小口出品は月額がかかりませんので、費用面ではメリットがありますが
販促面のサービスは圧倒的に少なく、
要するに、商品が売れにくいというデメリットがあります。

 

正直、物販ビジネスにおいて
商品が売れにくいというのは、かなり大きなデメリットです。

 

特に決済方法の選択肢が異なる点は大きな差になります。

 

例えば、多くのネットユーザーが使用すると言われている
コンビニ決済や代引き決済の有無は、かなり売上に影響するでしょう。

 

あなたも、インターネット上で買い物をされたことがあったら
おそらく、コンビニ決済や代引を利用されたことが
お有りなのではないでしょうか。

 

実際にこれらの決済方法の重要は高く
コンビニ決済や代引き決済ががないストアより
あるストアの方が商品を買ってもらえる確率は間違いなく高くなります。

 

それだけでも販促の観点から言えば、大口出品の方が圧倒的に有利ということが言えます。

 

 

小口出品だけにかかる基本成約料

Amazon小口出品の基本成約料

 

Amazonで紹介されている料金プランの比較にもあるように

 

小口出品の場合、商品が売れる度に
基本成約料として100円がかかる仕組みになっています。

 

確かに小口出品は月額費用がかからないので
料金面のメリットがあるように見えますが
実は1商品に対して100円の基本成約料がかかるので
注文数が増えてきた場合は、料金面でもメリットが無くなってしまいます。

 

具体的には、大口出品の月額が4,900円ですので
月に50個以上の商品が売れるようになった場合は
小口出品であっても基本成約料として5,000円の費用がかかることになりますので
費用面でも、もはや大口出品の方が特になるという逆転現象が起きます。

 

 

結局、大口と小口のどちらを選ぶのが正解なのか?

Amazonの大口出品と小口出品はどちらかが正解か

 

ここまで読んでくださったあなたは、もう何となく察しがついているかもしれませんが
結論として、僕がおすすめするのは大口出品です。

 

大口出品のデメリットと言えば
唯一、月額4,900円がかかるということですが、
販促の面を考えれば、支払う価値のある料金です。

 

それに月に50個以上の商品を売れば
費用面でも、大口出品の方がお得です。

 

小口出品で中途半端に取り組んで上手くいかずに終わるくらいなら
大口出品にして、Amazonの販促力を最大限活かして
取り組んだほうが、絶対に良い結果がついてきます。

 

先ほども言ったように、決済方法の豊富さだけでも
大口出品を選ぶ価値はあります。

 

決済方法の選択肢が多ければ、商品が売れやすくなり
反対に、少ないストアは商品が売れにくくなります。

 

電脳せどりというビジネスでは
仕入れた商品を一定期間で売らないと資金が回らなくなります
少しでも早く売って現金化する方が、絶対に成功しやすいでしょう。

 

ですので僕は、あなたが電脳せどりに本気で取り組まれるなら
4,900円は固定費と割り切って、最高の条件で実践することをオススメします。

 

それに、中古家電の高利益を利用して電脳せどりを実践すれば
4,900円くらい、すぐに稼げるようになるので
利益で固定費をまかなうことが充分に可能です。

 

※中古家電の高利益に関する参考記事

 

 

どうせなら本気でやりましょう!

電脳せどりに本気で取り組む

 

どうせ電脳せどりというビジネスに取り組まれるのであれば
本気でやりましょう!

 

月額4,900円を支払うことで
ビジネスをしている自覚が芽生え、本気度が変わります。

 

電脳せどりは、再現性が高く
誰でも稼げるビジネスであることは間違いありません。

 

しかし、中途半端にやって結果が出るほど
甘い世界ではないことも確かです。

 

副業で稼いで人生を変えるのは
本気でビジネスに取り組んだ人だけです。

 

小口出品でも電脳せどりが出来ないわけではありませんが
より確実に早く結果を出したい方は
大口出品で本気で電脳せどりに取り組んでみて下さいね!

 

それでは、この記事を最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

 

僕のノウハウの全てをメールで無料公開することにしました。

今なら10万円の資金を生み出す手法(PDF)をプレゼントいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
HIROYA
副業せどりで月収50万円以上を稼ぎ続ける平凡なサラリーマン。
僕と同じサラリーマンの方や、主婦の方など副業でせどりを実践される方向けに「少ない時間で大きく稼ぐ!」をモットーとして、せどりの稼ぎ方をお伝えしています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください