【無料】特別通信講座で月収50万円のノウハウを伝授

副業のためのせどり&転売ビジネスの稼ぎ方

電脳せどりのやり方を網羅的にまとめた記事はこちら

Amazonせどりで得た消費税の扱いについて【納税の要否を解説します】

HIROYA
WRITER
 
Amazonせどりで得た消費税の扱いについて【納税の要否を解説します】
この記事を書いている人 - WRITER -
HIROYA
HIROYA
副業せどりで月商200万超え、利益にして月50万円以上を稼ぐサラリーマン。素顔は野球、サッカー、音楽が趣味のふつーのアラサー男子です。僕と同じサラリーマンの方や主婦の方といった副業でせどりを実践される方を対象に「少ない時間で大きく稼ぐせどり」をお伝えしています。利益うん百万円という実績はありませんが、堅実に稼げる再現性の高い手法を公開中です。
Amazonせどりにおける消費税の扱いが分からない人「Amazonせどりで売り上げた金額の消費税ってどうしたらいいんだろう。やっぱり納税しないとダメだよな。」

そんな方が本記事をご覧いただくことで下記のメリットがあります。

✓本記事を読むと分かること
  • せどりで得た売上の消費税分の扱い方が分かる
  • 消費税の納税について要否が分かる

 

ちなみに、本記事を書いている僕は、アマゾンセラー歴5年。

副業のせどりで月収50万円(利益額)を稼いでいますので
記事の信頼性担保につながると思います。

↓売上ベースではこんな感じです。

本記事では下記の内容について解説していきます。

Amazonせどりで得た消費税の扱いについて【納税の要否を解説します】

Amazonせどりで得た消費税の扱いについて【納税の要否を解説します】

本記事では、Amazonせどりで稼いだ消費税の扱いについて解説します。

確定申告や納税をするにあたって消費税は納めるべきなのか
悩んでいる方のお役に立てるかと思います。

そもそも確定申告はどうすればいいのかという方は
副業の転売せどりで稼いだ時の確定申告のやり方【サボるとバレます】の記事も
チェックしておきましょう。

それでは順を追って解説していきます。

売上高が1,000万円を超えたら消費税を納税

結論としては、課税売上高が1,000万円を超えた場合は消費税の納税が必要になります。

要するにAmazonせどりだけだったら、Amazonから入金される売上金が年間で1,000万円以上になった場合は、消費税を納税しなくてはならないということです。Amazonせどり以外にも収入源がある場合は、すべてを含めた売上高になりますので注意しましょう。

とは言え、1,000万円以上を売り上げたその年度の確定申告で消費税の納税が
必要になるのではなく、課税売上高が1,000万円を超えた翌々年から
課税事業者になるルール
となっています。

Amazonの売上は消費税込みで入金される

Amazonの売上は消費税込みで入金されるので、
商品を売ってお客様から消費税を預かっているという状態になります。

それでも、売上高が1,000万円を超えていなければ課税事業者にはならないので、消費税の納税は不要ということになります。

もちろん、消費税以外の納税は必要ですので、
Amazonせどりで稼いだらしっかり確定申告を行いましょう。

利益率を高める必要がある

消費税の納税が必要な課税事業者の条件は、あくまで売上高で決まることになります。

つまり利益で決まるわけではないので「いくら儲かっているか=利益」
は考えないことになります。

もし利益が50万円だったとしても売上高が1,000万円なら、翌々年から消費税の納税が発生するので、利益率はある程度の水準を保つようにしておかないと、消費税の支払いがしんどくなりますよね。

【計算式あり】せどりや転売の理想的な利益率について【結論:30%】の記事でも
触れていますが、物販ビジネスなら利益率30%以上をキープできるのが理想ですね。

売上高はあるけど、利益が全然残っていない
という状態は避けるように意識しましょう。

まとめ:Amazonせどりで得た消費税の扱いは売上高による

Amazonせどりで得た消費税の扱いは売上高による

まとめますと、Amazonせどりで得た消費税を納税するかどうかは、
売上高によって決まるということです。

そしてその基準は売上高1,000万円。
超えると翌々年から課税事業者になるという感じですね。

とは言え、売上高1,000万円を稼ぐとなれば、決して簡単なことではないので、稼ぐ前から必要以上に心配することでもないかなと思います。とりあえず、事前知識として覚えておけばOKでしょう。

ちなみに、Amazonせどりの仕入れ費用についても
経費にできる範囲が決まっているので、
下記の記事も参考にしていただくと良いかもしれません。

参考記事:【棚卸し】せどり転売の仕入れ費用は経費になるのか【売れた分はOK】

それでは本記事を振り返りつつまとめます。

✓本記事の振り返りとまとめ
  • 消費税の納税は売上高1,000万円以上の場合に必要になる
  • 売上1,000万円を超えた翌々年から課税事業者となる

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

副業で無理なく稼げるレベルまで効率化した“副業特化型”のせどりノウハウを【無料】の特別講座で公開することにしました。

期間限定:超豪華9大特典プレゼント中

 

この記事を書いている人 - WRITER -
HIROYA
HIROYA
副業せどりで月商200万超え、利益にして月50万円以上を稼ぐサラリーマン。素顔は野球、サッカー、音楽が趣味のふつーのアラサー男子です。僕と同じサラリーマンの方や主婦の方といった副業でせどりを実践される方を対象に「少ない時間で大きく稼ぐせどり」をお伝えしています。利益うん百万円という実績はありませんが、堅実に稼げる再現性の高い手法を公開中です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください