【無料】副業月収50万円の稼ぎ方を通信講座で教えます

副業のためのせどり&転売ビジネスの稼ぎ方

【無料】特別通信講座はこちら【豪華プレゼント付き】

【せどり】Amazon出品の手数料を分かりやすく解説【自動計算できる】

HIROYA
WRITER
 
【せどり】Amazon出品の手数料を分かりやすく解説【自動計算できる】
この記事を書いている人 - WRITER -
HIROYA
HIROYA
副業せどりで月商200万超え、利益にして月50万円以上を稼ぐサラリーマン。素顔は野球、サッカー、音楽が趣味のふつーのアラサー男子です。僕と同じサラリーマンの方や主婦の方といった副業でせどりを実践される方を対象に「少ない時間で大きく稼ぐせどり」をお伝えしています。利益うん百万円という実績はありませんが、堅実に稼げる再現性の高い手法を公開中です。
Amazon出品にかかる手数料が知りたい人「せどりで仕入れた商品をAmazonで売るとしたら、手数料はいくらくらいかかるのかな。手数料も計算して仕入れないと利益が残らないから計算方法も知りたいな。」

そんな方が本記事をご覧いただくことで下記のメリットがあります。

✓本記事を読むと分かること
  • Amazon出品にかかる手数料がすべて分かる
  • 手数料を自動計算する方法が分かる

【せどり】Amazon出品の手数料を分かりやすく解説【自動計算できる】

【せどり】Amazon出品の手数料を分かりやすく解説【自動計算できる】

本記事では、せどりにおけるAmazonの販売手数料を分かりやすく解説します。

Amazonで商品を販売する時にかかる手数料にはいくつか種類があり
出品する商品や契約形態によって発生する範囲や料金が変わってきます。

✅Amazon出品における手数料の種類
  • 販売手数料
  • カテゴリー成約料
  • 基本成約料

※FBAを使う場合は、FBAにかかる手数料が別途かかるので
【神サービス】AmazonのFBAを分かりやすく解説する【手数料も説明】の記事も
あわせてチェックしておいてください。

「ちょっと面倒くさそうだな・・・」と思うかもですが
しっかり把握しておかないと、利益の計算もできないので
避けては通れない道という感じですね。

とは言え、実際は「ツールを使って自動計算する方法」もあるので
ぶっちゃけ細かく把握していなくても、利益計算はできます。

ツールで自動計算する場合も、
いちおう「何の手数料がどれくらいかかっているのか」を
理解しておくのが理想かなと思います。

それでは順を追って解説していきます。

ツールを使って手数料を自動計算する方法

手数料の自動計算に使うツールは「FBA料金シミュレーター」です。
Amazonが公式に公開しているもので、もちろん無料で使えます。

Amazon手数料を自動計算するFBA料金シミュレーター
>>FBA料金シミュレーターはこちらから

商品を検索して、商品の売値などを入れてあげると
手数料を自動的に算出してくれる神ツールです。

とりあえず、ブックマークしておいて
いつでもサクッとアクセスできるようにしておいてくださいね。

ちなみに、せどりの粗利計算に役立つスマホアプリを
ご紹介した記事もあるので貼っておきますね。

参考記事:せどりの粗利計算はAmazonのセラセンアプリが最強【サクッと算出】

せどり系のアプリやツールは便利なものが多いので
無料のものはフル活用した方が得ですよ。

販売手数料について

それでは、ここからは具体的に発生する手数料の解説をしていきます。

販売手数料は、注文成約時に必ずかかってくる手数料でして
送料も含めた商品代金の総額に対してかかってきます。

具体的にいくらの手数料がかかるのかは
販売する商品のカテゴリーによって
パーセンテージが異なるので確認しておきましょう。

商品カテゴリー 販売手数料
15%
CD・レコード 15%
ビデオ・DVD 15%
エレクトロニクス 8%
カメラ 8%
パソコン・周辺機器 8%
エレクロニクス、カメラ、パソコン付属品 10%
Kindle アクセサリ 45%
楽器 8%
ドラッグストア 10%
ビューティー 10%
スポーツ&アウトドア 10%
カー&バイク用品 10%
おもちゃ&ホビー 10%
TVゲーム 15%
PCソフト 15%
ペット用品 15%
文房具・オフィス用品 15%
ホーム(家具・インテリア・キッチン) 15%
ホームアプライアンス 10%
大型家電 8%
DIY・工具 15%
産業・研究開発用品 15%
食品&飲料 10%
腕時計 15%
ジュエリー 15%
ベビー&マタニティ 15%
服&ファッション小物 15%
シューズ&バッグ 15%
その他 15%

せどりで扱う機会が多い商品カテゴリーは太字にしておきました。
詳細はAmazonの公式サイトもチェックしておきましょう。

Amazon公式:販売手数料について

カテゴリー成約料について

カテゴリー成約料は、本、ミュージック、ビデオ・DVDといった
いわゆる「メディア商品」に対してのみ発生する手数料になります。

なので、上記の商品については、実質的に
前項の販売手数料に加えてカテゴリー成約料も必ずかかってくる感じですね。

商品カテゴリー カテゴリー成約料
書籍 80円
ミュージック 140円
DVD 140円
ビデオ(VHS) 140円

こちらも詳細は、Amazon公式サイトでチェックしておきましょう。

Amazon公式:カテゴリー成約料について

基本成約料について

基本成約料は、出品の契約形態が「小口出品の場合のみかかる」手数料になります。

そもそも「小口出品って何?」という場合は
【電脳せどり出品編】Amazonの大口出品と小口出品の違いについての記事で
大口出品と小口出品について覚えておきましょう。

基本成約料の金額は一律でして「1商品あたり100円」となります。

ちなみに大口出品の場合は、月額4,900円がかかりますが
この基本成約料はかかりません。
なので、月に50個以上の商品を販売するようになると
料金的にも、大口出品の方が得と考えられますね。

 

まとめ:Amazon手数料は以外とシンプル【せどり仕入れ時は自動計算】

まとめ:Amazon手数料は以外とシンプル【せどり仕入れ時は自動計算】

まとめますと、Amazon手数料は以外とシンプルですし
せどり仕入れ時はFBA料金シミュレーターで自動計算して
利益を計算すればOKですね。

ぶっちゃけ安い手数料ではないですが、
Amazonという強力な集客力を誇る売り場を借りるわけなので仕方なしです。
そう考えたらむしろコスパはいいくらいかなとも思います。

手数料も踏まえつつ利益計算をすれば問題ないですし
それでも利益がとれる商品はたくさんあるので
リサーチのスキルを高めつつ、手数料をまかなう仕入れをしていきましょう。

リサーチについては、下記の記事をチェックしておけばOKです。

それでは、本記事を振り返りつつまとめます。

✓本記事の振り返りとまとめ
  • Amazon手数料はFBA料金シミュレーターで自動計算できる
  • 販売手数料、カテゴリー成約料、基本成約料を覚えれば基本はOK
  • FBAを使う場合は、FBAにかかる手数料も把握しておく

本記事を最後までご覧いただきありがとうございました。

 

副業で無理なく稼げるレベルまで効率化した“副業特化型”のせどりノウハウを【無料】の特別講座で公開することにしました。

期間限定:超豪華9大特典プレゼント中

 

この記事を書いている人 - WRITER -
HIROYA
HIROYA
副業せどりで月商200万超え、利益にして月50万円以上を稼ぐサラリーマン。素顔は野球、サッカー、音楽が趣味のふつーのアラサー男子です。僕と同じサラリーマンの方や主婦の方といった副業でせどりを実践される方を対象に「少ない時間で大きく稼ぐせどり」をお伝えしています。利益うん百万円という実績はありませんが、堅実に稼げる再現性の高い手法を公開中です。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください