【無料】LINE講座で副業月収50万円の極意を伝授!

副業のためのせどり&転売ビジネスの稼ぎ方

【無料】特別通信講座はこちら【豪華プレゼント付き】

本せどりとは「書籍を安く買ってAmazonで売る」ビジネス【シンプル】

HIROYA
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
HIROYA
HIROYA
副業せどりで月商200万超え、利益にして月50万円以上を稼ぐサラリーマン。素顔は野球、サッカー、音楽が趣味のふつーのアラサー男子です。僕と同じサラリーマンの方や主婦の方といった副業でせどりを実践される方を対象に「少ない時間で大きく稼ぐせどり」をお伝えしています。利益うん百万円という実績はありませんが、堅実に稼げる再現性の高い手法を公開中です。
本せどりについて知りたい人「本せどりってどんなビジネスなのかな。稼げるならちょっと興味があるけど、とりあえず概要を教えてください。」

そんな方に向けて記事を書きます。

✓本記事を読むと分かること
  • 本せどりとはどんなビジネスか、が分かる
  • 本せどりで稼ぐ方法の概要が分かる

この記事を書いている僕は、せどり歴5年以上。現在は、副業せどりコンサルタントとして、副業せどりの稼ぎ方を教えることをメインに活動中です。

そういった経験に基づいて「本せどりとは何か?」を解説します。

本せどりとは「書籍を安く買ってAmazonで売る」ビジネス【シンプル】

結論から言うと、本せどりとは「書籍を安く買ってAmazonで売る」ビジネスです。

そもそも、せどりというビジネスは「実店舗やネットショップで商品を安く買ってきて、それをオンラインで販売し、利ざやを抜き利益を獲得していく」というもので、その中でも「本に特化した稼ぎ方」が本せどりと考えていただければと思います。

そもそも、せどりがどんなビジネスなのかを解説した記事もあるので、下記に貼っておきます。

販売先はAmazonがおすすめ

仕入れた本を販売する先は、メルカリやヤフオクも使うことができますが、基本的にはAmazonを使うべきです。

Amazonを本の販売先としておすすめする理由は下記のとおり。

✓本の販売先としてAmazonをおすすめする理由
  • Amazonの集客力が高い=本が売れやすいから
  • 個人でも比較的かんたんに出品できるから
  • 商品発送をAmazonが代行してくれるから

まず、Amazonは集客力が高く、「本を買いたい人が勝手に集まってくる」ので、本が売れやすいという特徴があります。集客については、Amazonに頼り切りで済むので、商品を置いておけば良いという感覚で、本を売ることができます。

また、Amazonへの出品は、一般的に「難しくハードルが高い」と思われがちですが、実際はそんなこともなく、個人でも割と簡単に本を出品することが可能です。

確かに、メルカリなどに比べれば「出品するまでの利用登録は少しだけ手間」なのですが、利用登録が済んでしまえば、そのあとはメルカリよりも簡単です。Amazonには、あらかじめ商品カタログのページが用意されているため、自分で商品の写真を撮影したり、商品そのものの説明を記載したりする必要がないからです。

また、手間がかからないという点で言うと、商品の発送もAmazonのFBAというサービスを使うことで、代行してもらうことができます。

本ならサイズも大きくないので、自分で発送しても、それほどの手間はかかりませんが、本の在庫が増えてきたら、すべての本をAmazonの倉庫に送り込んでしまえば、部屋が本で圧迫されることもありませんし、発送も代行してもらえるので、本当に便利なサービスです。

上記のような理由から、本せどりの販売先は、基本的にAmazonを使っていくべきです。

本の仕入れ先について

では「Amazonに出品する本はどこで仕入れてくれば良いのか?」という話をしていきます。

仕入れるといっても、業者と契約をして卸してもらうとか、ハードルの高い仕入れをする必要はありません。

実際に、本せどりの仕入れ先となるのは、ブックオフなどの古本屋や、ヤフーショッピングなどのネットショップです。つまり、僕たちが普通に本を買うような場所で、仕入れをすれば良いということです。

もっとイメージがしやすいように、いくつか、具体的な店舗名を下記に挙げておきます。

✓本せどりの仕入れ先店舗の例
  • ブックオフ
  • 古本市場
  • ふたば書房
  • TSUTAYA

基本的に「本を売っているお店」なら、仕入れ先として使うことができますので、上記に挙げた店舗以外でも「書店」「古本屋」があれば、すべて仕入れ先と考えていただくのが良いかと思います。

本せどりとは「仕入れる前に利益が確定」するビジネスです

本せどりとは「仕入れる前に利益が確定」するビジネスです。

どういう意味かというと、「Amazonでいくらで売れるのか」と「Amazonでどのくらいの期間で売れるのか」は、本を仕入れる前の段階で、調べることができるということです。

簡単にいうと「仕入れたら儲かるかどうか」を事前に確認する方法があるので、シンプルに「儲かる商品だけを仕入れるようにする」というのを徹底すれば、ほとんどリスクなく稼ぐことができるビジネスとなっています。

仕入れたら儲かるかどうかを調べるには、モノレートという無料ツール(ウェブサービス)を使っていくことになります。

モノレートの使い方については、別途くわしく解説した記事を書いていますので、本せどりにチャレンジしてみたいと思った時には、下記の記事もあわせてチェックしておいていただければと思います。

初心者なら「売れるかどうか」を重視すべき

本せどりは、仕入れ値と売値の価格差が大きければ大きいほど、多くの利益が手元に残ることになりますので、どうしても「価格差の大きい商品を仕入れたい」という気持ちが強くなりがちです。

しかし、意識しておかなければならないことは「売れない商品をいくら安く仕入れも1円の利益にもならない」ということです。

なので、最初のうちは特に、価格差の大きさよりも「ちゃんと売れる商品を仕入れる」ことを重点的に意識した方が良いでしょう。つまり「売れるまでの期間が短い商品」を仕入れる本の絶対条件として、リサーチをしていくべきです。

仕入れたけど売れないという失敗を繰り返すより、利益は少なかったけど自分の力で稼ぐことができたという経験を積み重ねていくほうが、早く成長することができます。価格差は、本の仕入れに慣れてくれば徐々に広げていくことができますので、最初は薄利だとしても、しっかり継続していきましょう。

本せどりとは「再販価格維持制度」と「古物商許可証」の理解が必要なビジネス

本せどりとは「再販価格維持制度」と「古物商許可証」の理解が必要なビジネスです。

これは法律に関わる内容となりますので、本せどりを実践する前に、必ずおさえておくようにしましょう。

それぞれについて下記にて解説していきます。

再販価格維持制度について

再販価格維持制度とは、簡単に言うと「対象商品は定価で販売しなければならない」というルールのことです。

本は対象商品となるため、新品に限りですが、Amazonに出品する時は定価で出品をしなければなりません。定価より高くても安くてもNGですので注意しましょう。

なお、Amazonでは新品の本でも自由に価格設定ができるようになっているので、実際は上記のルールを無視するかたちで、定価を大きく超える価格で販売しているセラーも存在します。

再販価格維持制度については、抜け道がありまして、新品を仕入れた場合も、中古のほぼ新品というコンディションで出品することで、中古品扱いとなるため、定価ではない価格で販売することができることになります。

古物許可証について

本せどりに限ったことではなく、中古品を継続して販売していく場合は、古物許可証が必要になります。

新品のみを取り扱っていく場合は必要ありませんが、本せどりは中古品が稼ぎやすいため、本格的に本せどりをビジネスとして続けていくという場合は、古物商許可証を取得しておくべきです。

古物商許可証を取得するためには「申請書に必要書類を添付して警察署に提出・申請を行う」必要があり、申請時に19,000円(税別)がかかります。

せどりを気軽にはじめてみたいという場合は、仕入れる商品を本に限定せず、ゲーム、家電、おもちゃなどの新品を対象に仕入れてみることをおすすめします。仕入れ先が実店舗で、新品が仕入れ対象なら、古物商許可証がなくても販売が可能です。

まとめ:本せどりとは一番シンプルな物販ビジネスです

まとめますと、本せどりとは一番シンプルな物販ビジネスと言えます。

僕たちが普段使っているような店舗で仕入れができるので、安く仕入れて高く売ることで稼ぐ物販ビジネスにおいて、これ以上シンプルなものはないと思うからです。

最後に、せどりで稼ぎたい方向けに、無料の通信講座もやっていますので、せどりというビジネスに興味をお持ちいただけたら、下記から登録していただければと思います。

期間限定で、特別メール講座を無料公開していますので、副業のせどりで稼ぎたい方は下記をクリックして無料で受講してみてください。

HIROYA

それでは、本記事は以上です。最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

副業で無理なく稼げるレベルまで効率化した“副業特化型”のせどりノウハウを【無料】の特別講座で公開することにしました。

期間限定:超豪華10大特典プレゼント中

 

この記事を書いている人 - WRITER -
HIROYA
HIROYA
副業せどりで月商200万超え、利益にして月50万円以上を稼ぐサラリーマン。素顔は野球、サッカー、音楽が趣味のふつーのアラサー男子です。僕と同じサラリーマンの方や主婦の方といった副業でせどりを実践される方を対象に「少ない時間で大きく稼ぐせどり」をお伝えしています。利益うん百万円という実績はありませんが、堅実に稼げる再現性の高い手法を公開中です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください