【無料E-Book】なぜ多くの初心者は挫折してしまうのか?→下記ボタンからLINE友だち追加でプレゼント

副業のためのせどりビジネス実践方法

なぜ9割のせどり初心者は挫折するのか?

中国輸入の利益率はどれくらい?やり方ごとに解説【目安を知ろう】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
長谷川ヒロヤ

 

中国輸入に興味がある人「中国輸入ってどれくらいの利益率なんだろう。ちゃんと利益が残るのかな。平均値を教えてください。」

そんな方に向けて記事を書きます。

 

本記事を読むと分かること
  • 中国輸入の利益率がわかる

 

本記事を書いている僕は、物販歴5年以上。現在はコンサルタントとして、物販の稼ぎ方を教えることをメインに活動中です。

ちなみに副業時代に下記のような売上実績があります。

そういった経験にもとづき、本記事では「中国輸入の利益率」について解説します。

 

中国輸入の利益率はどれくらい?やり方ごとに解説

本記事では「中国輸入の利益率はどれくらい?」という疑問にお答えします。

 

そもそも「やり方」次第である

中国輸入とひとくちに言っても、その手法はさまざま。

当然、利益のつくり方によって利益率も変わってきます。

 

やり方ごとに利益率を提示

中国輸入の主な稼ぎ方には、下記のような種類があります。

  • 小売店からの仕入れ
  • メーカーや卸業者からの仕入れ
  • OEM

 

小売店からの仕入れの場合

中国のネットショップから商品を買って仕入れるやり方です。

この場合の利益率は、20〜25%ほど。

中国輸入は商品を安く仕入れられます。

しかし、輸入代行にかかる費用や関税を取られるので、利益率は上記ほどに落ち着きます。

 

メーカーや卸業者からの仕入れの場合

小売店より上流で商品を仕入れられるので、利益率は上がります。

この場合の利益率は、30%ほどが目安になるでしょう。

基本的に、メーカーや卸業者と契約して商品を卸してもらうことになります。

交渉次第では、より高い利益率を維持することもできるはず。

とはいえ営業力もいるので、難易度は高めです。

 

OEMの場合

製品の生産を外注して、自社ブランドの商品を販売する手法。

さらに上流のメーカーになるわけなので、利益率はさらにあがって40%くらいが目安になります。

 

OEMも中級者以上向けのやり方ですが、利益率は最大限に高められます。

実践してみたい方は、下記の記事を参考にどうぞ!

 

まとめ:中国輸入の利益率はひとまず「20%」をめざす

まとめます。

中国輸入の利益率はひとまず「20%」をめざしましょう。

 

利益率が高いのは、メーカー卸からの仕入れやOEMです。

しかし、実践の難易度が高いので、まずは小売店からの仕入れで利益率20%を目安に始めるのが賢明だと思います。

 

小売店からの仕入れで稼ぐ中国輸入のやり方は下記の記事で解説しています。

 

それでは、本記事は以上です。

 

 

 

【無料e-book】なぜ9割のせどり初心者は挫折してしまうのか?

僕が開始初月から7万円を稼いだせどりの手法をまとめました

・70円仕入れ →2,200円販売

・300円仕入れ →4,500円販売

そんな実例もある
高利益率の商品ジャンルを教えます。

この記事を書いている人 - WRITER -
長谷川ヒロヤ
e-book「なぜ9割のせどり初心者は挫折してしまうのか?」
無料で手に入れる
e-book「なぜ9割のせどり初心者は挫折してしまうのか?」
無料で手に入れる