【無料】特別通信講座で月収50万円のノウハウを伝授

副業のためのせどり&転売ビジネスの稼ぎ方

電脳せどりのやり方を網羅的にまとめた記事はこちら

【入門編】せどり初心者が何から始めるべきか教えます【準備より先】

HIROYA
WRITER
 
せどり初心者が何から始めるべきか教えます【準備より先にやること】
この記事を書いている人 - WRITER -
HIROYA
HIROYA
副業せどりで月商200万超え、利益にして月50万円以上を稼ぐサラリーマン。素顔は野球、サッカー、音楽が趣味のふつーのアラサー男子です。僕と同じサラリーマンの方や主婦の方といった副業でせどりを実践される方を対象に「少ない時間で大きく稼ぐせどり」をお伝えしています。利益うん百万円という実績はありませんが、堅実に稼げる再現性の高い手法を公開中です。
せどりを始めてみたい人「せどりを始めたいけど何からやればいいのかな。始め方も全然分からないから、稼ぐまでのステップを教えてもらえないかな。」

そんな方が本記事をご覧いただくことで下記のメリットがあります。

✓本記事をご覧いただくことで得られるメリット
  • せどり初心者が何から始めればいいか分かります
  • せどり初心者がどのような順序で実践していけばいいか分かります

ちなみに、本記事を書いている僕は、アマゾンセラー歴5年。

副業のせどりで月収50万円(利益額)を稼いでいますので
記事の信頼性担保につながると思います。

↓売上ベースではこんな感じです。

本記事では下記の内容について解説していきます。

【入門編】せどり初心者が何から始めるべきか教えます【準備より先】

せどり初心者が何から始めるべきか教えます【準備より先にやるべき】

本記事では、せどり初心者が何から始めるべきかを教えていきます。
ついでに、次にするべきことやその後取り組むべき順序もお伝えしていこうかなと。

結論から言うと、せどり初心者はまず「商品リサーチ」から始めるべきですね。

実際に仕入れることはしなくていいので「価格差があり稼げそうな商品」を
探してみることから始めるべきだと思ってます。

「初心者はまず準備物を揃えることから始めよう!」とか
「仕入れ資金を作るところから始めよう!」という人が多いかもですが
それも間違いではないと思いつつも、ベストな始め方ではないというのが僕の考えです。

何故なら、いきなり準備物を揃えたり仕入れ資金を作ったりしても
「本当に稼げるのか?」と半信半疑でスタートすることになり
本気になれないというか、モチベーションも保ちにくいと思うからですね。

例えばですが、初めて行く目的地があったとして
地図も持たずに「本当にこの道を進めばたどり着けるのか?」と
半信半疑で歩き続けるのってしんどいですよね?

まずは地図を広げて目的地までの道のりを確認してから
歩き始めるべきでして、せどりを実践する場合も同じかなと。

せどりで言えば、まずは稼げそうな商品をリサーチしてみて
「せどりは確かに稼げそうだな」という感覚を持てるようにしてから
準備物を揃えたり資金を集めたりした方がいいんじゃないかというのが僕の結論
です。

仕入れたら稼げるというイメージが作れたら、
あとはイメージ通りに仕入れればいいので
リスクを抑えつつ成功率を高められるかなと思ってます。

期間限定で、特別メール講座を無料公開していますので、副業のせどりで稼ぎたい方は下記をクリックして無料で受講してみてください。

HIROYA

初心者は儲かる商品のリサーチから始めるべき

それでは、商品リサーチのやり方を具体的にお伝えしていきます。

まず、せどりにおける商品リサーチの方法は2通りありまして下記の通りです。

✓ せどりにおける2種類の商品リサーチ方法

  • 家電量販店やリサイクルショップなどの店舗に行ってリサーチする店舗せどり
  • ヤフオクやメルカリなどインターネット上でリサーチをする電脳せどり

店舗せどりと電脳せどり、どちらの方法を選択しても問題はないですが
強いて言うなら、副業なら電脳せどり(インターネットでのリサーチ)がおすすめです。

理由は、インターネットなら24時間いつでもリサーチができるからでして
店舗だと営業時間が決まっているので、副業だとリサーチの時間が限られてしまいます。

とは言え、店舗せどりでも稼げる商品を見つけることはできるので
上述の内容も踏まえて、まずは興味がある方でやっていただければOKかなと思います。

✓ 店舗せどりでの商品リサーチ方法

店舗せどりでは、スマホを使って稼げる商品をリサーチしていきます。

スマホでモノレートというサイトを開いて気になる商品を検索して
販売先となるAmazonでの売値と売れる商品かどうかをチェックしていきます。

やり方は別の記事から引用して下記に貼っておきます。

下記、別記事からの引用ですが方法を載せておきます。

✓「何日くらいで売れるのか?」の確認方法

モノレートで商品詳細画面を開いたら
ランキンググラフをチェックすることで判断ができます。

せどりのリサーチ方法

結論から言うと、ランキングのグラフが上下に動いていると
商品が頻繁に売れているという見方になります。

なぜなら「ランキングが上昇している=商品が売れている」という意味なので
ランキングが動いていれば動いているほど、商品が売れていると判断できるからです。

つまり、ランキングのグラフがガクッと下がっている回数を数えることで
具体的に「何日くらいで売れる商品なのか」が分かるということ
です。

せどりのリサーチ方法

以上の方法でリサーチをすれば
仕入れたら儲かる商品を確実に見極めて仕入れができるようになります。

モノレートの使い方の基本なので、必ず覚えておきましょう。

ちなみに、モノレートで商品を検索する時は手入力での検索でも問題なしですが
iPhoneなら「せどりすと」、アンドロイドなら「せどろいど」というアプリを入れておくと
バーコードをスマホカメラで読み取って検索することもできるので、
興味があればアプリを検索してインストールしておいてください。

✓ 電脳せどりでのリサーチ方法

インターネットで商品リサーチをする電脳せどりにおいても
モノレートを使ってAmazonでの売値と売れる商品かどうかを確認する作業は
店舗せどりと同じになります。

大きく違うのは電脳せどりの場合は、店舗と違いリサーチ対象の商品が無限にあるので
先にAmazonで売れる商品をピックアップしてから、インターネットでリサーチがおすすめです。

インターネットという大きな括りだと心が折れると思うので
ヤフオクとメルカリだけに仕入れ先を限定してもらって構いません。

モノレートを使いつつ、Amazonで売れる商品をピックアップして
ピックアップした商品をヤフオクとメルカリで検索してみる感じですね。

最初は価格差のある商品が見つかりにくいかもですが
リサーチを繰り返していれば必ず見つかりますので
根気強くやってほしいと思います。

ぶっちゃけそこまで甘くはないです。

とは言え、実際に仕入れをしなければリスクはないので
見つかるまで諦めない精神で、泥臭くやっていくしかないかなと思います。

稼げるイメージができたら準備をする

店舗せどりでも電脳せどりでもいいので、
商品リサーチを繰り返して稼げるイメージができたら
ここで初めて準備物を揃える段階に進めばOKです。

準備物については、別記事でまとめているので下記にリンクを貼っておきます。

✓参考記事:電脳せどり準備と始め方|初心者でも稼げる仕入れのやり方も徹底解説

期間限定で、特別メール講座を無料公開していますので、副業のせどりで稼ぎたい方は下記をクリックして無料で受講してみてください。

HIROYA

まとめ:せどり初心者が何から始めるべきか→商品リサーチです

せどり初心者が何から始めるべきか→商品リサーチです

最後に話を戻しますと、せどり初心者が何から始めるべきかは「商品リサーチ」が答えですね。

理由としては、まず稼げるイメージを持つことが大事でして
そうしないと準備物を揃えることも資金を作ることも
モチベーションを保ちながらはできないからです。

稼げるのかどうか半信半疑でやってもしんどいですし
仕入れたら稼げるという感覚を持ちつつやることで
行動力が自ずとついてくるので成功率も高まります。

おまけに商品リサーチのコツも掴めるので
いきなり仕入れて失敗して挫折するみたいな
最悪の展開を避けてリスク回避しつつステップアップもできますよね。

ということで、せどり初心者の方はまずは商品リサーチから始めてみましょう。
準備物を揃えたり資金を作ったりする前にはずは商品リサーチです。

それでは本記事を最後までご覧いただきありがとうございました。

 

副業で無理なく稼げるレベルまで効率化した“副業特化型”のせどりノウハウを【無料】の特別講座で公開することにしました。

期間限定:超豪華9大特典プレゼント中

 

この記事を書いている人 - WRITER -
HIROYA
HIROYA
副業せどりで月商200万超え、利益にして月50万円以上を稼ぐサラリーマン。素顔は野球、サッカー、音楽が趣味のふつーのアラサー男子です。僕と同じサラリーマンの方や主婦の方といった副業でせどりを実践される方を対象に「少ない時間で大きく稼ぐせどり」をお伝えしています。利益うん百万円という実績はありませんが、堅実に稼げる再現性の高い手法を公開中です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください