【無料E-Book】なぜ多くの初心者は挫折してしまうのか?→下記ボタンからLINE友だち追加でプレゼント

副業のためのせどりビジネス実践方法

【期間限定】10個の無料プレゼントはコチラ

【注意点あり】中国輸入ビジネスで経費に計上できるもの一覧

 
この記事を書いている人 - WRITER -
長谷川ヒロヤ

 

中国輸入ビジネスをしてる人「中国輸入を始めたけど、どこかでどこまで経費として計上できるんでしょうか?」

そんな方に向けて記事を書きます。

 

本記事を読むと分かること
  • 中国輸入で「経費」として計上できるものがわかる

 

本記事を書いている僕は、物販歴5年以上。現在はコンサルタントとして、物販の稼ぎ方を教えることをメインに活動中です。

ちなみに副業時代に下記のような売上実績があります。

そういった経験にもとづき、本記事では「中国輸入で経費として計上できるもの」について解説します。

 

中国輸入ビジネスで経費に計上できるもの一覧

本記事では、中国輸入ビジネスで経費に計上できるものについて解説します。

 

まずは注意点から

先に注意点を伝えておきます。

それは経費にできるのは、あくまで「売れたぶん」だけということ。

在庫として残っている商品に対してかかった費用は、来年度以降の経費に持ち越しです。商品が売れたタイミングで経費にできます。

 

下記が一覧です

まずはサクッと一覧にしておきます。

  • 商品の仕入れ値(注意点あり)
  • 中国での送料
  • 輸入代行手数料
  • 国際送料
  • 関税
  • 日本での送料

以下、それぞれの詳細を解説します。

 

商品の仕入れ値(注意点あり)

商品を仕入れるのにかかった商品代金です。

 

中国での送料

仕入れ先から輸入代行の住所までにかかる送料です。

中には送料が無料のストアもあります。

 

輸入代行手数料

中国から日本に商品を輸入するために「輸入代行業者」を使います。

そのため、輸入代行に支払う手数料も経費となります。

 

国際送料

中国から日本へ輸入するときにかかる送料です。

 

関税

中国から輸入した商品が税関をとおるときに関税が発生します。

関税については、下記の記事で理解を深めておくとよいでしょう。

 

日本での送料

お客さまに商品を送るまでにかかった送料です。

アマゾンのFBAサービスを使う場合は、アマゾン倉庫までの送料が経費となります。

 

まとめ:中国輸入ビジネスの経費は最初に把握しておこう

まとめます。

中国輸入ビジネスの経費は最初にしっかり把握しておきましょう。

国内仕入れの物販ビジネスに比べると、経費として計上できるものの種類は多めです。

確定申告時の経費計上にご注意いただければと思います。

 

中国輸入ビジネスの稼ぎ方

最後に、中国輸入ビジネスの稼ぎ方をまとめた記事もはっておきます。

実践方法を学びたい方は下記の記事も参考にどうぞ!

 

それでは、本記事は以上です。

 

 

【無料】おつかい感覚のネット仕入れで毎月100万円を稼ぐ方法とは?

「10個のプレゼント」もご用意しました

1商品あたりの平均利益は1万円

商品リストでのリサーチ不要仕入れ

スキマ時間にスマホで仕入れる仕組み

そんなノウハウを
あなたにLINEでこっそり教えます。

この記事を書いている人 - WRITER -
長谷川ヒロヤ
\おつかい感覚のネット仕入れで毎月100万円を稼ぐ/
無料のLINE講座はコチラ
\おつかい感覚のネット仕入れで毎月100万円を稼ぐ/
無料のLINE講座はコチラ