【無料E-Book】なぜ多くの初心者は挫折してしまうのか?→下記ボタンからLINE友だち追加でプレゼント

副業のためのせどりビジネス実践方法

【期間限定】10個の無料プレゼントはコチラ

中国輸入OEMでブランドロゴを作成する方法【自社商品で稼ぐ】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
長谷川ヒロヤ

 

中国輸入OEMがしたい人「ブランドロゴはどうやってつくればいいんでしょうか?自分でデザインする自信がありません。」

そんな方に向けて記事を書きます。

 

本記事を読むと分かること
  • 中国輸入OEMにてブランドロゴをつくる方法がわかる

 

本記事を書いている僕は、物販歴5年以上。現在はコンサルタントとして、物販の稼ぎ方を教えることをメインに活動中です。

ちなみに副業時代に下記のような売上実績があります。

そういった経験にもとづき、本記事では「中国輸入OEMにてブランドロゴをつくる方法」について解説します。

 

中国輸入OEMでブランドロゴを作成する方法【自社商品で稼ぐ】

本記事では、中国輸入OEMでブランドロゴを作成する方法を解説します。

OEMで自社ブランド品をつくって専売したいけど、ロゴをつくるのとか難しそう…という問題を解決できればと思います。

 

結論:コンペ形式で外注する

結論としては、コンペ形式で外注するのがおすすめです。

コンペ形式とは、制作物の提案を集めることができる依頼形式。集まった提案の中から採用する作品を選ぶことになります。

報酬は採用したデザイナーさんに支払うことになります。

 

コンペ形式で募集できるサイト

クラウドワークスランサーズを使いましょう。

コンペ形式での募集が可能なクラウドソーシングサイトとなっています。

 

ざっくりとした構想は伝える

とはいえ、何のプランもなくすべてを丸投げするわけにはいきません。

たとえば、ブランド名すら決まっていないのにロゴをつくってくださいというのは無茶ですよね。

ブランド名やロゴのイメージ(かわいい系、スタイリッシュ系など)は決めて、募集をかけましょう。

 

まとめ:中国輸入OEMのロゴはイメージを決めて外注

まとめます。

中国輸入OEMのロゴはイメージを決めたら外注しましょう。

ロゴはブランドイメージを左右する大切な要素です。

商品の売れ行きにも影響する可能性があるので、適当につくるのではなく、その手のプロに任せるべきでしょう。

 

中国輸入OEMの稼ぎ方

なお、中国輸入OEMの稼ぎ方については下記の記事で解説しています。

 

既製品の中国輸入ビジネス実践方法

既製品を輸入して販売する方法については下記の記事で解説しています。

未実践なら、OEMへのステップアップとして、こちらから実践してみてください。

 

それでは、本記事は以上です。

 

 

【無料】おつかい感覚のネット仕入れで毎月100万円を稼ぐ方法とは?

「10個のプレゼント」もご用意しました

1商品あたりの平均利益は1万円

商品リストでのリサーチ不要仕入れ

スキマ時間にスマホで仕入れる仕組み

そんなノウハウを
あなたにLINEでこっそり教えます。

この記事を書いている人 - WRITER -
長谷川ヒロヤ
\おつかい感覚のネット仕入れで毎月100万円を稼ぐ/
無料のLINE講座はコチラ
\おつかい感覚のネット仕入れで毎月100万円を稼ぐ/
無料のLINE講座はコチラ