LINEでブログの更新情報を受け取る

Amazonセラー歴5年HIROYAの電脳せどりブログ

副業に最適な電脳せどりの全手法

電脳せどりで売れない場合の値下げタイミングの考え方と対処法について

WRITER
 
電脳せどりの値下げについて
この記事を書いている人 - WRITER -
HIROYA
副業せどりで月収50万円以上を稼ぎ続ける平凡なサラリーマン。
僕と同じサラリーマンの方や、主婦の方など副業でせどりを実践される方向けに「少ない時間で大きく稼ぐ!」をモットーとして、せどりの稼ぎ方をお伝えしています。

電脳せどりで稼ぐコツは仕入れがすべてではありません。

 

電脳せどりは商品を安く仕入れて高く売るという手法ですので
売るためのコツもとても大事になります。

 

しかし、この記事でお話するのは高く売るコツというよりは
思っていたより高く売れない場合の対応についてです。

 

少しネガティブな話に聞こえるかもしれませんが
このような状況は電脳せどりをしていれば必ずあり得ることです。

ネガティブな状況になってしまったとしても
価格調整をしっかり行うことでダメージは最小限に抑えられますので
守りの手法もしっかり覚えておくことが大事です。

 

 

電脳せどりで商品が売れない場合の対応について

 

商品が売れない理由はシンプルです。

 

商品の状態に対して適切な価格で販売できていない

ということです。

 

僕が扱っているのは中古家電なので
商品の状態によって適切な価格が変わってきます。

 

例えば、状態の悪い商品なのに
状態が良い出品者の価格に合わせていたら
売れないことは明らかですよね。

 

 

電脳せどりでは商品を仕入れる前の段階で
モノレートを使い商品の売値を予測するので
適正価格の目測を誤らなければ売れ残ることはほとんどありませんが
まれに一時的な価格競争に巻き込まれるケースなどがあります。

 

※モノレートを使った仕入れについては下記の記事が参考になります。

 

価格競争によって、商品の価格が下がる「値崩れ」が起きるため
放っておいてもなかなか商品が売れない状態になります。

 

ここで対応の選択肢が二つあります。

 

ひとつは、価格が戻るのを待つという選択です。

 

中古商品の値崩れは基本的に一時的なもので
商品が売れて出品者数が減ってくれば
元に価格に戻るケースがほとんどです。

 

どうしても利益を出したいなら
粘り強く待つという方法があります。

 

もうひとつは、値下げをして売り切ってしまうという選択です。

 

この時に大事なことは「赤字を出さない」という考えです。

 

最悪、利益は出なくても、売値が仕入れ値以下にならなければ
仕入れ値は回収できるので、次の新たな仕入れに資金を回せます。

 

 

この2つの選択肢のうち僕がおすすめするのは
値下げをして売り切ってしまうという選択です。

 

理由としては、売れるのを待っている時間があったら
さっさと資金を回収して、新たに仕入れて稼いだ方が効率がいいからです。

 

 

かと言って、無意味に値下げをする必要はありません。

数日売れないからといって、慌てて値下げをするのは
もったいないのでやめましょう。

 

あくまでも売れない場合の策であって
最初から控えめな価格にするのはおすすめしません。

 

 

 

電脳せどりで商品が売れないと判断を下す基準

 

価格を下げるという判断を下すにしても
必要のない値下げは利益を削っているだけなので
とてももったいない結果になってしまいます。

商品が現在の価格で売れるかどうかを判断する基準として
現在の出品者数と商品の回転率を見てみましょう。

※これは仕入れの段階でもチェックしておきましょう。

 

理想的なかたちは、出品者数が少なくて回転率が高いという状況です。

 

 

回転率が高いということは商品が頻繁に売れるということですので
当然大事なことなのですが、
さらに出品者が少ないほうが自分の商品が売れる確率は高くなるので
両方を確認して、売れるかどうか見込みを予測することがポイントです。

 

出品者が多くて回転率が低い場合は、
値下げに踏み切った方がいいと判断することが出来ます。

 

 

売れない商品を価格を下げずに売るせどりテクニック

 

出品している商品の価格が高くても
他の出品者より優先的に売れるケースが2つあります。

 

1つ目は、商品の発送が早い場合です。

 

購入者さんの立場からすると
早く商品を受け取りたい場合に、価格が高くても発送が早いセラーから
購入するというケースがあります。

 

発送のスピードについては、僕のノウハウの場合
AmazonのFBAというサービスを使い
発送をAmazonにお任せすることになるので
常に優位に立っていることになります。

 

※FBAについては下記の記事が参考になります。

 

2つ目のケースはセラー評価が高い場合です。

価格が高くても評価の高いセラーから購入した方が
安心という購入者さんの心理があるためです。

※評価の貯め方については下記の記事が参考になります。

 

 

電脳せどりは売れない事態や失敗を恐れないことが成功の秘訣

 

万が一、値下げせざるを得ない状況になったとしても
落ち込む必要はありません。

 

これは物販というビジネスをする上では
普通にあり得ることだからです。

 

・せどりは稼げない

・自分には稼ぐ才能がない

 

こういう考えになってしまえば一生稼ぐことは出来ません。

 

値下げをせざるを得ないということは
確かに「仕入れ失敗」という状況ですが
失敗から学び、次により良い仕入れをすることが大事なことです。

 

しかも、失敗といっても赤字にならないケースがほとんどです。
タダで経験値が上がったとポジティブに考えるべきです。

 

失敗を恐れずチャレンジしていきましょう!

 

 

 

 

僕のノウハウの全てをメールで無料公開することにしました。

今なら10万円の資金を生み出す手法(PDF)をプレゼントいたします。

この記事を書いている人 - WRITER -
HIROYA
副業せどりで月収50万円以上を稼ぎ続ける平凡なサラリーマン。
僕と同じサラリーマンの方や、主婦の方など副業でせどりを実践される方向けに「少ない時間で大きく稼ぐ!」をモットーとして、せどりの稼ぎ方をお伝えしています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください