【無料E-Book】なぜ多くの初心者は挫折してしまうのか?→下記ボタンからLINE友だち追加でプレゼント

副業のためのせどりビジネス実践方法

【期間限定】10個の無料プレゼントはコチラ

【現実的に考える】中国輸入ビジネスで起業するのはアリ?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
長谷川ヒロヤ

 

中国輸入ビジネスに興味がある人「中国輸入ビジネスで企業するのってアリでしょうか?」

そんな方に向けて記事を書きます。

 

本記事を読むと分かること
  • 中国輸入ビジネスでの企業可否がわかる

 

本記事を書いている僕は、物販歴5年以上。現在はコンサルタントとして、物販の稼ぎ方を教えることをメインに活動中です。

ちなみに副業時代に下記のような売上実績があります。

そういった経験にもとづき、本記事では「中国輸入ビジネスで起業するのはアリ?」という疑問にお答えします。

 

中国輸入ビジネスで起業するのはアリ?

本記事では「中国輸入ビジネスで起業するのはアリ?」という疑問にお答えしていきます。

なお、本記事での企業とは「本業につかず、もしくは退職をしてビジネスを始めること」と定義します。

 

結論:可能ではあるけど…おすすめはしません

結論として、中国輸入ビジネスで起業することは可能です。

しかし、おすすめはしません。まずは「副業」として始めるべきだと思います。

 

理由としては下記のとおり。

  • どんなビジネスも成功率100%ではない
  • リスクは小さくして始めた方が良い
  • 本業があるとメンタル的にラクに始められる

 

どんなビジネスも成功率100%ではない

当たり前のことですが、どんなビジネスもかならず成功するわけじゃありません。

むしろ、いきなり思うように稼げるほうが「レアケース」です。

もちろん、そのことを理解した上で起業して挑戦してみたいと思うなら、それも選択肢のひとつだと思います。

 

リスクは小さくして始めた方が良い

とはいえ、個人的には「リスクは小さく始めたほうが良いと考える派」です。

本業で安定的な収入があれば「別に失敗してもいいや」を前提に始められるはず。

中国輸入で仕入れる商品は安いので、少しの仕入れから始めればそんなにリスクはありません。

 

本業があるとメンタル的にラクに始められる

同時にメンタル的にも本業があったほうが気楽ですよね。

追い込んだほうが成果がでやすいという人もいますが、個人的には精神的に安定した状態でやった方が成果はでやすいと思ってます。

現実問題、いきなり選んだビジネスで成功するほうが奇跡なので、中国輸入ビジネスがうまくいかなかったら、別のビジネスにチャンレジを繰り返すこともできます。

 

まとめ:中国輸入で起業する前に「副業」で成果を

まとめます。

中国輸入で起業する前に、まずは「副業」で成果を出すことを目標にすることをおすすめします。

やはり、リスクヘッジしながらチャレンジしたほうが、ステップアップの方法としては安全だと思います。

 

中国輸入ビジネスの稼ぎ方

ということで、中国輸入ビジネスの稼ぎ方をまとめた記事も貼っておきます。

下記の記事を参考にスタートしてみてください。

 

それでは、本記事は以上です。

 

 

【無料】おつかい感覚のネット仕入れで毎月100万円を稼ぐ方法とは?

「10個のプレゼント」もご用意しました

1商品あたりの平均利益は1万円

商品リストでのリサーチ不要仕入れ

スキマ時間にスマホで仕入れる仕組み

そんなノウハウを
あなたにLINEでこっそり教えます。

この記事を書いている人 - WRITER -
長谷川ヒロヤ
\おつかい感覚のネット仕入れで毎月100万円を稼ぐ/
無料のLINE講座はコチラ
\おつかい感覚のネット仕入れで毎月100万円を稼ぐ/
無料のLINE講座はコチラ